情報知識学会論文賞創設のお知らせ

編集委員会委員長 安永尚志

情報知識学会に,待望の論文賞が新設されることになりました. 会員の皆様,奮ってご投稿下さい.

論文賞の創設

  1. 目的
    最近の目覚ましい情報技術の進展において, 我が情報知識学会の役割はますますその重要度を高めるものとなり,
    また社会全般からも大きな期待を寄せられてきています. 当学会が社会の要請に応え, 積極的な活動を行うことは極めて重要と考えられます.
    そのため,当学会誌に論文賞を創設し, 社会の負託に応える必要があると考えました.
    下記のように, このたび来年から実施する予定で準備を開始しました.
    論文賞を設けることにより, 情報知識学会の社会的評価の向上に資し, かつ当会誌のレベルアップをはかることに資すことが期待されます.
    さらに,会員の論文投稿のインセンティブにも寄与できると考えています.
  2. 論文賞授与の実施方法
    1年間を通じて,同一巻の会誌の中から選定した優秀な研究論文を 総会にて表彰するものとします.
    当面は論文賞とし,賞品, 賞金は出ませんが,表彰状を発行します. 総会においてその栄誉を讃えることとします.
    選定は編集委員会で行い,理事会で承認し,決定します.
  3. 2004年論文賞
    会員への周知,また準備の都合もあり, 2004年5月の総会を第1回の授賞式とします.
    ただし, 初回でもあり候補論文は2002年度(第12巻)発表論文を含め,
    2003年(第13巻)の研究論文から選定することとします.
  4. その他
    詳細は未定ですが,論文賞受賞論文については総会で論文の 解説を含め発表していただくか,
    あるいはその後の展開などを 含めて会誌に寄稿していただくことも考えています.

<論文賞案内200212> 2002/12/06 18:11

最終更新日: 2010-12-28 (火) 02:06:56

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS