関西部会研究会(第1回)報告

情報知識学会関西部会2005年度第1回研究会報告

日 時:
6月11日(土)14時半〜17時
会 場:
大阪市立浪速人権文化センター
テーマ:
トピックマップによる主題に基づいた資料整理
発表者:
内藤求氏(ナレッジ・シナジー)
共 催:
日本図書館研究会整理技術研究グループ
出 席:
21名
内 容:
利用者の持つ概念体系に合わせて情報を分類・整理する手法である「トピックマップ(Topic Maps)」の概要と実際について発表された。
1.はじめに
・情報洪水の中で必要な情報にアクセスするには、言語の意味を理解した処理や情報の体系化・組織化が必要である。主題に基づく分類方法としては、古くから階層的分類等いくつかの手法があるが、トピックマップは主題(トピック)と「関連」の集合を扱い、主題間の関係(関連)を自由に定義可能である等の特徴を持つ。
2.トピックマップの枠組み
・「トピック(topic)」「関連(association)」「出現(occurence)」の3要素から構成され、関連領域における主題、主題間の関係、及び情報リソースとの関係を表現する。として扱える。実世界の対象物について記述した情報リソース(Subject Indicator と呼ぶ)を用いて、実世界の対象物もトピック
・「トピック」は、主題(概念や実体等、すべてのものが主題になりうる)を記号として表現したものであり、コンピュータ上で主題をモデル化するものといえる。
・「出現」は、情報リソースとトピックとの間の関係を示すものであり、トピックに関連するリソース(ドキュメント等)に対するURI参照がその典型である。これを「外部出現」と呼ぶのに対して、トピックマップ中に格納し各種プロパティを表現する「内部出現」もある。
・「関連」はトピック間の関係を示すものであり、アプリケーション内で必要な型を自由に定義可能である。関連に含まれるトピックは一般的には2つであるが、 1つや3つ以上の場合もある。関連は双方向のもので、方向性は持たない代わりに双方のトピックに「役割(Role)」が設定される。
・トピックの名前(basename)・出現・関連は、有効範囲(scope)を持つことができ、ある範囲で特定の観点を表現させること等が可能である。
3.トピックマップの関連技術
・トピックマップ(ISOで標準化)とRDF(W3Cで標準化)は共に意味的に構造化されたデータを取り扱うもので、多くの共通点を持つが、相違点もある。 RDFが「主語・述語・目的語」という1種類の表明(assertion)であるのに対して、トピックマップはトピック・出現・関連という3種類の表明を持つ。
・ トピックを同定可能にする仕組みにPublished Subjects(公開された主題)がある。主題にURIを割り当てて、トピックマップ同士の併合(マージ)を容易にするものであり、コンピュータ内の情報リソースと実世界の対象物の両方に適用できる。誰でも公開可能であり、よいものが最終的に生き残るという分権的発想である。
・ ネットワーク上に存在するトピックマップへのアクセスやフラグメント交換を可能にするRemote Access Protocolの標準化が望まれるが、まだ標準化されていない。また、トピックマップの検索・更新言語も、Ontopia社のtologをベースとして作成途上にある。相互交換の仕組みができれば、主題に基づく知識・情報を統合・体系化するSeamless Knowledgeを目指す土台が整う。
・ トピックマップの標準化活動はISO/IEC JTC1 SC34 WG3で行われている。2000年に、ISO/IEC 13250として標準化され、その後JIS化もされている。現在は、その改定が進められている。
4.トピックマップの適用事例
・トピックマップの適用事例は、出版、アプリケーション開発、eラーニング、Webポータル、電子取引など多分野にわたっている。ノルウェー、オランダ等ヨーロッパ諸国で特に浸透している。
・ 発表者作成のトピックマップについて、視覚化表示、併合、検索等のデモンストレーションがあった。
5.おわりに
・ トピックマップは、情報実体とメタデータを分離して扱うため実体の変更なしに情報の組織化・体系化が可能なこと、Subject Indicatorにより主題の厳密な識別が可能なこと、直感的な馴染みやすさを持つこと、情報資源に対する多様な視点の設定や視点間のナビゲートが可能なこと、など多くのメリットがある。
最終更新日: 2011-01-19 (水) 18:39:42

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS