情報知識学会/第13回(2005年度)研究報告会プログラム

日時:2005年5月28日(土)

会場:国文学研究資料館

開催の挨拶   8:55 〜 9:00       情報知識学会会長 細野公男(慶応義塾大学)

セッション1   9:00 〜 10:20        座長 石塚英弘(筑波大学)

1. 文化科学研究分野における情報資源共有化について

  安永尚志(国文学研究資料館)

2. 「歴史人物画像データベース」構築奮闘記

 相田 満(国文学研究資料館)

3. 仏典画像閲覧のためのデータベースシステムの構築

○仁野洋平,田中猛彦,張 蓉,中川 優(和歌山大学),青木 進(国際仏教学大学院大学),

宇都宮啓吾(大谷女子大学),落合俊典(国際仏教学大学院大学)

4. 建築資料のデジタルアーカイブ化におけるオントロジーの構築とその役割

○研谷紀夫,藤原正仁,馬場 章(東京大学)

休憩 10:20 〜 10:30

セッション2  10:30 〜 11:50      座長 阪口哲男(筑波大学)

5. EADによる電子的検索手段のデータ記載形式 −いくつかのEAD最良実践ガイドラインから−

○五島敏芳(国文学研究資料館)

6. 高木八尺寄贈文庫のデジタルライブラリー構築におけるMETSの適用可能性

○宮内智代,石塚英弘(筑波大学)

7. 利用者要求分析に基づく資源共有システムの提案

○古川沙希子,松村 敦,宇陀則彦(筑波大学)

8. 意味を考慮したリンキングシステムの検討

○萬代浩子,松村 敦,宇陀則彦(筑波大学)

昼食     11:50 〜 13:00

論文賞表彰式および記念講演 13:00 〜 13:40    座長 安永尚志(国文学研究資料館)

セッション3  13:40 〜 14:40 座長 宇陀則彦(筑波大学)

9. 印刷物によるバリアフリー・コミュニケーションシステム第2報 −2次元シンボル・SPコード付きコンテンツの普及状況−

○深見拓史(廣済堂スピーチオ販売(株))

10. 言語に依存しない迷惑メール選別手法

○阪口哲男,于 家富(筑波大学)

11. 書評中の感性キーワードを用いた小説の分類

○原田隆史(慶應義塾大学)

休憩 14:40 〜 14:50

セッション4  14:50 〜 15:50   座長 原 正一郎(国文学研究資料館)

12. ゲノム医療の実現に向けて:ゲノム医療の論理と倫理を支えるべき知識情報システム

○清水哲男,立野玲子,佐々木晃,坂本隆子(東京大学),

景川明佳,塚本俊之(富士通アドバンスドソリューションズ),中谷 純(東京大学)

13. 臨床医学と基礎医学の橋渡し:e-pathfinderによる知識の統合・表現法に関する検討

○景川明佳(富士通アドバンスドソリューションズ),中谷 純(東京大学),

塚本俊之(富士通アドバンスドソリューションズ),佐々木晃,坂本隆子,立野玲子,

清水哲男(東京大学)

14. トランスレーショナルリサーチにおける診療プロトコル知識表現の提案

○佐々木晃,中谷 純(東京大学),景川明佳,塚本俊之(富士通アドバンスドソリューションズ),坂本隆子,立野玲子,清水哲男(東京大学)

セッション5  15:50 〜 16:50   座長 岡本由紀子(東京家政学院大学)

15. 消失や改変されたWebページの分析

○原田隆史,色川 進(慶應義塾大学),宮野俊英((株)リクルートスタッフィング)

16. 科学研究費データベースによる採択パターン分析

○西澤正己,根岸正光,柴山盛生,孫 媛(国立情報学研究所),野村浩康(東京電機大学),

   光田好孝,前田正史(東京大学)

17. 日本の論文の共著関係からみた産学連携の現状分析

○孫 媛,西澤正己,根岸正光(国立情報学研究所)

閉会の挨拶                 実行委員長 宇陀則彦(筑波大学)

総会     16:50 〜

最終更新日: 2011-01-19 (水) 07:51:01

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS