2008 年度第 3 回(通算 9 回)情報知識学会関西部会研究会
欧州における図書館・文書館・博物館連携の最新動向
―欧州デジタル・プロジェクトを中心に―

今回は、精力的に、欧米の図書館・文書館・博物館連携を調査研究しておられる菅野育子氏に、
これと関連して、欧州デジタル・プロジェクトを中心にご発表いただく。
興味深いご発表なので、ふるってご参加願いただきたい。

日 時:
2009年3月14日(土)14時30分〜17時
会 場:
大阪樟蔭女子大学新館3階第4会議室
近鉄奈良線河内小阪駅(準急停車駅)下車、徒歩3-4分
議 題:
欧州における図書館・文書館・博物館連携の最新動向:欧州デジタル・プロジェクトを中心に
発表者:
菅野育子氏(愛知淑徳大学)
共 催:
アート・ドキュメンテーション学会関西地区部会、日本図書館研究会情報組織化研究グループ
後 援:
情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会
会 費:
主催団体・後援団体会員 200円、その他 400円
問合先:
田窪直規
〒577-8502 東大阪市小若江3-4-1 近畿大学21号館725号室
TEL:06-6721-2332(内5503)
E-mail:takubo@msa.kindai.ac.jp
概 要:
発表者の菅野氏は、欧米における図書館・文書館・博物館連携の動向を精力的に調査されている。今回は、2月(発表月の前月)に行われる欧州調査に基づき、EU、フランス、英国における最新の3セクター連携の動向について、欧州デジタル・プロジェクトを中心に、情報組織化面にもふれつつご発表いただく。
その他:
*事前申込み不要です。
*研究会終了後、発表者を囲んでの懇親会を予定しておりますので、こちらにもご参加下さい。
最終更新日: 2011-01-19 (水) 18:11:43

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS