情報知識学会・第28回(2020年度)年次大会 (研究報告会・総会) 報告

本年度の年次大会は新型コロナウイルスの影響のため5月23日(土)と24日(日) の2日間、オンラインにて開催されました。総会と論文賞記念講演に加え、研究 発表が2日間に渡り開催されました。

研究発表は、一般セッション・学生セッション合計で21件が行われ、例年同様 に多様な分野からの学際的な報告会となりました。またZoomの記録によると合計 約90名の方にご参加いただき、オンライン上でも活発な議論が交わされました。

大会2日目の24日に論文賞選考委員会より、田中 るみ子氏、中山伸一氏による 「文章からの化学物質名を含む単語の認識法の確立と化学物質名の選択法の検討 −特許公開公報を用いて」(2019年29巻3号)が論文賞を受賞したことが報告され、 受賞者による記念講演が行われました。

また同日(24日)には学生セッションを開催いたしました。大会の終了後に学生 奨励賞審査委員会にて審査を行った結果、石川一稀さんと根本さくらさん(公立 はこだて未来大学)を第7回学生奨励賞に選出いたしました。

緊急事態宣言は部分的に解除されてはおりますが、非常に困難な状況が未だに 続いている中で、長塚会長を初め学会役員の先生方、実行委員会の先生方、ご 発表いただいた皆様、ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

例年にない形式ではございましたが、結果として非常に多くの方々に年次大会 にご参加いただくことができました。情報技術を活用した研究発表の可能性に ついて実践的に理解を深める機会となったのではないかと考えております。

来年度までには感染も終息し、安全な環境の中で年次大会が無事に実施できる ことを祈っております。皆様も、ぜひ来年度も奮ってご発表、ご参加ください ますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

○情報知識学会年次大会 http://www.jsik.jp/?kenkyu

        第28回年次大会実行委員長 村井 源(はこだて未来大学)

最終更新日: 2020-05-25 (月) 14:13:23

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS