情報知識学会誌 目次 (Vol. 24)

Vol. 24 No. 1 (Feb. 2014)

巻頭言大雪被害に触発されて情報知識学と情報知識学会を考える石塚 英弘1
研究論文テキスト解析手法を用いた河川文化概念の構造化川島 隆徳, 高田 知紀, 桑子 敏雄, 村井 源, 徃住 彰文3
部会報告平成25年度第1回科学技術データベース懇談会開催報告山下 雄一郎, 馬場 哲也19
メール・マガジン・アーカイブ情報知識学会メール・マガジン (2012年10月号〜2013年12月号)21
お知らせ特集「サイエンスデータとマッシュアップ技術」の論文公募村田 健史89
情報知識学会第22回 (2014年度) 年次大会 発表論文募集について90
第11回 (2014) 論文賞推薦開始のお知らせ92
事務局より94

Vol. 24 No. 2 (May. 2014)

プログラム97
FRBRに基づく件名・分類管理システムの試作:教科書分類を例として田辺 浩介, 江草 由佳, 高久 雅夫99
異なる学校種の情報系学科でのプログラミング教育宮本 行庸, 児玉 慎悟106
大学ポートレートデータに基づく教育活動指標の探索孫 媛, 登藤 直弥, 井上 俊哉112
専門知のための科学データ融合表示ツール村田 健史, 鵜川 健太郎, 村永 和哉, 鈴木 豊, 渡邉 英伸, 是津 耕司, 北本 朝展, 篠原 育, 笠原 禎也, 能勢 正仁, 岡田 雅樹, 小嶋 浩嗣, 山本 和憲118
プロセス改善知識の形式化への取り組み乘松 聡, 遠藤 潔, 臼杵 誠, 丹羽 愛一郎, 片山 栄和, 橋本 智博125
発送支援のための作図システムの構築村川 猛彦, 牧野 茂一133
壁全面ホワイトボードの使用方法の類型化岡田 大輔139
相補性モデルの一形態 -黄金数を解とする方程式が意味するもの-安平 哲太郎147
環境の厳しい変化に柔軟に適応する能力をいかにして発展させるか福永 征夫158
損失と協力行動に関する一考察:成果報酬条件におけるカタストロフゲームによる実験的アプローチ後藤 晶164
言語横断エンティティリンキングのための語義曖昧性解消古川 竜也, 相良 毅, 相澤 彰子172
分散処理用タスクスケジューラPwrakeを用いた月周辺電界波形のデータからのバイポーラ型波形の抽出アルゴリズムの開発矢木 大介, 村田 健史, 笠原 禎也, 後藤 由貴178
防災・減災に関するWeb上の記事を対象とした分類の試み硲石 浩文, 村川 猛彦184
図書館の探検的学習を目的とした文献探索ゲームの評価堀 智彰, 木下 奏, 小林 映里奈, 村尾 真由子, 渡邉 明子, 兼松 泰文, 辻 慶太, 宇陀 則彦189
ご当地キャラクターの活用とライセンシング平山 陽子, 時実 象一197
ComeJisyoの紹介と医療情報に含まれる誤字調査相良 かおる204
自治体広報紙オープンデータ実証実験に見るオープンデータ推進における技術上の課題本田 正美210
学術研究のメディア報道における定量的調査研究 -プレスリリースと2つの異なる全国紙の比較-西澤 正己, 孫 媛216
LDAを用いた学術用語の対訳選択手法相良 毅, 古川 竜也, 相澤 彰子224
雑誌『太陽』における言論の中心的概念とその関係性 -近代書き言葉の計量分析-河瀬 彰宏, 小木曽 智信230
東日本大震災後の文化財救出活動記録の計量的分析村井 源, 森井 順之, 二神 葉子, 皿井 舞, 菊池 理予, 江村 知子, 今石 みぎわ, 久保田 裕道, 山梨 絵美子, 田良島 哲, 岡田 健238
マイクロブログメッセージからのグランブル抽出中渡瀬 秀一, 大山 敬三246
お知らせ事務局より250

Vol. 24 No. 3 (Oct. 2014)

特集 「サイエンスデータとマッシュアップ技術」巻頭言サイエンスデータとマッシュアップ技術村田 健史253
事例報告DIASにおけるデータ公開と課題絹谷 弘子, 清水 敏之, 吉川 正俊, 喜連川 優, 小池 俊雄254
NICTサイエンスクラウド運用および利活用報告村田 健史, 渡邉 英伸, 鵜川 健太郎, 村永 和哉, 鈴木 豊, 山本 和憲, 木村 映善275
研究速報NICTサイエンスクラウドセキュアWebアプリケーション開発協力手法渡邉 英伸, 上野 宣, 村田 健史291
研究論文世界科学データシステム(WDS)のための学際的科学データ表示Webの提案村田 健史, 鵜川 健太郎, 村永 和哉, 鈴木 豊, 渡邉 英伸, 是津 耕司, 山本 和憲, 篠原 育, 笠原 禎也, 岡田 雅樹, 小嶋 浩嗣, 能勢 正仁, 木村 映善, 建部 修見, 田中 昌宏297
一般投稿論文研究論文疎結合構成によるFRBRモデルに基づく書誌情報システム田辺 浩介, 常川 真央, 高久 雅生, 江草 由佳321
表記と送り仮名の使用パターンを用いた日本語文章の著者判別真栄城 哲也, 上保 秀夫, 中山 伸一, 早倉 舞342
エラータ365
お知らせ事務局より366

Vol. 24 No. 4 (Dec. 2014)

特集 第19回情報知識学会フォーラム「教育とデータ:創造される知識とその利活用」教育とデータ:創造される知識とその利活用孫 媛369
大学評価・質保証の新たな課題と組織的な情報分析林 隆之370
科学性に基づく人的資源管理を進めるために −管理職研修の効果検証を例として−今城 志保381
エビデンスに基づいた大学教育の再構築にむけて −ジェネリックスキルを含めた学修成果の多元的評価−成田 秀夫393
教育成果の測定のあり方をどのように考えるか:『大学生基礎力調査』のデータ実例で見る教育改善の方法山下 仁司404
過去の学習履歴データを利用したeポートフォリオ・システム植野 真臣414
デジタル技術は高等教育のマス化問題を救えるか? −MOOCs, 教育のビッグデータ, 教学IRの模索船守 美穂424
お知らせ平成26年度総会議事録437
事務局より450
最終更新日: 2017-05-24 (水) 10:48:27

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS