専門用語研究バックナンバー

情報知識学会・専門用語研究部会の前身である「専門用語研究会」が発行した「専門用語研究」全バックナンバー(No.1-19)の目次をご紹介します。すべての号を在庫(一部コピー)しております。入手ご希望の方は、専門用語研究部会事務局までご注文ください。1号500円です。  なお、本サイトでは全バックナンバーをPDF形式によって閲覧のみ可能になっております。(但し大塚先生の追悼号のみは印刷可能です。)ご了承のうえご利用下さい。

このサイトの PDF 文書を読むには をクリックして Acrobat Reader をインストールしてください

目次

fileNo.1 1990-08 (PDF形式 2.2MB)

巻頭言「専門用語研究」発刊にあたって大塚明郎巻頭言
シンポジウム特別講演 民族服飾と専門用語大丸弘1
シンポジウム講演 日本工業規格における用語規格東秀彦5
シンポジウム講演 辞書編纂と専門用語倉島節尚10
寄稿 日本の医学用語についてのおぼえ書き大島智夫18
提言 専門用語について一われわれが扱う範囲大塚明郎22
提言 専門用語研究会の将来構想試案長山泰介23
提言 専門用語研究会の役割細野公男25

fileNo.2 1991-01 (PDF形式 4.3MB)

シンポジウム特別講演 ターミノロジーに関する国際的・地域的協力C.Galinski1
シンポジウム 専門用語としての日本語司会香川靖雄
講師 鈴木孝夫・山田尚勇
12
資料:JIS用語規格の動き55

fileNo.3 1991-05 (PDF形式 2.8MB)

シンポジウム日本語教育・外国語教育における専門用語
専門用語の性格玉村文郎1
大学の理工系日本語教育山崎信寿7
技術研修生の日本語教育水野マリ子14
理工系のための英語教育中村幸雄20
機械翻訳と専門用語下田宏一27
専門用語を抜き出す試み石井正彦32

fileNo.4 1992-04 (PDF形式 3.9MB)

シンポジウム:外来語か訳語か?司会 香川靖雄1
講師 花田岳美・青戸邦夫・牧野正久
パソコンを利用したターミノロジー・ファイル/その有用性と限界佐々木由香32
第3回Infotermシンポジウム:主題別のターミノロジー活動45
資料:学術用語審査基準(平成4年1月10日改正)49
資料:JIS用語規格制定の動き53

fileNo.5 1993-07 (PDF形式 3.1MB)

第6回専門用語シンポジウム記録:専門用語の生態学
会長 あいさつ大塚明郎1
シンポジウム:専門用語の生態学2
講演1 専門用語辞典の体系的構成法長尾真3
資料:専門用語辞典作成法試論10
講演2 用語の造語メカニズム日高達20
講演3 専門用語の命名における諸問題森岡健二26
パネルディスカッション司会 横井俊夫33
パネリスト 長尾真・日高達・森岡健二

fileNo.6 1994-02 (PDF形式 3.1MB)

小特集 専門用語集の作り方(1)
「小特集専門用語集の作り方(1)」にあたり編集委員会1
専門用語集の理想柴田武2
用語集の作成にあたり検討すべき諸項目の現状中山亮一6
テレビジョン技術用語制定の経緯中村欽雄11
医薬品名辞書ファイルの構築と利用大関恵子19
TKE'93ターミノロジーと知識工学会議'93藤原譲・門條司・平井歩実・仲本秀四郎25
国内刊行専門用語辞典リスト(1992)編集委員会30
JIS用語制定の動き太田泰弘41
書評「日本語学一特集:語彙分類・意味分類」光富健一44
新刊雑誌紹介「TERMINOLOGY」影浦峡46

fileNo.7 1994-06 (PDF形式 1.7MB)

第7回専門用語シンポジウム記録:専門用語の作られ方
講演1 専門用語の語構成宮島達夫1
講演2 医薬品の一般名の作られ方竹中祐典6
講演3 翻訳用用語集の作成と管理松下巖13
パネルディスカッション司会 横井俊夫18
パネリスト 宮島達夫・竹中祐典・松下巌

fileNo.8 1994-10 (PDF形式 1.8MB)

小特集専門用語集の作り方(2) 事例報告
「小特集専門用語集の作り方(2)」にあたり編集委員会1
建築学用語辞典の編集守谷秀夫2
生体工学用語のJIS香川靖雄7
医学用語辞典の編集開原成允14
投稿規定21
大会案内・編集後記22

fileNo.8 サプリメント1994-10 (PDF形式 1.1MB)

大塚明郎会長を偲ぶ
大塚明郎氏略年譜1
追悼録3
大塚明郎先生と学術用語の制定・普及青戸邦夫4
大器大塚会長を偲ぶ川島勝6
大塚先生とローマ字表記太田泰弘7
0WAKARE NO KOTOBASibata Takesi8
大塚先生を偲んで田中康仁11
ポラニーとの出逢い仲本秀四郎13
大塚先生を悼む長山泰介14

fileNo.9 1995-03 (PDF形式 2.4MB)

会長をお受けして柴田 武1
第8回専門用語シンポジウム記録:ターミノロジーを再検討する
電子図書館における専門用語の課題三日市紀子・石川徹也3
言語研究からみた専門用語の課題石井正彦11
知識情報からみた専門用語の課題藤原譲18
パネルディスカッション司会 横井俊夫22
パネリスト 石川徹也・石井正彦・藤原譲・井上如
国内刊行専門用語辞典リスト(1993-1994)編集委員会24
JIS用語制定の動き編集委員会38
投稿規定

fileNo.10 1996-01 (PDF形式 2.8MB)

座談会学術用語集作成の問題点 青戸邦夫氏を囲んで(1)1
FID東京大会から カテゴリー2(lnformation Science of Classification and Terminology)を中心に
発表論文の紹介11
EDR電子化辞書と情報科学横井俊夫12
用語データベース設計の基本方針佐々木由香 ゲオルグ・J.アンカー17
抄録による紹介29
専門用語研究会アンケート集計結果32
投稿規定36
専門用語研究会のご案内37
編集後記・投稿規定38

fileNo.11 1996-03 (PDF形式 3.4MB)

座談会学術用語集作成の問題点 青戸邦夫氏を囲んで(2)1
第9回専門用語シンポジウム記録:国際関係とターミノロジーとしての和製英語柴田 武11
専門用語の中国語と日本語の比較周 艶華15
国際開発とターミノロジー 一「国際開発」データベースプロジェクト中間報告一佐々木由香20
食品名の用語化、規格化、国際化太田泰弘31
国内刊行専門用語辞典リスト(1995)41
JIS用語制定の動き199547

編集後記・投稿規定||48|

fileNo.12 1996-10 (PDF形式 2.8MB)

特集:私の見たターミノロジー
特集にあたって編集委員会表紙2
ターミノロジーとは何か藤川正信1
理想的な学問としてのターミノロジー竹中祐典9
生命科学の用語における情報科学の導入香川靖雄10
エスペラントとテルミノロジーヤマサキ セイコー12
仏教美術のターミノロジー森口 稔13
ターミノロジー:素人から一言ウルリッヒ・ワッテンベルク15
ターミノロジーの考え方は医学用語ではどうか?伊藤隆太17
私の見たターミノロジー竹森利清18
専門用語の誕生牧野正久20
情報学基礎から見た専門用語藤原  譲22
ターミノロジー考中村欽男23
私の見たターミノロジー一なんとおっしゃる兎さん竹内 寿24
「学術用語集化学編」についての雑感畑 一夫25
地震学の二つの基本的用語をめぐって宇津徳治27
私の見たターミノロジー高橋 裕29
専門用語辞典編纂における私の見たターミノロジー三位信夫31
電気工学専門用語としてのターミノロジー正田英介32
「文部省学術用語集気象学編(増補版)」作成作業の経験から田宮兵衛34
Terminologyに関しての再認識一TKE'96およびWSに参加して石川徹也36
投稿規定・研究会案内・編集後記38

fileNo.13 1997-03 (PDF形式 3.5MB)

第10回専門用語シンポジウム:脳と用語から
能動的視覚処理の神経回路モデル福島邦彦1
知識獲得とオントロジー構築西田豊明10
用語間の意味関係の自己組織化藤原  譲16
情報流通と分類法の役割およびその体系石川徹也21
「分類語彙表」の構築中野 洋27
TKE'96にいたる最近のターミノロジー研究仲本秀四郎35
スイス連邦官房ターミノロジー課訪問記春山暁美46
JIS用語制定の動き199648
投稿規定50

fileNo.14 1997-08 (PDF形式 2.2MB)

特集:ローマ字問題を考える
日本におけるローマ字の現状柴田 武1
ローマ字の正書法ヤマサキセイコー6
ローマ字による学術用語の書き表し方青戸邦夫10
ローマ字問題を考える井口昌平17
ローマ字間題について竹森利清24
「特集:ローマ字問題を考える」への後書き太田泰弘26
編集後記・投稿規定27

fileNo.15 1998-03 (PDF形式 3.4MB)

第11回専門用語シンポジウム:知識の自己組織化と専門用語から

「専門用語研究」としての「専門用語」研究影浦 峡1
データ共有と発掘の新展開西尾章治郎8
テキストからの情報・知識の獲得と自然言語処理辻井潤一14
JICSTシソーラスの改訂永井賢吉20
印象語の地図一マルチメディア情報の感性検索一加藤俊一25
ISO/TC37におけるターミノロジーの原理山本 昭29
地図学用語辞典(増補改訂版)発刊の経緯:
一地図用語専門部会の発足から現在まで一坂戸直輝32
国内刊行専門用語辞典リスト(1997)37
国内刊行用語辞典リスト電子版45
JIS用語制定の動き199747
投稿規定・編集後記50

fileNo.16 1998-08 (PDF形式 1.9MB)

「学術用語集計測工学編」の改訂と増補山崎弘郎1
「学術用語集図書館情報学編」改訂の経緯上田修一7
「学術用語集言語学編」紹介宮島達夫13
文法用語と語学教育(フランス語を中心に)青木三郎15
中国全国自然科学名詞審査決定委員会の紹介李  青・行武かおり18
国内刊行専門用語辞典リスト(1998前半)20
「専門用語研究」投稿規定25
編集後記26

fileNo.17 1999-02 (PDF形式 3.4MB)

文字シンポジウムから
文字概説矢島文夫1
日本語表記石井久雄7
漢字の構造を考える一コンピュータの入力・検索の視点から一松岡栄志15
脳と文字杉下守弘22
漢字コードについて宮澤 彰25
専門用語集の編集と活用
一用語集超活用ソフトHT3(エイチテイーリー)の利用効果一貝島良太31
外字の作成事例:「広辞苑」を中心に上野真志38
国内刊行専門用語辞典リスト(1998後半)42
JIS用語規格制定の動き199848
編集後記52

fileNo.18 1999-09 (PDF形式 1.3MB)

二つの工夫+α−「岩波理化学辞典第5版』の和文索引堺 信幸1
シリーズ特集:分野別専門用語集/渊餞朿山本昭・落合佐和子3
シリーズ特集:Terminology素朴な疑問一概念に関するxつの疑問一
ヽ惱冤儻貊犬詫儻貊犬?四ノ宮明夫9
1概念に1用語?中山亮一10
M儻譴呂覆写昌豬舛个辰りなのか?中山亮一11
国内刊行用語辞典リスト(1999前半)12
「専門用語研究』バックナンバー紹介17
1999年度専門用語研究会シンポジウムご案内22
投稿規定24
編集後記25

fileNo.19 2000-02 (PDF形式 4.7MB)

「第12回専門用語研究会シンポジウム:東アジアにおける専門用語研究の新しい動向」から

概念間の全体一部分関係に関する一考察細野公男1
The Study of Terminology from Application to Theory−Contributions of Automatic Term Recognition−
(専門用語研究の応用から理論へ−自動専門用語抽出の貢献−)
Kyo Kageura6
The Development and Future Project o fthe East Asia Forum on TerminologyJIAO Yunqi13
Medical Terminology in the Compilation of Encyclopedia全 如緘*118
国際医薬用語MedDRA手塚 再27
韓国における専門用語の歴史と現状宋 永彬29
Mechanisms of Knowledge Organization Based on The Representation of Relationships among TermsYuzuru Fujiwara41
Terminology Infrastructures in Support of the Terminology Market in EuropeChristian Galinski48
シリーズ特集:Terminology素朴な疑問一「概念」に関するxつの疑問
た泙筌▲ぅ灰鵑詫儻?中山亮一58
ツ蟲舛浪椎?中山亮一59
JIS用語規格制定の動き199960
国内刊行用語辞典リスト(1999後半)65

[注意]*1 全 如緘さんの「緘」の糸ヘンは「王」ヘンです。

  ページの先頭へ

最終更新日: 2011-01-24 (月) 02:49:29

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS