情報知識学会誌, Vol. 1

情報知識学会誌, 1990, 1(1), 3-10

情報知識学試論
A Review on Science Information and Knowledge
藤原 譲
筑波大学電子情報工学系

 データ、知識、情報に関する理論や性質に関する学問としての情報知識学について、その生い立ちの背景、とくに情報の資源化および活用の観点から現状、理論体系、問題点、展望を述べる。

Science of information and knowledge deals with properties and theories concerning data, knowledge and information. This paper describes the back grounds of the discipline, the state of the art, theories and principles, issues as well as future perspectives.

情報知識学会誌, 1990, 1(1), 25-39

構造解析法によるデーヴァナーガリー文字自動認識
Automatic Devanagari Character Recognition Using Structure Analysis
クリシュナマチャリ・ジャヤンティ†, 鈴木 昭浩††, 金井 浩†††, 秋山 庸子†††, 川添 良幸‡, 木村 正行†, 城戸 健一††, 塚本 啓祥‡‡
†Faculty of Engineering, Tohoku University
††Research Center for Applied Information Sciences, Tohoku Universitiy
†††Education Center for Information Processing, Tohoku University
‡Institute for Materials Research, Tohoku University
‡‡Faculty of Arts and Letters, Tohoku University

 本論文ではサンスクリット語および現代インドで使われているヒンズー語等の表記文字であるデヴァナーガリー文字を対象とした、構造解析法による新しい自動認識法を提案する。各文字の特徴をもとに、二進木を用いたトップダウン制御の高速な認識系を設計した。あわせて、デヴァナーガリー文字の特徴を保存した細線化アルゴリズムも開発した。サンスクリット語で書かれ法華経校訂本から切り出された67字種に対する認識実験を行い、95%以上の認識率が得られた。

情報知識学会誌, 1990, 1(1), 40-53

日本語―英語対照「源氏物語」のテキスト・データベースの作成に関する基礎的研究
Project to Develop Machine-Readable Texts of English and Japanese Version of "The Tale of Genji"
長瀬 真理
東京女子大学情報処理センター

 本論文は、この程の2年がかりで完成した紫式部著の「源氏物語」の日本語版(漢字仮名まじり文)と英語訳(E.G.サイデンステッカー訳"Tale of Genji")の対照テキスト・データベース・プロジェクトの成果報告である。東京大学大型計算機センターでの公開と、オックスフォード大学電算機センターでの供託サービスを目前に控え、入力を始めとする、具体的な方法論や制作過程を説明するとともに、出来上がったテキスト・データベースの利用や研究動向を紹介する。同時にコピーライトやサービス体制等、テキスト・データベース作成のかかえる様々な問題点を検討する。

The two year project to develop machine readable texts of Japanese Version of "The Tale of Genji" written by MURASAKI SHIKIBU and its English Version translated by E. G. Seidensticker has been recently completed. As the texts were edited to an international common standard (compatible with Oxford Concordance Program) which will be applied to the mainframes of the Computer Center of Tokyo University and Oxford University Computing Service. In this paper, architecture and method of constructing machine readable texts and whole process of this project are fully described. At the same time, service systems, copyrights and other relating problems are discussed.

情報知識学会誌, 1990, 1(1), 54-65

わが国における海外データベース・サービスの現状調査
An Investigation on the Present State of Foreign Database Services to Japan
梁瀬 三千代
慶応大学三田情報センター

 現在、データベースのサービス形態は、オンラインをはじめ、フロッピー・ディスク、CD-ROM、CD-機CD-后ICカードなど様々になっているが、オンラインで利用可能なデータベースは依然として圧倒的に多い。本論文では日本で提供されている海外の商用オンライン・データベースについて、ここ2〜3年の動きを捉えた。データベース目録の調査、編集に関与した著者の経験を踏まえて、(1)海外データベース・サービスの動向、(2)対象分野と情報源、(3)データ収録期間と更新頻度、(4)サービス・システムと代理店の関係、(5)利用料金、の5方面から調査分析を行い、わが国における海外データベース・サービスの現状と、今後の動向を明らかにした。

Although databases are serviced in various forms such as online, floppy disks, CD ROMs, CD-Is, CD-Vs, IC cards, etc., the majority of databases are available through online services. The paper describes the latest developments in commercially available online services fo? foreign databases in Japan, with some considerations on the problems for Japanese users. Based on the author's experience of compiling a database directory, an investigation is made from the five viewpoints: (1) the recent trend of foreign database services in Japan, (2) subject areas and information sources, (3) the time coverage and updating, (4) service systems and the functions of Japanese agents, and (5) use charges.

情報知識学会誌, 1990, 1(1), 66-74

経営管理を支援する対象駆動型シミュレーションの構成法
An A study on an Event-driven Simulation Method for Business Administration
桂 英史†, 奥野 嘉展††
†学術情報センター研究開発部 , ††慶応義塾大学経営観理学研究科修士課程

 情報システムを用いて経営管理支援にアプローチするための方法論について、実装した試験システムの構成を通して議論する。

 本論ではまず、モデル一般に関する考察を通して、オフィスシステムにおけるタスク環境を明確にし、それをコンピュータシミュレーションの動作環境として位置づける。また、オフィスにおけるさまざまなイベント(事象)やインタラクション(相互作用)からなる組織体をコンピュータシミュレーションの動作環境として捉え、シミュレーションの実現に必要となる分析の方法論としてAction Researchを導入する。

 続いて、オブジェクト指向概念に基づくコンピュータシミュレーション(ビジネスゲーム)の試験システムについて述べる。Action Researchというシステム分析を経営管理に資するためのひとつの方法論として本試験システムの構成法を位置付ける。また、その構成方法の背景と諸問題に関しても経営管理の枠組みを重視しながら議論する。

An event-driven simulation method based on an object oriented paradigm which assists business admininstration is described. In this paper, office action is characterized as the collection of events and interactions. It is a primary study that an event-driven simulation method shows the capabilities of ofRce action analysis and indicates extensions which are needed to meet the conceptual analysis methodology such as "Action Research".

Our prototype system design for an event-driven simulation based on object oriented concepts is outlined, with focus on the object definie lions and their behaviours. An conceptus1 flamework for business administration using informstion systems is also discussed. This approach to ofRce action analysis will arise providing a patential for increasing in applications such as business game which assists business administration.

情報知識学会誌, 1990, 1(1), 75-91

材料データシステムの統合化(1)プロトタイプの設計とデータ型の拡張
Integration of Materials Data System (1); Prototype System Design and Extension of Data Types'''
芦野 俊宏†, 岩田 修一††
†新日本製鐵第一技術研究所 , ††東京大学工学部原子力研究科

 その所在が分散し使用目的も多岐にわたった材料データベースシステムを計算機ネットワークを用いて統合利用・運用するための方法論を提示することを目的として、サーバ/クライアント・モデルによるシステム設計を行ない、データ型の拡張、メタデータ管理、ユーザインターフェイスについての用件定義を行ない、プロトタイプシステムの開発を行なった。

 材料データは、対象とする素材、特性、使用目的、付加価値によってさまざまな表現、活用方法が考えられるが、異なったデータベース管理システム(DBMS)をユーザが意識せずに扱える機能、材料データという複雑な構造をもった情報を扱うために特化された機能、データの所在や性質をまとめたメタデータの扱いなどに関する統合化を研究目標に設定した。このため、コミュニケーションサーバ(CS)、メタデータサーバ(MS)、データベースサーバ(DS)と呼ばれる3種類のサーバプロセスとクライアントプログラムとから成るシステムの基本設計を行なった。また拡張データ型の実現を目標として、材料の実験データに特徴的な範囲を持った数値、誤差、電子顕微鏡写真などの画像データ、実験式・理論式、数値シミュレーションコード等の手続きなどを関係型モデルの枠内で統一的に扱うための手法を開発した。

To deal with sophisticated information, a system MDGEN(Materials Data System with Graphical user interface, Extended data types and Networking) is developed to integrate distributed data systems by a client-sever model in a LAN environment. Security, differences of access methods and differences of representation are managed by communication server, database server and metadata server respectively. Exconsion of data types to deal with semantics more effectively, namely, maximum, minimum, errors, images is achieved.

最終更新日: 2011-02-10 (木) 11:31:20

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS