情報知識学会誌, Vol. 15, No. 1

情報知識学会誌, 2005, 15(1), 1-11

グラフ構造に基づく同値関係自動抽出手法の改善
Improvements on Automatic Extraction of Equivalent Relationships Based Graph Structures
森本 貴之, 藤原 譲
Takayuki MORIMOTO and Yuzuru FUJIWARA

 近年,情報や知識を適切に利用するために情報の内容に関する,より高度な処理機能が要求され始めている.このような要求に対して,我々は以前より専門用語間の意味関係に基づく概念構造の生成とその利用に関する研究を行ってきている.現在,概念構造の生成および生成した概念構造を利用する情報検索システムのプロトタイプを構築している.本論文では,意味関係の一つである同値関係の自動抽出法であるC-TRAN法における抽出精度の向上に関する検討を行う.

In recent years, advanced utilization of contents of information are required to use information and knowledge resources sufficiently. In order to satisfy such requirement, we made a generating system of conceptual structures based on semantic relationships among technical terms and an information retrieval system using them. This paper reports improvements on an automatic extraction of equivalent relationships which called C-TRAN.

情報知識学会誌, 2005, 15(1), 12-22

XMLとJavaを用いた材料特性評価システム
Evaluation System for Material Properties Using XML and Java
辻上 哲也,堀川 武, 門馬 義雄, 吉岡 和樹
Tetsuya TSUJIKAMI, Takeshi HORIKAWA, Yoshio MONMA and Kazuki YOSHIOKA

 近年,国内外に分散する各種材料データベースを共通財産として,インターネット環境で共有,相互利用できる技術基盤の確立が望まれている.しかし,現状の材料データベースは共有フォーマットが存在しないために,二次的利用は困難であった.そこで,共通フォーマットとしてXMLが注目され,DTDによる材料データベースの共通フォーマット化が進められている.そこで本研究では,インターネット上にあるXMLベースの材料データベースを活用する材料特性評価システムの開発を目的とした.開発したシステムでは,S−N曲線や応用カースキーマ曲線などの評価結果が表示できる.Java言語とJavaサーブレット,XSLT,RELAXスキーマを用いた材料特性評価システムは,インターネットを利用したXMLによる材料データベースを共有化するにあたって非常に有用なシステムであると言え,有益な資産になり得るものと考える.

 It is very important to evaluate the characteristics of materials in order to use them effectually. However, the usual database systems can't be used easily in a uniform manner,because the developed systems don't have a common format and haven't opened to the public.Therefore, in this study, the computer software which can search material data accumulated by XML document and evaluate the characteristics of materials through the Internet has been developed using the Java language.The Java is a very useful programming language which is possible to develop the application for handling the data through the Internet.The retrieval system has been developed using Servlet and XSLT. The evaluation tool is possible to express some graphs(S−Ncurve,Stress−Strain curve,etc.)and some parameters of the equation can be determined. The developed open system is very useful for the engineering design.

最終更新日: 2011-02-21 (月) 13:20:10

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS