情報知識学会誌, Vol. 17, No. 4

情報知識学会誌, 2007, 17(4), 207-215

蘇る古墳壁画の世界:装飾古墳のデジタルコンテンツ化
Revival of ancient mural paintings : digital contents of decorated tombs
朽津 信明
Nobuaki KUCHITSU
東京文化財研究所
National Research Institute for Cultural Properties

古墳の内部に描かれた壁画は、保存のためには公開は行わない方が好ましいが、公開できなければその価値が理解されないという矛盾を抱える。その矛盾に対する一つの回答として、CG技術を用いたヴァーチャルリアリティによる壁画の公開が考えられる。本稿では、その実例を紹介していく。

It is better to close mural paintings in burial tombs for their conservation. On the other hand, the value of the mural paintings can be realized only through their opening to public. Virtual reality techniques using computer graphics can contribute to solve that contradiction, i.e. "conservation or opening to public." In this paper, some examples of digital contents of decorated tombs will be introduced.

情報知識学会誌, 2007, 17(4), 217-224

アーカイブズ情報の電子化・保存と共有化の動向
A movement of digitizing, archiving and sharing archival information in Japan
五島 敏芳
Haruyoshi GOTOH
国文学研究資料館
National Institute of Japanese Literature

小稿は,日本におけるアーカイブズ(文書館,永久保存記録)の情報の動向を,電子化・保存,共有化の視点から概観する.先行研究の成果に拠りながら,1)データの電子化が不均衡なこと,2)その電子化の多くが長期保存を考慮していないこと,3)利用者へ分かりやすい内容を伝えようとする努力がみられること,4)文書館相互の情報共有において資料目録の情報共有が意識されないこと,を指摘する.他方で新しい動きも見られる.国文学研究資料館史料館の実験からはじまった電子的検索手段(資料目録,索引,検索システム等)のデファクト国際規格EAD,Encoded Archival Description(符号化永久保存記録記述)の利用や,それらEADデータをつないで共有する日本のアーカイブズの世界でのオンライン総合目録の構想についても紹介する.

This article surveys the trend or a movement of archival information in Japan from the viewpoint of digitizing, archiving and sharing. Referring to earlier studies, it points out the following trends: 1)unbalanced digitizing, 2)little consideration for long term data preservation, 3)effort toward explaining easiness to understand for archives users, 4)almost no consciousness of information sharing for archival finding aids. On the other hand, there is a new movement. This article also introduces the following: challenging application of EAD to Japanese archival finding aids, idea of online union catalog of archives in Japan, etc.

情報知識学会誌, 2007, 17(4), 225-234

戦前期教科書の電子化・保存とその応用
Digitalization, Preservation and Application of Pre-war Textbook
江草 由佳
Yuka EGUSA
国立教育政策研究所 教育研究情報センター
Educational Resources Research Center, National Institute for Educational Policy Research

日本の教科書のうち,特に現行の検定教科書以前に使用された戦前教科書の電子化と応用の現状を述べ,ケーススタディとして国立教育政策研究所教育研究情報センター教育図書館が所蔵する戦前教科書の電子化,保存とその応用について述べる.

This paper reports digitalization and utilization of Japanese old textbook which was used before current Japanese textbook, "Sengo-Kentei-Kyokasho", has been used. As a case study, Library of Education's services for the old textbook collection are reported.

情報知識学会誌, 2007, 17(4), 235-242

古典籍からの情報発掘:再生としての生命誌、ネットワーク
Excavation from old books : Biohistory as regeneration, Network
矢野 環
Tamaki YANO
同志社大学 文化情報学部
Faculty of Culture and Information Science, Doshisha Univ.

一群の古典籍が含む情報を適切にデータ化することにより、その系統判別などを科学的に説明することができる。必ずしも文字情報のみではなく、図像情報もまた数理的分析の対象となる。ここでは、三十六歌仙絵、池坊専応口伝、茄子茶入の数理的取り扱いを紹介する。

If we get appropriate data from a group of old books, we can scientifically explain the systematics of it. For mathematical treatment, we use not only character based data, but also graphical data. Here we will explain the case of "Painted scroll of thirty six famous poets", "Ikenobo Sennoh's book on flower arrangement" and "Tea caddys of egg plant type".

情報知識学会誌, 2007, 17(4), 243-250

文化財情報の発掘と再生:「モノ」と「テキスト」のはざまで
Quarry and Rebirth of Cultural Assets Information
田良島 哲
Satoshi Tarashima
独立行政法人文化財機構:東京国立博物館
Tokyo National Museum:National Institute for Cultural Heritage

長い歴史をくぐりぬけてきた文化財は,歴史的に重要な情報を豊富に含んでいるが,それを活用するためには,そもそも文化財が持つ歴史的な意味への自覚と,調査の積み重ねによる情報の蓄積が不可欠である.調査の視角は時代的な制約や学問分野による偏りが避けられないため,調査の歴史自体,文化財情報の再発掘の長い過程と言える.この報告では古文書のようなテキストをともなう文化財を素材として,その伝統的な調査プロセスや事例を紹介しながら,過去からの文化財情報の蓄積についてより幅広い社会的共有を実現するために必要な課題を指摘する.

For gathering and making rebirth of rich information from historical cultural assets, it is required to repeat long range investigations into them. This report introduces some examples of "quarries" from Japanese cultural assets, mainly manuscripts, and points out what kind of information have been scooped and overlooked through the history of investigations.

最終更新日: 2011-02-21 (月) 13:52:57

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS