情報知識学会誌, Vol. 18, No. 3

情報知識学会誌, 2008, 18(3), 219

会長就任にあたって
根岸 正光
Masamitsu NEGISHI
情報知識学会

 

情報知識学会誌, 2008, 18(3), 220-239

災害対応情報の共有化を考慮したXMLスキーマの設計
Design of XML schemata for sharing disaster response information
†・‡‡浅野 俊幸, ††下羅 弘樹, †††外間 正浩, ‡天見 正和, †佐土原 聡
Toshiyuki Asano, Hiroki Shimora, Masahiro Sotoma, Masakazu Amami, Satoru Sadohara
†横浜国立大学大学院環境情報学府, ††独立行政法人産業技術総合研究所, †††NTT環境エネルギー研究所, ‡株式会社ドーコン, ‡‡:独立行政法人海洋研究開発機構横浜研究所
Graduate School of Environment and Information Science, Yokohama National University:Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology Yokohama Institute for Earth Sciences, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology, NTT Energy and Environment Systems Laboratories, Docon Co., Graduate School of Environment and Information Science, Yokohama National University

災害時には,あらゆる災害対応情報がやり取りされている.しかし,災害対応実施機関は各種情報システムを整備しているが,他機関との情報共有を考慮したデータ構造になっていないために円滑な情報共有が行なわれていない.本研究では,災害対応の一例として水害に焦点を当て,水害対応に関する業務と情報を分析し,情報項目の体系化を試みた.さらに,XMLを用い,他機関と災害対応情報を共有することを目的としたデータ構造(XMLスキーマ)の設計方針・手法を提案し,スキーマを構築した.提案スキーマは,共通情報をまとめた基本スキーマと個別情報をまとめた応用スキーマで構築されているところが特徴である.また,水害対応経験がある新潟県見附市で行なった実証実験で使用し検証された.実証実験は,2004年新潟福島豪雨災害の事象を踏まえたシナリオに合わせ,参加7機関・協力11機関の参加のもと13種類のXMLスキーマに沿ったデータを複数の情報システムとネットワーク越しに情報共有を試みた.XMLスキーマの評価は,見附市職員へのアンケート調査で災害対応業務の実効性の側面から回答してもらい,情報共有が円滑に出来ており有用であるとの評価を頂いた.また,XMLスキーマを実際に情報システムで扱った参加機関の担当者に対してもアンケート調査し,課題はあるものの,必要な情報を共有できたとの評価を頂いた.

All types of disaster response information are exchanged when a disaster occurs. However, the organizations which carry out disaster response have developed a variety of information systems, and their data structures do not take into account sharing with other organizations. As a result, information sharing is not being done smoothly. In this research, we focused on flood damage as an example of disaster response, and attempted to organize information items by analyzing tasks and information relating to flood damage response. Furthermore, data structures (XML schemata) were designed and proposed with the aim of sharing disaster response information with other organizations using XML. The proposed XML schemata were verified through use in a demonstration experiment conducted in Mitsuke City, Niigata Prefecture--a region with experience in flood response. In the demonstration experiment, an attempt was made to share information across multiple information systems and networks. The data complied with 13 types of XML schemata, and was shared through the participation of 7 participating organizations, and 11 cooperating organizations, in accordance with a scenario based on the events of the Niigata-Fukushima Torrential Rain Disaster of 2004. Mitsuke City employees were asked, in a questionnaire survey, to evaluate the XML schemata in terms of effectiveness in disaster response work. They determined that information sharing could be done smoothly, and that the system was useful. A questionnaire survey was also administered to supervisors at the participating organizations, who actually handled the XML schemata in their information systems. Although there were some issues in the environment of the demonstration experiment, their assessment was that it was possible to share the necessary information.

情報知識学会誌, 2008, 18(3), 240-248

プレプリントへの長期署名付与および検証システムの構築
Development of the long term signature application and validation environment to preprint documents
†山地 一禎, †片岡 俊幸, ††行木 孝夫, †††曽根原 登
Kazutsuna YAMAJI, Toshiyuki KATAOKA, Takao NAMIKI, Noboru SONEHARA
†国立情報学研究所学術ネットワーク研究開発センター, ††北海道大学大学院理学研究院数学部門, †††国立情報学研究所情報社会相関研究系
R & D Center for Academic Networks, National Institute of Informatics, Department of Mathematics, Hokkaido University, Information and Society Research Division, National Institute of Informatics

数学や物理学などの分野では,プレプリントの公開により研究成果の先取権が確保される.現在では,印刷物の出版と共に,電子ファイルをインターネット上で公開する方式が主流となっている.今後,電子ファイルのみの公開となった場合,プレプリントの存在と非改ざん性が担保される内容証明が重要になる.本研究では,ボーンディジタル時代におけるこうした問題に対して,電子署名とタイムスタンプから構成される長期署名を適用し,プレプリントをよりセキュアに流通できる学術コンテンツの内容証明システムを開発した.また,長期署名付きコンテンツを入手したユーザが手軽に内容検証をできるように,長期署名検証サーバの構築を行った.

In many academic fields, exchange of preprints plays an important role to establish the priority of new research ideas and results. Distribution of preprints by electronic file via the Internet has become a primary method in addition to paper publication. Electronic preprints should be certified in terms of existence proof and tamper resistant, especially in the paperless era. We developed a secure preprint service environment by that uses an electronic signature and timestamp technique.

情報知識学会誌, 2008, 18(3), 249-259

イノベーションへ向けたグローバル情報コモンズの構築:現状の課題と将来の可能性
Establishing Global Information Commons for Innovation : Current Challenges and Future Possibilities
鎗目 雅
Masaru YARIME
東京大学 大学院新領域創成科学研究科
Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo

科学技術研究におけるデータ・情報集約度が急激に上昇している中で、大量に蓄積された多様な情報・データを様々な背景・役割を持つ専門家や関係者間のネットワークを通じた共有を可能とする、公共財的な知的基盤としての知識・情報コモンズを構築し、オープンなアクセスを保証することで共創的に活用していくことが必要とされている。日本と米国の専門家による国際ワークショップを通じて、従来の分野の枠組みを超えた学融合的な観点からの新たな学術的アプローチの意義付け、および方法論を模索すると同時に、公共的・長期的観点から、知識・情報コモンズを維持・管理・活用し、地球レベルでの持続可能な社会へ向けたイノベーションを創出していくためのインセンティブを考慮した制度設計を議論した。一方で、様々な分野において、科学技術データ・情報の生産・流通・利用に関する技術的、経済的、法律・制度的な課題が顕在化しつつあることが明らかとなった。

Since scientific and technological progress is developing rapidly and the sources of knowledge and information are widely distributed, no single organization has all the necessary resources to stay on top of all areas of research and innovation. Global information commons can play a critical role in integrating and utilizing various sources of scientific and technical information. Easy and open access to large and diverse contents of data and information will promote collaboration for innovation linking the seeds of science and technology and economic and social needs. Leading experts from Japan, the United States, and other countries discussed current challenges and future possibilities regard to global information commons in science and technology. With in-depth understanding of technical, economic, legal, and institutional conditions in the creation, distribution, management and preservation of data and information in different fields, it will be possible to utilize global information commons for enhancing innovation for global sustainability. The incentive structures of relevant actors and collaboration mechanisms among university, industry, and the public sector are among the aspects identified to be significant. Institutional design is emphasized for legal aspects of intellectual property rights and international standards and ethical issues of the digital divide and protection of privacy.

情報知識学会誌, 2008, 18(3), 260-279

アトムデータによる国民経済計算の推計
Estimation for the System of National Accounts using "Atomdata"
高島 史郎
Shiroh TAKASHIMA
シュヴァリエ代表:内閣府経済社会総合研究所国民経済計算部
Chevalier:Department of National Accounts, Economic and Social Research Institute, Cabinet Office, Government of Japan

国民経済計算(SNA)は,多数の統計調査(一次統計)を基に作成する加工統計(二次統計)である.それゆえにSNAの推計精度と公表時期は,一次統計の精度と公表時期によるところが多い.しかし,極めて分散的環境にある我が国の統計行政においては,一次統計の設計や調査時期がSNAに準拠していない.本稿では,SNAの精度向上と早期公表を実現するための「アトムデータ」を用いたSNAの推計方式を考察する.

The System of National Accounts (SNA) is processed statistics, created from various primary statistics. Therefore, quality and quickness of SNA depends on the quality and publication dates of these statistics. Designs and publication dates of primary statistics are incompatible with SNA's specification, because, governmental administration for the statistics is in a very dispersed environment. The author proposes an estimation method for SNA that uses "atomdata" for improving its quality and timeliness.

情報知識学会誌, 2008, 18(3), 280-285

ガスハイドレートの国際データベース構築プロジェクトについて
CODATA Hydrate task group : the construction of the international gas-hydrate database
内田 努
Tsutomu UCHIDA
北海道大学
Hokkaido University

2001年より,CODATAのTask groupとして,ガスハイドレートに関する国際データベースの構築プロジェクトが行なわれている.このプロジェクトは,日本でも現在非在来型天然ガス資源のひとつとして注目を集めているガスハイドレートに関して,世界中に散在するデータベースをひとつのポータル上でリンクさせ,仮想的な国際データベースを構築するものである.本稿では,これまでのTask groupの活動を紹介し,国際データベースのスキームをまとめた.同時に,国内のガスハイドレート研究者を中心に行ったアンケート調査の結果をまとめ,データベース構築に対する意識について報告する.この報告をもとに,現在の日本国内におけるガスハイドレート研究の現状を紹介するとともに,データベース構築に対する問題点を考察した.

This report summarized the activities of the Gas Hydrate Task Group in CODATA, and introduced the scheme of the portal site for the international gas-hydrate database. Also, it reported the results of the questionnaire which had been done for the gas hydrate researchers in Japan. The responses for the questionnaire showed the present situations of the gas hydrate researches in Japan and the including problems for the database constructions.

最終更新日: 2011-02-17 (木) 15:49:29

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS