#title(本会について)

* 情報知識学会について [#j4cc2ed7]

[[入会案内はこちら>nyukai]] (&ref(MenuBar/nyukai.pdf,,PDF);)
[[入会案内はこちら>nyukai]] (&ref(nyukai/nyukai.pdf,,PDF);)

-[[定款>teikan]]
-[[活動>katsudo]]
-[[役員選出規定>senshutsu]]
-[[役員>yakuin]]
-[[選挙管理委員会>senkyokanri]]
-[[賛助会員>kaiin]]
-[[事務局所在地>access]]
-[[ニュース>FrontPage]]
-[[メールマガジン>mailmagazine]]

** 情報知識学会とは [#y8317ddd]

日本学術会議の情報関係の3研究連絡委員会を中心に、データ・情報・知識・文献などを対象とする~
体系的な「情報学」、「情報知識学」の振興の必要性が強く認識され、1988 年 4 月、~
「情報知識学会」が設立された。情報知識学会は日本学術会議協力学術研究団体である。

データ・情報・知識は、あらゆる分野の活動の基礎をなすものであることから、本学会の研究活動は、~
自然科学的領域にとどまらず、広く人文・社会科学など、あらゆる学問領域を包含すると同時に、~
各専門領域に限らず、専門領域間での学際的な問題への取り組みをめざす。 

** 本学会の役割 [#r2d41720]

 情報知識学の振興を目的とする本学会は、データ、情報、知識、資料、文献、文書等に関する諸問題、~
たとえば次のようなテーマに関する会員の研究、発表、意見交換などを支援することをめざす。

- [''基礎理論'']&br;情報や知識の本質、構造、蓄積、分類、検索、モデル、組織化、情報倫理などに関する研究
- [''処理'']&br;資料、文書の収集・整理・利用、データ・情報・知識の加工・変換・分析・評価・管理・保存などに関する研究
- [''表現'']&br;言語・記号、ターミノロジー、オントロジー、メディアなどに関する研究
- [''流通'']&br;標準化、規格、情報関連の権利・法律・制度・政策(例:知的財産権)、情報へのアクセス、情報リテラシー、情報教育などに関する研究
- [''応用'']&br;情報、資料、文書の管理、データベース、知識ベース、インターネット環境下での情報受発信、&br;ビジネスモデル、電子図書館、電子出版、各分野での情報応用(例:生物医学情報、社会経済情報)などに関する研究 

** 主な事業 [#x12870b4]

- 論文誌「情報知識学会誌」およびその他の出版物の刊行
- 研究発表会・シンポジウム等の開催
- 部会、研究会、懇話会等の活動
- メールマガジン等による会員への情報提供
- 社会への提言 

** 特典 [#vbdfd500]

- 論文誌への投稿
- 研究発表会への参加・発表
- 情報知識学会誌の無料配布
- 学会刊行物の会員価格による購入
- 研究部会への参加
- 研究会・懇話会への参加
- シンポジウムへの参加
- 本学会に関連するその他の活動への参加
- 研究等に関するアドバイス

** 年会費 [#kaihi]
#include(kaihi,notitle)

*** 年会費の振込口座 [#l7d4b526]
#include(furikomisaki,notitle)

*** 年会費の振込について [#z20881ab]

本会の会計年度は4月1日から翌年3月末までです。年会費の振込手数料は本人負担ですが、郵便局への振込は例年4月上旬に本学会から送付される振込用紙(赤色)を使えば無料です。請求書や領収書が必要な方は、[[事務局>contactus]]へお知らせください。

ご自身が納入した年月日の確認方法は、本学会から学会誌等の郵送を受けた際の封筒の宛名ラベルをご覧ください。[ ] 内に4年間の納入日が印字されているので確認できます。納入年(西暦の下2桁)、月(2桁)、日(2桁)です。金融機関へ振り込まれてから事務局へ通知が届き、宛名ラベルに印字、発送するまで10日ほどかかりますので、ご了承ください。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS