* 情報知識学会・人文社会科学系部会 [#mbb97092]

歴史学研究にPC利用の普及を図るという目的から、1989年に本部会がつくられた。~
以来、「[[歴史研究と電算機利用ワークショップ>rekishiworkshop]]」が約20回にわたり開催され、今日に至っている。

''【2012-03-15】情報知識学会 人文・社会科学系部会 研究会 のご案内''

人文・社会科学研究部会では以下のとおり、研究会を開催します。

会員・非会員を問わずご参加いただけます。

''■日時'':2012年3月15日(木) 18:30―20:00

''■会場'':情報知識学会事務所(凸版印刷本社トッパンビル内: 千代田区神田和泉町1)

    http://www.jsik.jp/?access

    ※道路北側のトッパンビル玄関を入ってすぐ左手の半地下のスペースです。

''■報告''

''*古典籍へのアクセスに関する一考察''

 ○太田あす香、白井哲哉、松村敦、宇陀則彦(筑波大学)

''*出版物における外字・異体字を容易に利活用できる字形共有基盤実証実験''

 ○秋元良仁(凸版印刷株式会社 総合研究所)

※ご参加希望・お問い合わせは、部会担当:田良島まで、

ご氏名/ご所属を s.tarashima48(at)gmail.com あて
お知らせください。(アットマークの置換をお願いします)。

:==================================================================================

:研究会(掲示 2007. 4. 12)|日時:2007年4月21日(土)15:00〜17:00(14:30受付開始)
:|会場: 東京国立博物館 平成館小講堂(台東区上野公園13-9。博物館「西門」から入館してください)[[交通と地図:http://www.tnm.jp/jp/guide/index.html]]
:|プログラム
::|15:00 主催者あいさつ 
::|15:05-15:45 「博物館・美術館におけるデジタル画像に対する意識について~
―館種、規模、デジタル化達成率の違いによる意識の差―」~奥本素子(総合研究大学院大学 文化科学研究科)
::|15:45-16:25 「人文系博物館の目録情報の現状―都道府県博物館への調査結果より―」~
北岡タマ子(お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科)
::|報告終了後、自由討議 
:|参加方法: どなたでもご参加いただけます。

[[歴史研究と電算機利用ワークショップ>rekishiworkshop]]

連絡先: 田良島 哲<stara&ref(jinbun/atmark.gif,nolink,around);tnm.jp>

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS