#title(メールマガジン113号)
* メールマガジン113号 [#zf07f628]

#pre{{

◇◆☆ 情報知識学会 メ−ルマガジン ☆◆◇  2017.5.31 ☆ No.113
======================================================================
5月号 C O N T E N T S (目次)
======================================================================

◇◆ 第25回(2017年度)年次大会報告 ◆◇
◇◆ 平成29年度総会議事録 ◆◇
◇◆ 平成29年度第2回理事会議事概要(速報版) ◆◇
◇◆ 平成29年度第14回情報知識学会論文賞の選定、表彰及び記念講演 ◆◇
◇◆ 第6回永年会員表彰式の報告 ◆◇
◇◆ 学会誌編集委員会からのお知らせ ◆◇
◇◆ 事務局からのお知らせ ◆◇
◇◆ 後援行事のお知らせ ◆◇
・2017年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会
・第27回TP&Dフォーラム2017(整理技術・情報管理等研究集会)
◇◆ 関連行事等のお知らせ ◆◇
・2017年度大川賞・大川出版賞(第26回)候補ご推薦のお願い
・「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2017年度第3回公募
・JST CREST 3プロジェクト合同シンポジウム

======================================================================
┌──────────────────────────────────
◇◆ 第25回(2017年度) 年次大会報告 ◆◇
└──────────────────────────────────

本年度の年次大会は5月27日(土)と28日(日)の2日間、同志社大学今出川キ
ャンパスにて開催され、盛況のうちに無事終了しました。
総会、論文賞記念講演などのほか、一般セッション・ポスターセッション・学生
セッション合わせてのべ16件の研究発表が行われ、54名の参加者がありました。
全体を通じて、活発な討議や議論とともに、良い交流の機会となったかと存じま
す。
会長はじめ役員の先生方、開催に協力いただいた会員の皆さま、参加いただいた
皆さまに改めて御礼申し上げます。
のちほど、写真入りの詳細な開催報告を、学会Webサイト上にて公開する予定です。
来年度も活気ある大会になるよう、皆さま、ぜひ奮ってご発表、ご参加ください。

○情報知識学会年次大会 http://www.jsik.jp/?kenkyu

第25回年次大会実行委員長 宮本 行庸(神戸情報大学院大学)

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ 平成29年度総会議事録 ◇◆
└──────────────────────────────────
・開催日 :平成29年5月27日(土) 15:10〜15:40
・会 場 :同志社大学今出川キャンパス(京都市上京区今出川通烏丸東入)
・議 長 :長塚会長
・議 事 :
1.総会有効成立確認:事務局 [資料1]
出席者18名、委任状57通、計75名。
依って定足数(正会員の10分の1)を満たし、総会成立
2.平成28年度事業報告:原田副会長 [資料2]
3.平成28年度決算報告:原田副会長 [資料3]
4.平成28年度監査結果報告:細野監事 [資料4]
5.平成29年度事業計画説明:芦野副会長 [資料5]
6.平成28年度予算案説明:芦野副会長 [資料6]
7.その他報告
2017年度論文賞は会員投票の結果、以下の2論文に決定
・林賢紀・瀬尾崇一郎・阪口哲男(敬称略)論文
・柴田大輔・芳鐘冬樹 (敬称略)論文
2017年度永年会員表彰対象者8名。28日15:05から表彰式[資料7]
上記の報告および事業計画・予算案はいずれも原案通り承認された。
(資料1〜7は情報知識学会誌27巻3号に掲載予定)
                                                 文責 長塚 隆

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ 平成29年度第2回理事会議事概要(速報版)◇◆
└──────────────────────────────────

日時:2019年5月28日(日)11:40−12:40
場所:同志社大学今出川キャンパス(京都市上京区今出川通烏丸東入)
出席者(敬称略):長塚、原田、芦野、石塚、江草、田良島、高久、阪口、原、
村川、宮本、山地
委任状提出者:岩田、岡本、小川、根岸、梶川、宇陀、大槻、長田、孫、
高橋、田窪、中川、村井、
監事:細野、山本(細野監事に委任)
・議事:
1.新理事の紹介
2.2017年度の理事・監事ならびに副会長・常務理事会の体制
理事・監事ならびに副会長・常務理事会の体制について報告があった。
(2016-2017年度役員一覧)各役員の一覧は以下の頁をご覧下さい:
http://www.jsik.jp/?yakuin
3.第22回情報知識学フォーラム
2017年12月に開催を予定し、山地理事に実行委員長を担当して頂き、内容・
準備について意見交換がなされた。
4.その他
*30周年記念事業:2018年度に30周年を迎えるので、昨年度から準備を
始めた記念事業について意見を交換した。
*30周年記念26回(2018)年次大会:2018年5月26日(土)−27日(日)
に開催することが報告された。
*30周年記念特別号の発行をすることで、準備を進めることが報告された。
*30周年記念情報知識学フォーラムについて、検討を進めることになった。
                     
                                           以上、文責 長塚隆


**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ 平成29年度第14回情報知識学会論文賞の選定、表彰及び記念講演 ◇◆
└──────────────────────────────────

情報知識学会論文賞は、毎年度過去2年間に情報知識学会誌に公表された論文
を対象に、選考委員会による候補から会員による投票を経て選定しています。
今回は選考手続きの結果、以下の2論文が論文賞に決定しました。
[ 賢紀, 瀬尾 崇一郎, 阪口 哲男
「複合的な情報資源のLinked Open Data化における構造分析とスキーマ定義手法」
情報知識学会誌 Vol. 26-1
⊆禿 大輔, 芳鐘 冬樹
「学術文献における引用分類の観点」
情報知識学会誌 Vol. 26-3
大会2日目の5月28日(日)午後から、表彰式が行われ、長塚会長から、当日
ご出席の林氏、阪口氏、柴田氏に表彰状が授与されました。その後、林氏、
柴田氏による記念講演が開催されました。
                                                 文責 田良島哲

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ 第6回永年会員表彰式の報告 ◇◆
└──────────────────────────────────

第6回の永年会員表彰式が年次大会の2日目、5月28日(日)に予定どおり実施さ
れました。
今年の対象者は会員期間10年以上の会員8名で、その氏名は27日(土)の総会で
発表されたとおりです。
表彰式では、出席者に永年会員表彰状が手渡され、山地一禎理事、林賢紀論文
賞受賞者から本学会の活動に積極的に貢献して行きたいとのご挨拶を頂きまし
た。誠にありがとうございます。
ご欠席の方々には後日表彰状を学会事務局より郵送にてお届けいたします。
永年会員の方々の本学会への長年のご支援に御礼申し上げますとともに今後と
も本学会をご支援くださいますよう何卒宜しくお願いいたします。

                                                    文責 長塚 隆
 

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ 学会誌編集委員会からのお知らせ ◆◇
└──────────────────────────────────

学会誌編集委員会より、

学会誌第27巻第1号がJ-Stageにて公開されております。第2号は年次大会特集
特号として5月27日に発行予定です。

                                              編集委員長 芦野俊宏

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ 事務局からのお知らせ ◆◇
└──────────────────────────────────

◆学会誌送付先、会員種別、メールアドレスの変更について
年度が変わり、ご栄転、ご卒業、ご就職などで会員種別、学会誌送付先、メール
アドレス等の変更手続きがお済でないかたはご連絡ください。
変更の情報を事務局(宛先:office@jsik.jp)まで、メールでお知らせください。
新・旧の情報を並べてお書きいただけますようお願い申し上げます。

◆個人会員の皆様:平成29年度年会費納入の御礼とお願い
29年度の年会費を次々と納入していただき誠にありがとうございます。
未だの方は宜しくお願いいたします。
年会費は、正会員は8千円、学生会員・ユース会員・シニア会員は4千円です。

振込先
  郵便振替口座 00150-8-706543 情報知識学会
ゆうちょ銀行 〇一九店(ゼロイチキュウ店) 当座 0706543 情報知識学会
また、ご所属の大学、研究機関などの研究費でお支払いただく場合は、学会か
らの請求書が必要になると思いますので、その旨、情報知識学会事務局にメー
ル(宛先:office@jsik.jp)などでご連絡ください。
宜しくお願いいたします。

会費の納入年月の確認方法
お手元に届いた郵便物の封筒の宛名ラベルには、ご自分の年会費の納入日が年
度毎に西暦下2桁、月(2桁)、日(2桁)の6桁の数字で印字されています。
会費未納年度には〔未納〕と表示されております。
お振り込みの後、事務局に通知が届き、宛名ラベルに印字、発送するまで10日
ほどかかりますので、ご了承ください。

情報知識学会事務局
〒164-0003 東京都中野区東中野4-27-37 螢▲疋好蝓柴
FAX:050-3730-8956 E-Mail:office@jsik.jp URL:http://www.jsik.jp/

**********************************************************************

☆★…………………………………………………………………………………☆★
◇◆ 後援行事のお知らせ ◆◇
☆★…………………………………………………………………………………☆★
┌──────────────────────────────────
◇◆ 2017年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会 ◆◇
└──────────────────────────────────

◆ シンポジウム「大学の姿を描く資料の在り方──評価・活用と組織連携」
および研究発表会・総会のご案内 ◆
・日時:2017年6月10日(土)、11日(日)
・会場:東京工業大学 大岡山キャンパス 博物館・百年記念館
会場へのアクセス http://www.titech.ac.jp/maps/index.html
・主催:アート・ドキュメンテーション学会、東京工業大学博物館
・参加費(資料代込):会員・賛助会員1,000円、学生会員500円
非会員・団体購読会員2,000円、学生1,000円
※参加申込みフォーム:https://goo.gl/GQyFDL   (定員100名)
※本大会は会員・非会員を問わずどなたでも参加可能。
  (スタディーツアーは会員のみ)

◆ 大会プログラム ◆
【第1日】シンポジウムおよび野上紘子記念アート・ドキュメンテーション
学会賞・推進賞授賞式
・日時:2017年6月10日(土)13:00〜 (12:30〜受付)
・会場:東京工業大学博物館・百年記念館3階 フェライト記念会議室

プログラム(予定)
□シンポジウム「大学の姿を描く資料の在り方──評価・活用と組織連携」
13:00〜13:10 開会挨拶
前田富士男(アート・ドキュメンテーション学会 会長)
13:10〜13:20 シンポジウム趣旨説明
阿児雄之(東京工業大学博物館 特任講師)
13:20〜13:45 講演1「公文書室設立の経緯と歴史的資料の保存・情報化・解題」
広瀬茂久(東京工業大学博物館 特命教授・資史料館長)
13:45〜14:10 講演2「本学名誉教授の建築アーカイブズの現状と建築学教育に
おけるその活用」
山鯛介(東京工業大学環境・社会理工学院 准教授)
(休憩15分)
14:25〜14:50 講演3「我が国における大学アーカイブズの充実と大学史研究」
岡田大士(中央大学法学部 准教授)
14:50〜15:40 質疑応答+ショートディスカッション
15:40〜15:45 閉会挨拶
研谷紀夫(アート・ドキュメンテーション学会 幹事長)
15:45〜16:15□野上紘子記念アート・ドキュメンテーション学会賞・推進賞授賞

(休憩15分)
□スタディツアー(20名×3グループ)、博物館見学(ツアー参加者外)
16:30〜17:50
・ツアーA:東京工業大学百年記念館
・ツアーB:東京工業大学資史料館・公文書室(4月25日追記:定員に達しました)
・ツアーC:大岡山キャンパス内の建築作品群
□懇親会
18:00〜20:00 会場:東京工業大学百年記念館
懇親会費:5,000円程度(詳細な金額については後日連絡)

【第2日】公募研究会および学会総会
・日時:2017年6月11日(日)10:00〜 (9:30〜受付)
・会場:東京工業大学博物館・百年記念館3階 フェライト記念会議室

プログラム(予定)
□公募研究会
10:00〜10:30 発表1「アート・コミュニケーションを支援する情報システム
の研究」
丸川雄三(国立民族学博物館先端人類科学研究部)
10:30〜11:00 発表2「写真原板情報の構造化
──日本写真保存センターの実践から」
中川裕美(公益社団法人日本写真家協会日本写真保存センター)
11:00〜11:30 発表3「建築写真のスペクタクル性とその記述
──小川一眞撮影の明治期建築写真を題材として」
研谷紀夫(関西大学総合情報学部)
(休憩10分)
11:40〜12:10 発表4「中学校美術科における鑑賞対象の分類に関する研究」
畔田暁子(筑波大学大学院図書館情報メディア研究科)
12:10〜12:40 発表5「建築記録における素材と技法の語彙統制に関する一考察」
加藤雅久(居住技術研究所)
14:00〜 学会総会

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ 第27回TP&Dフォーラム2017(整理技術・情報管理等研究集会) ◆◇
└──────────────────────────────────

◆日 時:2017年8月26日(土)13時〜27日(日)12時
◆会 場:大阪コロナホテル(http://osakacoronahotel.co.jp/)
◆宿 泊:大阪コロナホテル(会場と同じ)

●発表者:高橋 安澄氏(株式会社図書館流通センター)
演 題:「TRC MARCの構築:現状と新NCRに向けて」
司会者:藤倉 恵一氏(文京大学)
●発表者:田代 篤史氏(国立国会図書館)
演 題:『「日本目録規則2018年版」(仮称)の適用の意義と課題』
司会者:田窪 直規氏(近畿大学)
●発表者:吉本 龍司氏(株式会社カーリル)
演 題:「図書館書誌の継続的クラスタリングの実践」
司会者:兼宗 進氏(大阪電気通信大学)

◆参加費:20,000円/人(宿泊・懇親会・論集代等を含む)
*学割、部分参加設定あり。詳しくはお問い合わせください。
◆定 員:40名
◆申込〆切:8月5日(土)(但し、定員になり次第、締め切ります。)
◆申込先:問合せ先:TP&Dフォーラム2017実行委員会
事務局:堀池 博巳(大阪芸術大学非常勤講師)
(氏名、性別、勤務先、連絡先住所、電話、e-mailを明記のうえ、
実行委員会事務局(tpdforum@gmail.com)までe-mailでお申込み下さい。)
◆TP&DフォーラムWWWサイト:http://tpd.eplang.jp/

主催:TP&Dフォーラム2017実行委員会(委員長:堀池 博巳)
共催:私立大学図書館協会東地区部会研究部分類研究分科会
後援:日本図書館研究会、情報科学技術協会、情報知識学会
日本図書館協会(依頼中)、日本図書館情報学会(依頼中)

**********************************************************************

☆★…………………………………………………………………………………☆★
◇◆ 関連行事等のお知らせ ◆◇
☆★…………………………………………………………………………………☆★
┌──────────────────────────────────
◇◆ 2017年度大川賞・大川出版賞(第26回)候補ご推薦のお願い ◆◇
└──────────────────────────────────

公益財団法人大川情報通信基金より「2017年度大川賞・大川出版賞(第26回)
候補ご推薦のお願い」の書面が届きましたので、ご案内致します。受賞にふさ
わしいと思われる候補がございましたら、大川情報通信基金事務局宛てにご推
薦ください。詳細につきましては、以下のホームページをご覧ください。
http://www.okawa-foundation.or.jp/
【大川賞】
○受賞者の範囲:情報・通信分野における研究、技術開発および事業に
おいて、顕著な社会的貢献のあった方
○締切:2017年6月30日(金)
○償金:1,000万円
【大川出版賞】
○対象図書:情報・通信分野に関して技術の発展および社会的啓蒙に貢献の
あった優れた図書で、2014年1月1日以降に発刊されたもの
○締切:2017年6月30日(金)
○償金:100万円

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2017年度第3回募集 ◆◇
└──────────────────────────────────

NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトラ
イアルへの参加研究者を募集しています。
公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館、大阪ではNHK大阪放送局
の専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。

○第3回閲覧期間   2017年9月〜11月 (1組 20日間まで利用可)
○募集対象者 大学または公的研究所に所属する研究者、大学院生
○募集期間   2017年4月〜6月 (30日締切)
○募集研究数 NHK放送博物館 6件、大阪放送局 3件
応募要項等詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/archives/academic/

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ JST CREST 3プロジェクト合同シンポジウム ◆◇
└──────────────────────────────────

JST CREST 3プロジェクト合同シンポジウム
「人と人工知能のより良い未来〜個人,集団,社会のためのAI〜」
http://crowd4u.org/img/crest-cyborgcrowd/symposium20170602.pdf

日時:2017年6月2日(金) 10時〜16時50分
場所:筑波大学 筑波キャンパス 情報メディアユニオンホール
http://www.tsukuba.ac.jp/access/map_kasuga.html

主催:筑波大学 人工知能科学センター
後援:科学技術振興機構(予定)、
筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター

JST CREST 3プロジェクト:
★プロジェクト1:
自己情報コントロール機構を持つプライバシ保護データ収集・
解析基盤の構築と個別化医療・ゲノム疫学への展開(*)
http://crest.mdl.cs.tsukuba.ac.jp
主な研究機関:筑波大学,東京大学,名古屋工業大学,三重大学
代表:佐久間 淳(筑波大学)
★プロジェクト2:
CyborgCrowd:柔軟でスケーラブルな人と機械の知力集約(**)
http://crowd4u.org/projects/crest-cyborgcrowd
主たる研究機関:筑波大学,静岡大学,京都大学
代表:森嶋 厚行(筑波大学)
★プロジェクト3:
ソーシャル・イメージング:創造的活動促進と社会性形成支援(**)
http://social-imaging.org/crest/
主たる研究機関:筑波大学,慶応義塾大学
代表:鈴木 健嗣(筑波大学)
(*) JST CREST ビッグデータ統合利活用のための次世代基盤技術の
創出・体系化 (研究総括:喜連川優)
(**) JST CREST人間と調和した創造的協働を実現する知的情報処理
システムの構築 (研究総括:萩田紀博)
================= プログラム  ==================
 9:30〜 受付開始
10:00〜10:10  挨拶 櫻井 鉄也(筑波大学人工知能研究センター長)
10:10〜11:10  招待講演「Thoughts on Fairness and Transparency in
                       Crowdsourcing」Dr. Sihem Amer-Yahia
11:10〜11:35 「個人のためのAI:個別化医療とプライバシー保護」
                        佐久間 淳 (プロジェクト1 代表)
11:35〜12:00 「集団のためのAI:CyborgCrowdにおけるクラウド
                        ソーシングとAIの融合」
                        森嶋 厚行 (プロジェクト2 代表)
12:00〜12:25  「社会のためのAI:人々の社会的行動を明らかにする
                       ソーシャル・イメージング技術」
                        鈴木 健嗣(プロジェクト3 代表)
12:25〜14:00  昼休み
14:00〜15:00  招待講演「AIとプライバシー・個人情報保護に関する
                       法的論点」  石井夏生利(筑波大学)
15:00〜16:00  休憩&ポスター&デモ
16:00〜16:40  パネル:人々とAIの良い関係とは?!
16:40〜16:50 挨拶 木越英雄(筑波大学研究担当副学長)

**********************************************************************
☆★…………………………………………………………………………………☆★

編集後記

5月27日(土)、28日(日)に総会と年次大会が開催されたこともあり、今回
のメルマガの配信は5月末ギリギリとなってしまいました。コンテンツも盛り
だくさんで、少し慌しかったですが、無事配信できホッとしています。
東京都心では5月21日に今年初の真夏日になり、この夏は猛暑・酷暑の可能性
があるそうです。今年、私は4月の半ばくらいまでコートを着ていました。地
球温暖化の影響なのか、年々心地良い春の期間が短くなってきているような気
がしています。これから鬱陶しい梅雨に向かっていきますが、体調をくずさな
いようお気をつけ下さい。

                       (メールマガジン 5月号 担当: 小川 恵司)

☆★…………………………………………………………………………………☆★

}}

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS