2007年度 第12回情報知識学フォーラム〜情報の発掘と再生〜

filePDF

開催日時
2007年12月8日(土) 13:00〜17:30
会場
静岡大学浜松キャンパス佐鳴会館
静岡県浜松市中区城北3丁目5−1
http://www.shizuoka.ac.jp/ippan/hamamatsu.html
主催
情報知識学会
共催
横断的アーカイブズ論研究会、静岡大学情報学部
後援
(社)情報科学技術協会

【プログラム】 13:00〜17:30

13:00-13:05 ―開会挨拶―
   細野 公男(情報知識学会会長)

13:05-13:10 ―フォーラムの趣旨紹介―
   八重樫 純樹(フォーラム実行委員長; 静岡大学 情報学部・教授)

13:10-13:50 「蘇る古墳壁画の世界―装飾古墳のデジタルコンテンツ化―」
   朽津 信明氏(東京文化財研究所 文化遺産国際協力センター・主任研究員)

13:50-14:30 「アーカイブズ情報の電子化・保存と共有化動向」
   五島 敏芳氏(国文学研究資料館 アーカイブズ研究系・助教)

14:30-15:10 「戦前期教科書の電子化・保存とその応用」
   江草 由佳氏(国立教育政策研究所 教育研究情報センター・研究員)

15:10-15:30 (休憩)

15:30-16:10 「古典籍からの情報発掘―再生そして生命誌、ネットワーク―」
   矢野 環氏(同志社大学 文化情報学部・教授)

16:10-16:50 「文化財情報の発掘と再生―「モノ」と「テキスト」のはざまで―」
   田良島 哲氏(東京国立博物館 事業部情報課・情報管理室長)

16:50-17:25 ―総合討論―

17:25-17:30 ―閉会の挨拶―
   八重樫 純樹(フォーラム実行委員長; 静岡大学 情報学部・教授)

フォーラム参加費

*但し、会員、非会員、学生会員は資料代(1,500円)込みですが、一般学生は有料となります。
*Webからの事前申し込みの場合は上記の500円引きとなります。
*後援機関の会員は、会員価格を適用します。

懇親会

その他

オンライン申し込み

問い合わせ先

情報知識学会事務局
〒110-8560 東京都台東区台東1-5-1(凸版印刷(株)内)
E-mail: jsiknifty.com
Web: http://www.jsik.jp/

最終更新日: 2011-02-23 (水) 11:09:30

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS