第22回情報知識学フォーラム「オープンサイエンスの障壁への挑戦」報告

第22回情報知識学フォーラム「オープンサイエンスの障壁への挑戦」を2017年12月2日に国立情報学研究所で実施致しました。約50名の方に参加頂き、盛況な会を催すことができました。4名の招待講演者からは、フォーラムのタイトルにちなんで、それぞれが実施されているオープンサイエンスに関する活動や国際的な動向から、今後より具体的にオープンサイエンスが実施されている際に越えなければならない課題や、それへの方策について情報提供を頂きました。講演者と参加者との間で活発な意見交換もでき、参加者全員で非常に有意義な時間を共有することができました。会の熱気はポスターセッションにも引き継がれ、続くセッションのために皆さんの会話をさえぎるのが心苦しいほどでした。密な学術コミュニケーションの場を提供できる情報知識学会らしいフォーラムが実施できたのも、参加者の皆さん全員のおかげであると実行委員一同感謝しております。こうした会を通して、学会がより成熟していく過程を感じることができました。皆さまこの度は、フォーラムへの積極的なご参加を賜りまして、大変ありがとうございました。

総合討論(左)とポスターセッション(右)の様子
第22回情報知識学フォーラム実行委員一同
最終更新日: 2017-12-16 (土) 10:38:38

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS