第24回情報知識学フォーラム「地域資料とオープンサイエンス〜地域資料の継承と情報資源化〜」

開催趣旨と概要

オープンサイエンス推進については政府や文部科学省、学術会議でも議論が進んでおり、特定の分野では研究データの公開・共有や再利用が進んでいるようです。一方、国内には多種多様な歴史資料・文化財などの地域資料が現存しており、これらは研究資源としてのみではなく、社会的な振興・発展に資する文化資源として注目されています.しかし、地域の少子高齢化・過疎化など様々な要因で、それらの保存・整理・継承は進まないのが現状です。
 本フォーラムでは「地域資料とオープンサイエンス」をテーマに地域資料の継承と情報資源化およびその再利用に携わっている様々な立場の方々にご講演頂き、地域資料の継承と情報資源化に対する現状と課題を共有したいと思います。講演の後、会場の皆さんとのディスカッション、さらにポスターセッションの時間を設ける予定です。議論やフォーラムテーマと関係のあるポスター発表を通して、関連領域に関する理解をより一層深めていただきたいと思います。会員、非会員を問わず、多数の方のご参加をお待ちしております。

スケジュール

お問い合わせ先

第24回情報知識学フォーラム 実行委員会

実行委員会

最終更新日: 2019-07-19 (金) 10:08:12

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS