情報知識学会について

入会案内はこちら (filePDF)

情報知識学会とは

日本学術会議の情報関係の3研究連絡委員会を中心に、データ・情報・知識・文献などを対象とする
体系的な「情報学」、「情報知識学」の振興の必要性が強く認識され、1988 年 4 月、
「情報知識学会」が設立された。情報知識学会は日本学術会議協力学術研究団体である。

データ・情報・知識は、あらゆる分野の活動の基礎をなすものであることから、本学会の研究活動は、
自然科学的領域にとどまらず、広く人文・社会科学など、あらゆる学問領域を包含すると同時に、
各専門領域に限らず、専門領域間での学際的な問題への取り組みをめざす。

本学会の役割

 情報知識学の振興を目的とする本学会は、データ、情報、知識、資料、文献、文書等に関する諸問題、
たとえば次のようなテーマに関する会員の研究、発表、意見交換などを支援することをめざす。

主な事業

特典

年会費

※ 年度途中で入会の場合、四半期単位での割引になります。

会員種別年会費論文投稿役員選挙権役員被選挙権総会議決権条件
正会員8,000 円
学生会員4,000 円××
ユース会員4,000 円××35歳未満は本人希望により選択可。
35歳からは正会員。
シニア会員4,000 円××退職者は、本人希望により選択可。
復職時は正会員。
名誉会員無料×××
賛助会員1口 30,000 円以上×当該団体所属の個人は論文投稿可。
特別賛助会員5口 150,000 円以上×当該団体所属の個人は論文投稿可。

☆学生会員は高等、短大、大学学部、大学院の在学者に限ります。(研究員は正会員扱いとなります。)

年会費の振込口座

年会費の振込について

本会の会計年度は4月1日から翌年3月末までです。年会費の振込手数料は本人負担ですが、郵便局への振込は例年4月上旬に本学会から送付される振込用紙(赤色)を使えば無料です。請求書や領収書が必要な方は、事務局へお知らせください。

ご自身が納入した年月日の確認方法は、本学会から学会誌等の郵送を受けた際の封筒の宛名ラベルをご覧ください。[ ] 内に4年間の納入日が印字されているので確認できます。納入年(西暦の下2桁)、月(2桁)、日(2桁)です。金融機関へ振り込まれてから事務局へ通知が届き、宛名ラベルに印字、発送するまで10日ほどかかりますので、ご了承ください。

最終更新日: 2018-04-27 (金) 15:00:41

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS