メールマガジン 13号

**********************************************************************
◇◆●☆情 報 知 識 学 会 メール マ ガ ジ ン☆●◆◇2008.7.25◇ No.13

 情報知識学会メールマガジン読者の皆様!

 暑中御見舞い申し上げます。大暑をすぎ、文字通り酷暑の日々ですが、皆様
にはお変わりございませんか。創立20周年記念事業のお知らせが2つ。今月号
は、少し短めの夏休みヴァージョンです。
_________________________________
_________________________________

◆◇☆ 7月号・目次 ☆◇◆

 ◆◇情報知識学会創立20周年記念事業 お知らせ◆◇
  【学会誌特別増刊号原稿募集】原稿締め切りは9月末です。
  【20周年記念フォーラム開催予定】計画概要(案)
 ◆◇お知らせ◇◆
  【情報知識学会誌】J-STAGEのメンテナンス
  【情報処理学会・人材募集情報】更新されました。
 ◆◇部会の活動◆◇
  【月例懇話会】今後の予定
 ◆◇関連行事のご案内◆◇
  【国立情報学研究所】市民講座へのご案内
  【情報科学技術協会(INFOSTA)】「実践! Wikipedia」へのご案内
  【情報処理学会(IPS)】セミナーのお知らせ
  【日本学術会議】公開シンポジウムへのご案内
 ◆◇会員からの情報◆◇
  【TNM & TOPPAN ミュージアムシアター】凸版ミュージアムシアター
   からのお知らせです。
_________________________________
_________________________________
………………………………………………………………………………………
┌────────────────────────────────
◆◇情報知識学会創立20周年記念事業 お知らせ◆◇
└────────────────────────────────
【学会誌特別増刊号原稿募集】
◆情報知識学会創立20周年記念学会誌特別増刊号の原稿を募集します。
 すでにメルマガや学会ホームページでお知らせしましたように、本年は本
 学会が創立されてから20周年に当たり、様々な企画が用意されています。
 この記念事業の一環として、学会誌の増刊号を発行することになりました。
 全体構成についてはさらに検討中のところもありますが、重要な内容として、
 学会員の皆様から下記のとおり広く原稿を募集することにしました。
 奮って寄稿してくださるようお願い申し上げます。

◇原稿募集要項◇
 1.原稿の種類:論説、報告、随想(学会活動回顧、提言、情報知識学
   構想など)、その他(研究や研究室紹介、会議報告など)。
 2.原稿頁数: 刷り上がり1から2ページ(申し出により増量可)。
 3.原稿スタイル: 学会誌執筆要領に準拠(ただし、要旨、キーワードは
   不要)、WORDもしくはPDF原稿。
 4.原稿締め切り: 9月末日。
 5.査読: 研究論文のような査読はないが、編集委員会で内容チェックの
   上、改訂をお願いすることあり。
 6.原稿送付先: jsiked@rs.noda.tus.ac.jp (CC: jsik@nifty.com)
 7.発行: 12月末を予定。
 8.寄稿予定の回答:寄稿を予定する会員は、8月15日までに、その旨、
   メール、Fax、郵便等で学会事務局まで、お知らせ下さい。

  ★以上, よろしくお願い申し上げます。

                 会   長 根岸 正光
                 編集委員長 国沢 隆

*************************************************
【20周年記念フォーラム開催予定】
◆2008年度の「情報知識学フォーラム」は、20周年記念フォーラムとして
 開催される予定です。

 ◇計画概要(案)は以下の通り◇
  ★フォーラムの内容
   .瓮ぅ鵐董璽沺2008年度情報知識学フォーラム
           〜情報知識学の20年(仮)〜
   現在、社会の情報化は社会活動のあらゆる分野におよび、急速に進展
   してきている。しかし、全てが合理的かつ健全・円滑に進展して
   いるわけでもない。情報知識学会としてここ20年間の研究活動の成果を
   踏まえ、社会的提言を行う内容としたい。
   *なお、テーマについては、下記の各研究部会から提出された講演内容
    を実行委員会として検討し、決める。
   ▲廛蹈哀薀燹
   特に、各研究部会の研究活動実績を通して、現在の情報化社会に向けた、
   警告・提言等を行う内容で講演いただく(全体で講師約5名)。
   *具体的テーマ、講師、時間等については現在調整中。
    固まり次第、詳細を連絡します。

  ★開催場所と開催日時
   ☆場所:鶴見大学:交通:JR京浜東北線/鶴見駅、京浜急行/京急鶴見駅
   ☆日時:11月29日(土) 13:00より。
                          
            フォーラム実行委員長 八重樫 純樹 (2008・7・23)

……………………………………………………………………………………… 

┌────────────────────────────────
◆◇お知らせ◆◇
└────────────────────────────────
*************************************************
【情報知識学会誌】
◆J-STAGEからのお知らせです。
定期システムメンテナンスのため、J-STAGEは、以下の時間帯にサービスが一時
的に停止されるということです。

 ◇7月26日(土) 10:00 〜 15:00

*************************************************
【情報処理学会・人材募集情報】
◆7月15日付けで、更新されています。
 http://www.ipsj.or.jp/07editj/ad/index_jinzai4907.html

………………………………………………………………………………………
┌────────────────────────────────
◆◇部会の活動◆◇
└────────────────────────────────
*************************************************
【月例懇話会(石塚 英弘部会長)】
◆月例懇話会の今後の予定についてお知らせします。

 ◇総持寺訪問について: 
  情報知識学フォーラムを最優先に考え、現在、日程等を再検討中です。
 ◇その他の訪問先について: 種々、企画中です。

………………………………………………………………………………………
┌────────────────────────────────
◆◇関連行事のご案内◆◇
└────────────────────────────────
*************************************************
【国立情報学研究所】
◆平成20年度市民講座のおしらせです。 

 ☆第3回 未来へつながる情報学☆
 ◇タイトル: 「データ社会とアーカイブ
  − 年金記録問題などに見られる情報管理の重要性とは?−」
 ◇講師: 古賀 崇(情報社会相関研究系 助教)
 ◇日時: 8月25日(月)18:30〜19:45
 ◇会場: 学術総合センター 2階 中会議場

 ※詳細は:
  http://www.nii.ac.jp/shimin/index-j.shtml

*************************************************
【情報科学技術協会(INFOSTA) セミナー】
◆ウィキペディアに関する研修会・セミナーのお知らせです。

 ☆実践! Wikipedia☆
     − インフォプロが学ぶ上手なつきあい方 −
 ◇日時: 7月30日(水) 14:00〜17:00
 ◇テーマおよび講師:
   Wikipediaとそのコミュニティ』
    講師:太田 尚志氏 (ウィキペディアン)
  ◆Wikipediaとインフォプロ』
    講師:時実 象一 氏 (愛知大学)
 ◇会場案内: 化学会館 5階大会議室
   東京都千代田区神田駿河台1-5 Tel.03-3292-6241(直通)
   URL http://www.csj.jp/kaimu/office/map.html

  ※詳細は:
   http://www.infosta.or.jp/

*************************************************
【情報処理学会(IPS) セミナー】
◆JABEE情報および情報関連分野審査講習会
 および技術者教育セミナー参加者募集

 ★従来は自主研修会と呼んでいましたが、昨年度より、1日目に行う審査
 講習会と、2日目に行う受審側へのコンサルテーション的性格であるセミ
 ナーが区別されました。

 ◇日程: 8月5日(火)、8月6日(水)
 ◇会場: 化学会館 5F会議室
     〒105-0011 東京都千代田区神田駿河台1-5
     最寄り駅等 http://www.chemistry.or.jp/kaimu/office/map.html
 ◇主催: 情報処理学会

  ※詳細は:
   http://www.ipsj.or.jp/12kyoiku/acre/T-Acc2008.html
   http://www.ipsj.or.jp/

*************************************************
【日本学術会議】
◆日本学術会議ニュース・メール(No.141,2008/07/18)から、
公開シンポジウムを2つご紹介します。

 ☆公開シンポジウム☆
 「地理空間情報社会における空間的思考力の育成と人材育成
      米国地理教育の実践と日本における課題―」
  ★日時- 1: 7月27日(日)14:00〜17:00 
  ◇場所: 奈良県新公会堂(奈良市春日野町101 Tel:0742−27−2630)
  ★日時- 2: 7月28日(月)14:00〜17:30 
  ◇日本学術会議講堂(港区六本木7−22−34 Tel:03−3403−5706)
  ◇講演者:Dr. Sarah Witham Bednarz(Texas A&M University,
      Department of Geography, Professor)、
Dr. Robert S. Bednarz(Texas A&M University,
Department of Geography, Professor)、
岡部篤行(日本学術会議第三部会員、東京大学大学院工学系
研究科教授)ほか。
   ※詳細は:
    http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/54-s-1-3.pdf
   ※参加費無料、事前の申込みは必要ありません。
   ※お問い合わせ先:
    奈良大学文学部地理学科・碓井照子
    E-mail: usuit@daibutsu.nara-u.ac.jp
  Tel&Fax: 0742-41-9534

 ______________
 ☆公開シンポジウム☆
  「公正な社会を求めて――グローバル化する世界のなかで」
 ◇日時: 8月2日(土)13:00〜17:00
 ◇会場: 日本学術会議講堂 (東京都港区六本木7-22-34)
 ◇発表者:宮島喬(法政大学教授、日本学術会議連携会員)
     藤村正之(上智大学教授、関東社会学会会長)
      舩橋晴俊(法政大学教授、日本学術会議連携会員)
      伊藤るり(一橋大学教授、日本学術会議連携会員)
      吉原直樹(東北大学教授、日本学術会議連携会員)
      丸山哲央(佛教大学教授、日本学術会議連携会員)
      上野千鶴子(東京大学教授、日本学術会議会員) ほか
  ※詳細は:
   http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/54-s-1-6.pdf
  ※事前申込みは必要ありません。
  ※お問い合わせ先:
   日本学術会議事務局参事官(審議第一担当)付
   E-mail: s251@scj.go.jp
   Tel:03-3403-5706 FAX:03-3403-1640 

………………………………………………………………………………………
┌────────────────────────────────
◆◇会員からの情報◆◇
└────────────────────────────────
*************************************************
【TNM & TOPPAN ミュージアムシアター】
◆文化財を“体験”する新しい鑑賞スタイルを提供する、TNM & TOPPAN
ミュージアムシアター。
 ★上野・東京国立博物館内に開設された、4K・超高精細の
  臨場感あふれる映像が特徴のVRシアターです。
 ◇上演作品: 「江戸城−本丸御殿と天守−」
 ◇公開期間: 8月1日(金)〜9月28日(日)
 ◇公 開 日: 金・土・日・祝日・振替休日
 ※上演時間・入場方法・地図等、詳しくは:
  http://www.toppan-vr.jp/mt/

☆★……………………………………………………………………………☆★
  凸版印刷株式会社
  総合研究所 情報技術研究所
   小川 恵司 氏 
  〒112-8531
  東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル
  Tel 03-5840-2690 Fax 03-5840-1910
  E-mail keiji.ogawa@toppan.co.jp

 からの情報です  ………………………………………………………☆★
_________________________________
_________________________________
………………………………………………………………………………………
★☆ 編集後記 *゜¨゜゜・*:..。☆*゜¨゜゜・*:..。o☆*゜¨゜

 時々刻々と膨大な情報が行き交う中、自然の移り変わりはゆっくりと、でも
いったい、どんな方向に向っているのでしょう。たとえば、北極の氷の劇的な
減少とか、恐ろしい変化もさることながら、目の前のベランダやお庭に咲く
朝顔も、きっと何かを語りかけているのでしょう。何でも、日常の情報、ふと
気がついたことなど、皆様の目から見た情報社会と自然の関わりなど、お便り
をお寄せ下さい。

 ご意見、情報の宛先は: jsik@nifty.com

☆*゜¨゜゜・*:..。☆*゜¨゜゜・*:..。 (メルマガ編集長:岡本 由起子) ☆★
_________________________________
最終更新日: 2011-01-26 (水) 11:51:46

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS