メールマガジン 15号

**********************************************************************
◇◆●☆情 報 知 識 学 会 メール マ ガ ジ ン☆●◆◇2008.9.26 ◇ No.15

 メールマガジン読者の皆様!

 朝夕の涼しさ、集く虫の声、すっかり秋です。
学会・フォーラム・シンポジウムなど、イベントの季節が来ました。皆様には、
ご多忙のことと思いますが、なにとぞ、情報知識学会第13回フォーラムに足を
お運び下さい。また、20周年記念特別号への寄稿締切が9月30日であること
をお忘れなく。
_________________________________
_________________________________
◆◇☆ 9月号・目次 ☆◇◆
 ◆◇創立20周年記念 第13回 情報知識学フォーラム開催◇◆
〜情報知識の形式と表現〜
 ◆◇お知らせ◇◆
  【ニュース】
  【情報知識学会誌】Vol.18 (2008), No.2、J-STAGEから公開
  【訃報】
 ◆◇部会の活動◆◇
  【専門用語研究部会】「専門用語研究」全バックナンバーの紹介(再)
  【CODATA部会】第21回国際 CODATA 会議(再)
 ◆◇情報知識学会後援行事のご案内◇◆
  【人文科学とコンピュータ(CH)研究会】じんもんこん2008続報
 ◆◇関連行事のご案内◆◇
  【日本学術会議】提言「公文書館法とアーキビスト養成」について
  【国立情報学研究所(NII)】第5回市民講座(未来へつながる情報科学)
  【情報処理学会(IPSJ)】コンピュータセキュリティシンポジウム 2008等
  【人工知能学会(JSAI)】第72回 人工知能基本問題研究会
  【科学技術振興機構(JST)】日本−EU研究交流課題の募集
  【情報科学技術協会(INFOSTA)】パテントマップ入門講座
 ◆◇会員からの情報◆◇
  【印刷博物館のご案内】
  【第5回情報プロフェッショナルシンポジウム、INFOPRO 2008】
  【特許・情報フェア&コンファレンス 2008】
_________________________________
_________________________________
………………………………………………………………………………………
┌────────────────────────────────
◆◇創立20周年記念 第13回 情報知識学フォーラム開催◆◇
└────────────────────────────────
◆開催主旨: 現在、社会の情報化は社会活動のあらゆる分野におよび、急速に
進展してきている。しかし、技術の進化・普及にともなう社会の環境変容に対し
て、全てが合理的かつ健全・円滑に進展しているわけでもない。情報知識学会と
してここ20年間の研究活動の成果を踏まえ、今回は特に情報知識の形式と表現法
について焦点をあて、今までを振り返り、この社会的環境変容と、今後の諸課題・
展望について議論したい。
◆タイトル: 創立20周年記念 第13回(2008年度)情報知識学フォーラム
        〜情報知識の形式と表現〜
 ◇日 時: 11月29日(土)13:00〜17:30
 ◇会 場: 鶴見大学記念館3F 講堂
    神奈川県横浜市鶴見区鶴見2−1−3
    ※http://www.tsurumi-u.ac.jp/about/accessmap.html
 ◇主 催: 情報知識学会
 ・後 援: (社)情報科学技術協会
 ◇プログラム: 13時、開会
  ★―開会挨拶―根岸 正光(情報知識学会会長; 国立情報学研究所・教授)
  ★―フォーラムの趣旨紹介―八重樫 純樹(フォーラム実行委員長; 静岡大学
   情報学部・教授)
 ・13:10-16:50  講演者による提題
  ★岩田 修一:「情報社会における学問の作られ方と創り方」
    (東京大学 新領域創生科学研究科・教授)
  ★太田 泰弘:「専門用語策定の諸問題/日本語で書かれた専門用語は生き
   残れるか」(情報知識学会 専門用語研究部会・(前)部会長)
★小町 祐史:「マーク付け言語関連規定のこれまでの議論と今後の展望」
(大阪工業大学 情報科学部・教授)
  ★家辺 勝文:「日本語文書の視覚的構造化と論理的マークアップ」
(日仏会館フランス事務所)
  ★堀川 貴司:「日本古典籍の書誌学的アプローチ」
(鶴見大学 文学部・教授)
 ・16:50-17:30 総合討論&総括
 ◇フォーラム参加費(Webからの事前申し込みの場合は下記から500円引き):
  ☆会員(含、後援機関の会員):2,500円、 非会員:3,500円
  ☆学生会員、一般学生 共に:1000円(その他資料代500円)
  ※オンライン参加登録(現在準備中。近日中にUPの予定です):
    http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsik/bukai/sgml/forum2008Annai.html
  ※懇親会: 18:00〜20:00、会場・鶴見大学レストランにて
        (参加費は社会人:4,000円、学生:無料)
  ※問い合わせ先: 情報知識学会事務局
  ・E-mail: jsik@nifty.com
  ・ホームページ: http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsik/
  ※プログラム等の詳細は:
   http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsik/bukai/sgml/forum2008Annai.html

*************************************************
┌────────────────────────────────
◆◇お知らせ◆◇
└────────────────────────────────
*************************************************
【ニュース】
◆情報知識学会の根岸 正光会長が、平成20年度情報化月間情報化促進貢献個人表彰
「経済産業大臣表彰『情報化促進部門』」を受賞しました。
  ※下記をご覧下さい:
 http://www.meti.go.jp/press/20080917001/20080917001.html
 http://www.meti.go.jp/press/20080917001/20080917001-2.pdf

*************************************************
【情報知識学会誌】
◆情報知識学会誌 Vol.18 (2008), No.2(第16回(2008年度)研究報告会論文集)
 ◇遅れていましたが、9月8日に、J-STAGEから公開されました。
 ◇No.2から、芦野副編集委員長がJ-STAGE登載を担当することになりました。
 ______________
【J-STAGEからのお知らせ】
◆定期システムメンテナンスのため、以下の時間帯にサービスが一時的に停止
 されます。
 ◇9月27日(土) 10:00 〜 15:00

*************************************************
【訃報】
◆専門用語研究会の事務局を長らくお引き受けいたき、情報知識学会との架け橋
になっていただいた長山 泰介氏(91歳)が8月27日に、ご逝去されました。
ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでお知らせ申し上げます。
 ※下記をご覧下さい:
  http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsik/

*************************************************
┌────────────────────────────────
◆◇部会の活動◆◇
└────────────────────────────────
*************************************************
【専門用語研究部会】
◆「専門用語研究」全バックナンバーの紹介
 ◇情報知識学会・専門用語研究部会の前身である「専門用語研究会」発行の
「専門用語研究」全バックナンバー(No.1-19)の目次が下記で紹介されています。
   http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsik/bukai/senmonyogo/TermTOP90.htm
 ◇すべての号の在庫(一部コピー)があります(各号、1部500円)。
  ※入手ご希望の方は、専門用語研究部会事務局までご注文ください。
   http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsik/bukai/senmonyogo/TermTOP01.htm

*************************************************
【CODATA部会】
◆第21回国際 CODATA 会議(21st International CODATA Conference)(再)
 ◇テーマ:Scientific Information for Society -from Today to the Future
 ◇場 所:ウクライナ、キエフ(Ukraine, Kyiv)
 ◇日 時:10月5日 - 8日
 ◇プログラム: http://www.codata.org/08conf/program.html
  ※詳しくは: http://www.codata.org/08conf/

*************************************************
┌────────────────────────────────
◆◇情報知識学会後援行事のご案内◆◇
└────────────────────────────────
*************************************************
【人文科学とコンピュータ(CH)研究会】
◆「じんこんこん2008」論文投稿についてのお知らせです。
 ◇概要論文投稿〆切: 概要論文の投稿が閉め切られました。
 「ご投稿いただいた方には全て返信を行いました。ご確認ください。
 なお,査読結果の通知は10/10(金) を予定しております。」とのことです。
 ◇じんもんこん10回記念大会の特別企画として論文表彰を行ないます。
◆開催予定(再)
 ◇日 程: 12月20日(土)、21日(日)
 ◇会 場:  筑波大学 つくばキャンパス 春日地区
 ◇主 催:  情報処理学会 人文科学とコンピュータ研究会
 ◇共 催: 筑波大学大学院 図書館情報メディア研究科
 ◇後 援:(予定)電子情報通信学会、記録管理学会、情報知識学会、日本情報
 考古学会、アート・ドキュメンテーション学会、日本アーカイブズ学会、全国
 歴史資料保存利用機関連絡協議会、日本図書館情報学会、情報メディア学会。
  ※詳しい情報は公式HPでご覧下さい:
   http://www.slis.tsukuba.ac.jp/chs08/

*************************************************
┌────────────────────────────────
◆◇関連行事のご案内◆◇
└────────────────────────────────
*************************************************
【日本学術会議】
◆提言「公文書館法とアーキビスト養成」が公表(ご報告)されました。
 ◇学委員会 歴史・考古史資料の情報管理・公開に関する分科会は、提言
 「公文書館法とアーキビスト養成」を公表しました。
  ※提言全文は、日本学術会議HPでご覧下さい:
   http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/index.html

*************************************************
【国立情報学研究所(NII)】
◆平成20年度市民講座 第5回(未来へつながる情報科学)
 ◇タイトル:
「脳科学と情報学− 脳の理解に結びつく脳科学情報のデータベースとは?−」
 ◇日 時: 10月7日(火)18:30〜19:45
 ◇会 場: 学術総合センター 2階 中会議場
 ◇講 師: 山地 一禎氏(コンテンツ科学研究系 准教授)
 ※詳細は: http://www.nii.ac.jp/shimin/index-j.shtml

*************************************************
【情報処理学会(IPSJ)】
◆情報専門学科カリキュラム標準「J07」とそれを取り巻く動き−ITスキル標準、
情報処理技術者試験、JABEEとSeoul Accord −
 ◇日 時: 10月1日(水)11:00〜12:00
 ◇会 場: ANAインターコンチネンタルホテル東京 B1F「オーロラ」
 ◇講 師: 筧 捷彦氏(情報処理学会情報処理教育委員会委員長)
※詳細は:
 http://www.ipsj.or.jp/03somu/event/gekkan2008/gekkan2008.html
 ______________
◆コンピュータセキュリティシンポジウム2008 (CSS 2008)
 ◇日 程: 10月8日(水)〜10日(金)
 ◇会 場: 沖縄コンベンションセンター
※詳細は: http://css2008.la.coocan.jp/

*************************************************
【人工知能学会(JSAI)】
◆人工知能学会 第72回 人工知能基本問題研究会 (SIG-FPAI)で発表募集中です。
 ◇テーマ: 特集「ベイジアン・ネットワークと応用」および一般
 ◇日 程: 11月7日(金)〜8日(土)
 ◇会 場: 国立大学法人 電気通信大学 大学院情報システム学研究科
  ※詳細は: http://www.ai-gakkai.or.jp/jsai/

*************************************************
【科学技術振興機構(JST)】
◆平成20年度 日本−EU研究交流課題の募集のお知らせです。
科学技術振興機構では、研究者の国際的な交流を推進する「戦略的国際科学技術
協力推進事業」を実施しております。本事業では、EUと「環境」分野に関する
研究交流の支援を行うこととし、課題を募集します。
 ◇募集期間: 平成20年9月24日〜平成21年1月8日午後5時
  ※募集要項等の詳細は下記をご覧下さい:
   http://www.jst.go.jp/sicp/announce_eu1st.html

*************************************************
【情報科学技術協会 (INFOSTA)】
◆INFOSTA 研修会・セミナー
 ◇テーマ: 1人1台のPC演習付Excelを用いたパテントマップ入門講座
 ◇日 時: 10月21日(火) 10:00〜17:00
 ◇会 場: NEC PCカレッジ池袋西部校 901教室
 ◇講 師: 野崎 篤志氏(日本技術貿易株式会社IP総研)
  ※申込方法等詳細は: http://www.infosta.or.jp/

*************************************************
┌────────────────────────────────
◆◇会員からの情報◆◇
└────────────────────────────────
*************************************************
【印刷博物館のご案内】
◆「ミリオンセラー誕生へ!−明治・大正の雑誌メディア」開催。
 ★☆雑誌誕生からミリオンセラー誕生までわずか60年。この60年は、
 出版、印刷、流通業界の飛躍の時代でもあった。
 ◇会 期: 9月20日(土)〜12月7日(日)
 ◇休館日:毎週月曜日(ただし、10/13、11/3、11/24は開館。10/14日、
  11/4、11/25は休館。)
 ◇開館時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
 ◇入 館 料:一般500円、学生300円、中高生200円、小学生以下無料
         ※20名以上の団体は各50円引き
         ※65歳以上の方は無料
         ※身体障害者手帳等お持ちの方とその付き添いの方は無料
 ◇会期中、講演会、ギャラリートークあり。
 ◇詳しくは:  http://www.printing-museum.org/
 ★☆─────────────────────────
 ・凸版印刷株式会社 小川 恵司氏からの情報です
 ・総合研究所 情報技術研究所
  〒112-8531
  東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル
  Tel: 03-5840-2690 Fax: 03-5840-1910
  E-mail: keiji.ogawa@toppan.co.jp
  ─────────────────────────☆★

*************************************************
【第5回情報プロフェッショナルシンポジウム、INFOPRO2008】
◆科学技術振興機構(JST)と情報科学技術協会(INFOSTA)の共催(実行委員長は、
細野 公男・前情報知識学会長)で、下記のように開催されます。
 ◇日 時: 11月13日(木)午後〜14日(金)
 ◇会 場: 日本科学未来館 (東京都江東区青海2−41)
 ◇内 容: 一般発表23件、特別講演、情報交流会 等
  ★特別講演 13日(15:30〜17:00)『どうする日本の知的戦略』
   荒井 寿光氏 知財評論家(東京中小企業投資育成(株)社長)
  ☆トーク&トーク 「どうするインフォプロ -人材育成と利用者教育-」
★情報交流会 13日 17:30〜19:30
  ☆プロダクトレビュー 14日 情報関連企業11社予定
 ◇展示コーナー(両日):情報関連企業10社による展示、INFOSTAのOUG、SIG
  の活動紹介
  ※申込、参加費等詳細は: 
   http://www.infosta.or.jp/symposium/infopro2008sankabosyu.html
 ★☆─────────────────────────
 ・情報科学技術協会(INFOSTA)専務理事事務局長 田村 紀光氏からの情報です。
 ・〒112-0002東京都文京区小石川2-5-7
  TEL:03-3813-3791  Fax:03-3813-3793
 E-mail: t-tamura@infosta.or.jp
  ─────────────────────────☆★

*************************************************
【特許・情報フェア&コンファレンス 2008】
◆「最新の特許情報と知的財産関連の新製品・新技術情報を一堂に網羅する
我が国最大の専門見本市」ということです。コンファレンスも同時開催。
 ◇場 所:  科学技術館 [東京・北の丸」
 ◇日 時: 11月5−7日
 ◇主 催:  社団法人発明協会、財団法人日本特許情報機構
  ※詳細は:  http://www.business-i.net/event/pif/
 ★☆─────────────────────────
 ・愛知大学教授 時実 象一氏からの情報です。
 ・愛知大学文学部 (図書館情報学専攻)
 ・〒441-8522 豊橋市町畑町 1-1
  Tel:0532-47-4467 Fax: 0532-47-4197
  E-mail: tokizane@aichi-u.ac.jp>
 ・ホームページ: http://tokizane.jp/tokizane/
 ・「電子ジャーナルの動向と情報源」 http://www.dab.hi-ho.ne.jp/cirrus/
 ─────────────────────────☆★

******************************************************************
*:..。o○☆*゜¨゜編集後記゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜
*:..。o○
 機械の文字や画像だけのメールの世界に夢中な若い人たちからも、不安の声が
聞かれます。これは大事な感性ではないかと改めて思います(一時、新聞などで
取り上げられた、いわゆる「ケーチュウ」:携帯中毒、の調査をしてみて)。
 ご意見、ご感想、お便りをお寄せ下さい。 mailto: jsik@nifty.com

<前号で、8月22日を処暑(23日)と誤って記載しました。お詫びして訂正します。>
               メールマガジン編集長: 岡本 由起子
******************************************************************
最終更新日: 2011-01-26 (水) 11:48:30

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS