メールマガジン 25号

**********************************************************************
☆★☆ 情 報 知 識 学 会 メール マ ガ ジ ン ☆★☆ 2009.8. 11. ☆ No.25.

==================================================================
 7/8 月号 C O N T E N T S (目次)
===================================================================
  
 ◇◆お知らせ◆◇
  【情報知識学フォーラム 2009】
  【学会誌執筆要領の変更】

 ◇◆部会からのお知らせ◆◇
  【関西部会】2009 年度第 2 回(通算 11 回)情報知識学会関西部会研究会
美術品・文化財の保存修復とデジタル・アーカイビング、複製作成
  【専門用語研究部会】専門用語シンポジウム

 ◇◆J-STAGE からのお知らせ◆◇

 ◇◆新刊書のご案内◆◇
  【Web新刊・論説紹介】

 ◇◆関連行事のご案内◆◇
  【情報処理学会IPS】
  【科学技術振興機構JST】
  【人工知能学会JSAI】
  【情報科学技術協会】
  【IFLA】
  【Digital Repository Federation (DRF)】
  【日本学術会議】

*************************************************
┌────────────────────────────────
◇◆お知らせ◇◆
└────────────────────────────────
*************************************************
◆情報知識学フォーラム 2009
下記のとおり開催いたします。今回は専門用語シンポジウム (11/27) と同時開
催いたします。

11月28日(土)午後 愛知大学豊橋キャンパス(JR豊橋駅から、豊橋鉄道渥美線で
6分)
テーマ(仮):言語資源の展開
http://taweb.aichi-u.ac.jp/saylis/JSIK2009/

◆学会誌執筆要領の変更
編集委員会からのお知らせ

学会誌執筆要領を改正します。変更点は以下のとおりです。

1. 論文表題のゴチ表記をやめる
2. 著者のE−mailアドレスの記入は任意とする
3. Corresponding Author に*をつける
4. 本文のフォントサイズを11pt.にする
5. 引用文献の本文中での表記法の例示を入れた
詳しくは、学会ホームページ
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsik/gakkaishi/tokokitei.html をご覧ください。

*************************************************
┌────────────────────────────────
◇◆部会からのお知らせ◇◆
└────────────────────────────────
*************************************************

◆【関西部会】
2009 年度第 2 回(通算 11 回)情報知識学会関西部会研究会
美術品・文化財の保存修復とデジタル・アーカイビング、複製作成

今回は、平成の経師を名乗る(株)大入のご協力で、美術品・文化財・古書などの
保存修復や複製との関係で、デジタル・アーカイビングについて発表いただくと
ともに、その工程の見学を行う。

日 時:2009年09月26日(土) 15:15〜17:00
会 場:(株)大入 TEL: 075-212-0248
京都市中京区小川通二条上ル槌屋町611
http://www.ooiri-co.com/
論題:美術品・文化財の保存修復とデジタル・アーカイビング、複製作成

発表:品川晃二氏(大入)

共催:アート・ドキュメンテーション学会

後援:全日本博物館学会、日本ミュージアム・マネージメント学会、記録管理学会、
情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会

会費:主催・後援団体会員200円、その他400円

定員:15名、先着順
    参加希望者は下記にメールを下さい
    田窪直規 takuboAMmsa.kindai.ac.jp

なお、詳しくは、以下をご覧下さい。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsik/bukai/kansai/2009_09_26.html

◆【専門用語研究部会】
専門用語シンポジウム
11月27日(金)午後 愛知大学豊橋キャンパス(JR豊橋駅から、豊橋鉄道渥美線で
6分)
内容(予定):
・大塚記念特別講演
・一般講演
一般講演発表申込 8月〜9月
* 今回は一般講演を公募します。
* 情報知識学フォーラム (11/28) と同時開催いたします。

*************************************************
┌────────────────────────────────
◇◆J-STAGE からのお知らせ◇◆
└────────────────────────────────
*************************************************

臨時システムメンテナンス予定
臨時システムメンテナンスのため、8月の定期メンテナンスに引き続き、以下の
時間帯にサービスを一時的に停止させていただきます。

8月29日(土) 15:00 〜 8月30日(日) 20:00
(8月の定期メンテナンスは8月29日(土)10:00 〜 15:00に実施予定)

*************************************************
┌────────────────────────────────
◇◆関連行事のご案内◇◆
└────────────────────────────────
*************************************************

【情報処理学会IPS】
◆第84回 人文科学とコンピュータ研究会発表会
http://www.ipsj.or.jp/09sig/kaikoku/2009/CH84.html
 日時 2009年10月24日(土)
 会場 国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)
 http://www.rekihaku.ac.jp/info/access.html

発表申込締切 2009年8月24日(月)
原稿提出締切 2009年9月24日(木)(予定)

【科学技術振興機構JST】
◆イノベーション・ジャパン2009‐大学見本市
http://expo.nikkeibp.co.jp/innovation/
開催日 2009年09月16日(水)〜18日(金)
会場 東京 東京国際フォーラム
お問合せ 産学連携担当 Tel 0120-679-005
Fax 03-5214-8454 Mail: scett@jst.go.jp

【人工知能学会JSAI】
◆知識流通ネットワーク研究会(二種研究会)第五回研究会
http://www4.atpages.jp/sigksn/conf05/index.html
【日程】2009年9月18日(金) 13:00-17:30(予定)
【会場】名古屋駅前イノベーションハブ セミナー室(名古屋駅)

【情報科学技術協会】
◆第6回情報プロフェッショナルシンポジウム(略称:INFOPRO2009)
http://www.infosta.or.jp/
期日 : 2009年10月14日(水)〜15日(木)
会場 : 日本科学未来館 (東京 お台場)

◆化学物質データベースセミナー (OUG 化学分科会 開催300回記念)
2009年9月16日(水) 14:00〜17:00
JST 地下ホール (http://www.jst.go.jp/koutsu.html#jst_tokyo)
〒102-8666 東京都千代田区四番町5-3 サイエンスプラザ

演題
1. 日化辞Webの連携活用について
 独立行政法人 科学技術振興機構 文献情報部 辞書課
2. 化学物質総合情報提供システム(CHRIP)
 独立行政法人 製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター
3. REGISTRYの30年
 社団法人 化学情報協会 情報事業部
4. 合成化学研究者のための反応・化合物データベースReaxys
 エルゼビア・ジャパン株式会社
(なお演題および講演順序は仮のものです)

【IFLA】
◆World Library and Information Congress: 75th IFLA
"Libraries create futures: Building on cultural heritage"
2009. 8. 23-27, Milan, Italy

【Digital Repository Federation (DRF)】
◆DRF技術ワークショップ(技術と研究が出会うところは)
「Workshop of Application of Repository Infrastructure for eScience and
eResearch ----研究成果やデータを永久保存していく活動へ向けて」

日時:2009年09月07日(月) 13:00〜16:30
会場:京都大学付属図書館
主催:Digital Repository Federation (DRF)、独立行政法人物質・材料研究機構
共催:京都大学図書館機構
場所:京都大学附属図書館ライブラリーホール
対象:リポジトリ技術者(思想設計・システム開発にかかわってきた人)
   リポジトリ利用者(研究者・研究分野を超えて主役として成果の保存と発
   信に関心のある人)、その他、一般の方の参加も歓迎します
お申し込み不要、参加自由です。附属図書館入口カウンターに申し出て入館して
ください。

詳しくは、以下URLをご覧下さい。
http://drf.lib.hokudai.ac.jp/drf/index.php?DRFtech-Kyoto

【日本学術会議】
◆「ブダペスト宣言から10年 過去・現在・未来 −社会における、社会のための
科学を考える−」

○開催日時: 2009年9月9日(水)13:00〜17:10
○会 場 : 日本学術会議 1階講堂(港区六本木)
○言語:日本語(同時通訳あり)
○参加費: 無料
○お申込み&お問合せ先
 シンポジウム事務局(株)科学新聞社
  sinpo@sci-news.co.jp
○URL:http://www.sci-news.co.jp/sympo090909
○開催趣旨:
今回のシンポジウムは、2009年11月にハンガリー・ブダペストにて開催される、
ブダペスト宣言10周年を記念した世界科学フォーラムに先立ち、ブダペスト宣言
以降10年の科学と社会の関係、そしてこれからの科学のあり方を、学術界、政策
立案者、企業、市民等により議論するものです。
尚、本シンポジウムは11月にハンガリーで開催される世界科学フォーラムの関
連行事として位置づけられています。

○プログラム(予定):
13:00〜13:05  主催者挨拶 金澤 一郎 (日本学術会議 会長) 
13:05〜13:15  来賓挨拶  相澤 益男 (総合科学技術会議 議員)
13:15〜13:35  特別講演 吉川 弘之(JST研究開発戦略センター長
  元国際科学会議会長)
13:35〜13:55  特別講演 ノバート・クロー
  (ハンガリー科学アカデミー副会長)
13:55〜14:05 ビデオメッセージ 松浦 晃一郎 (ユネスコ 事務局長)
14:05〜14:25  特別講演 ユアン・ツェー・リー (中央研究院前院長
  特聘研究員 次期国際科学会議会長)
14:25〜14:45  特別講演 佐藤 禎一 (東京国立博物館名誉館長
  元ユネスコ代表部特命全権大使)
          
14:45〜15:00 休憩
15:00〜17:00 パネルディスカッション
         司会:大垣 眞一郎 実行委員長(日本学術会議 副会長)
<パネリスト>
      黒田 玲子 (国際科学会議 副会長)
      鈴村 興太郎 (日本学術会議 副会長)
      渡辺 格 (文部科学省科学技術・学術政策局次長)
      高橋 真理子 (朝日新聞社 記者
  日本科学技術ジャーナリスト会議 理事)
15:40〜15:50 有信 睦弘 (株式会社東芝 顧問)
15:50〜16:00 崎田 裕子 (環境ジャーナリスト)
16:00〜16:40 質疑応答
16:40〜16:50 まとめ 大垣 眞一郎 (日本学術会議 副会長)
16:50〜17:00 世界科学フォーラム2009へのメッセージ
        金澤 一郎 (日本学術会議 会長)
17:00〜17:10  閉会挨拶  北澤 宏一 ((独)科学技術振興機構 理事長)
 
◇◆編集後記◆◇
本号担当編集長に指名いただき、微力ながら努めさせていただきました。
夏休みに入ることもあり、今号は 7/8 月合併号でということで編集
いたしました。あまり大きい記事がありませんが、秋に向けて充電の
時ということで、今後の展開を楽しみにしております。(時実 象一)
最終更新日: 2011-01-26 (水) 11:39:01

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS