メールマガジン 34号

************************************************************************
◇◆● 情 報 知 識 学 会 メール マ ガ ジ ン ●◆◇2010.6.28 ◇ No.34.

 情報知識学会メール マガジン読者の皆様

メールマガジン6月号をお届け致します。

===================================================================
 6月号 C O N T E N T S (目次)
===================================================================


◇◆情報知識学会常務理事会◆◇

【平成22年度第1回常務理事会議事概要】

◇◆後援行事ご案内◆◇

【関西部会後援行事「TP&Dフォーラム2010」】
【国立科学博物館「核と人工物の歴史と科学」講演会】

◇◆関連団体の行事のご案内◆◇

【人工知能学会 第78回 人工知能基本問題研究会 (SIG-FPAI)】
【科学技術振興機構 第2回 JST情報活用カンファレンス】
【情報メディア学会第9回研究大会開催】
【情報科学技術協会 「第7回情報プロフェッショナルシンポジウム」】

*************************************************
◇◆情報知識学会常務理事会◆◇
*************************************************

【平成22年度第1回常務理事会/議事概要】

日 時:平成22年6月16日(水)17:30-20:10
会 場:情報知識学会事務局
出席者:根岸、石塚、長塚、江草、小川、国沢、田良島、原田

1.本年度情報知識学フォーラムの件

 冒頭会長より、「kindle、iPadの発売を受け、電子書籍が話題になっており、
その流通フォーマットとしてのepubについても、日本語化等に関する議論が活
発であるが、学術雑誌方面での関心は薄いようである。当学会はわが国初の
SGMLの学会誌への適用実験を1990年に実施し、SGML研修フォーラム(現情報知
識学フォーラム)を開催するなど、この方面には積極的に関わってきた(石塚
英弘「SGMLによる情報知識学会誌の編集印刷について」、情報知識学会誌、1巻
1号24頁 (1990.12))。こうした経緯と昨今の情勢に鑑み、本学会誌のepub対
応とiPad等での配信閲覧を検討してみてはどうか。常務理事間での事前の意見
交換では、この関連を本年度フォーラムのテーマとすることも考えられ、合わ
せて議論頂きたい。」との議題趣旨解説あり。

 これを踏まえ、次項議題とも一括して議論した結果、本年度フォーラムの実
施は、下記の要領とすることにした。

実行委員長:石塚副会長

実行委員: 小川、原田、江草各常務理事。
さらに増員について石塚実行委員長に一任。

開催日時: 2010年12月3、4、10、11日のいずれか1日(金曜または土曜)。

会場: 筑波大学東京リエゾンオフィス(秋葉原ダイビル)、
慶応大学三田キャンパス、東京理科大神楽坂キャンパス等を検討。

テーマ: 学術雑誌の読書端末対応や電子出版の動向分析を含めて、
実行委員会において検討。

2.本学会誌のepub対応化の件

 標記に関連して下記のような情勢分析、意見交換を行った。

・原田常務理事が既にサンプル論文のepubへの変換、iPad表示等の実験を行い、
現状の変換ツール類の検証を行いつつある。

・文書フォーマットは、既に普及しているものに青空文庫形式など多種あり、
共通中間フォーマット策定のアイデアもある。

・ここ20年程度を見渡して、電子出版、電子書籍の第3?の波が来ているとも
見られる。

・「電子書籍元年」ということで、出版業界、政府系等々で各種の動きが活発
化しており、こうした中で、どのように本学会の活動としての独自性を出す
べきか。

・学術雑誌、学術論文を対象とするというのが、重要ではないか。

・小説などは娯楽系の最終消費財であるが、学術論文は研究者にとって研究の
ための原材料、中間財であり、単に読むだけに止まらず、メモの書き込み、
保存などが必要で、その利用法には独自のものがあり、これに対応するシス
テムが必要。

・関係各方面で全体的に関心が高まる一方で、環境未整備、模索状態であるの
で、本学会として何らかの活動を始める時期として、現時点は適当であろう。

・例えば、本学会誌論文の一部をepub化して、学会HPに掲載し、iPadなどでの
閲覧に供すれば、それなりのデモ効果があろう。

 これら議論を踏まえ、当面、長塚副会長、小川、原田各常務理事において、
本学会誌論文をサンプルとして、変換実験等を検討し、可能であればその結果
報告をフォーラムに盛り込むことにした。

3.その他

 田良島常務理事より、「現在、文化審議会文化政策部会の審議において、文
化芸術振興の重点施策のひとつとして『アーカイブの構築』がとりあげられて
おり、アート・ドキュメンテーション学会、記録管理学会等と連名にて、その
推進を応援するようなパブコメを提出してはどうか。」との提案があり、田良
島理事の文案作成後、常務理事会において、文言調整、連名パブコメの提出に
ついて審議、決定することにした。

*************************************************
◇◆後援行事ご案内◆◇
*************************************************

【関西部会後援行事「TP&Dフォーラム2010」のご案内】

 「TP&Dフォーラム2010」が下記の要領で開催されます。
 これは、情報や知識の組織化に関するフォーラムであり、発表時間と質疑応
答時間を十分に取り、熱心にディスカッションしようという趣旨で、毎年開催
されているものです(今回は第20回です)。

日時:8月20日午後〜8月21日午前
会場:からすま京都ホテル
発表:
 崔錫斗氏(韓国・漢城大学)ほか
  「情報検索におけるシソーラスを利用した多義性の解消」
 橋詰秋子氏(国立国会図書館)「日本の目録におけるFRBR」
 上田洋氏(ATR-Promotion)ほか
  「Web上の情報を利用した著者名典拠作成の自動化」

 なお、申し込み方法など、詳しくは以下のURLをご覧ください。
 http://tpd.eplang.jp/index.php?%A5%D5%A5%A9%A1%BC%A5%E9%A5%E02010

*************************************************
【国立科学博物館「核と人工物の歴史と科学」講演会のご案内】

日時: 第1回 平成22年 7月1日 (木) 13:30-17:00
第2回 平成22年 7月2日 (金) 13:30-17:00

場所: 国立科学博物館 日本館 2階講堂
〒110-8718 東京都台東区上野公園 7-20

主催: 独立行政法人 国立科学博物館

後援: 情報知識学会、日本学術会議国際サイエンスデータ分科会、
日本学術振興会原子炉材料第122委員会、日本原子力学会核燃料部会、
CODATA(国際科学会議科学技術データ委員会)

趣旨: 原子力に関する世界の動きはかつてなく速い。原子力を取り巻く国際的
な状況は予想を上回る勢いで大きく変化し、50余年の歴史で確立した
技術的な優位性も早晩キャッチアップされ、国際標準への関与や核燃料
サプライチェーンの強弱によって牽制される。核不拡散、核セキュリ
ティ、エネルギー安全保障や地球温暖化問題での国際的なレジームもダ
イナミックに変化し、国際的な枠組み作りや新規導入国との共創など、
具体的な取組を一層のスピード感をもって戦略的に強化、実行していく
必要がある。これまで蓄積した経験を緻密に分析しながら、新たな時代
を拓くための基盤の拡充を考えてみたい。

プログラム:

第1回 平成22年7月1日(木) 13:30-17:00

(1) 新しいシステム(ABWR)の国際共同開発の経験と今後への提言講演:
齊藤莊藏氏 (日立GEニュークリア・エナジー株式会社取締役会長)
(2) オーラルヒストリーと書誌分析から考える原子力の過去、現在、
未来講演:岩田修一氏 (東京大学大学院教授)

第2回 平成22年7月2日(金) 13:30-17:00
(3) 人工物の科学
講師:吉川弘之氏 (科学技術振興機構研究開発戦略センター長)
(4) 原子力の新たな国際戦略
講師:鈴木達治郎氏 (原子力委員会委員長代理)
(5) 総括

講演会にのみご参加の場合は寛永寺側(正面左手)の通用門の受付よりお入り下さい。
http://www.kahaku.go.jp/userguide/access/index.html

連絡先:岩田修一 (iwata@k.u-tokyo.ac.jp)

問い合わせ先:国立科学博物館 研究推進課
〒169-0073 東京都新宿区百人町 3-23-1 電話:03-3364-2311 (代表)

*************************************************
◇◆関連団体の行事のご案内◆◇
*************************************************

【人工知能学会 第78回 人工知能基本問題研究会 (SIG-FPAI)】

テーマ: 特集「脳科学と知識処理」および一般
日時: 7月31日(土)〜8月1日(日)
場所: 兵庫県立大学(神戸キャンパス 神戸ハーバーランドセンタービル23階)
URL: http://www.dumbo.ai.kyutech.ac.jp/sigfpai/cfp.html

*************************************************
【科学技術振興機構 第2回 JST情報活用カンファレンス】

テーマ: 「情報活用力」それは企業と未来をつなぐ架け橋

東日本セッション(東京会場)

日時:2010年7月7日 (水) 13:00〜17:00(12:30受付開始)
場所:JST東京本部【サイエンスプラザ】  B1 JSTホール

西日本セッション(大阪会場)

日時:2010年7月22日 (木) 13:00〜17:00(12:30受付開始)
場所:大阪科学技術センター【OSTEC】 8F 中ホール

URL: http://pr.jst.go.jp/conference/

*************************************************
【情報メディア学会第9回研究大会開催】

テーマ: ナビゲータとしての情報コンシェルジュ : 個別のニーズに合わせた情
報提供
日時: 7月3日(土)10:00〜17:30
場所: 東京大学 山上会館
URL: http://www.jsims.jp/kenkyu-taikai/yokoku/09.html

*************************************************
【情報科学技術協会 「第7回情報プロフェッショナルシンポジウム」】

日時: 11月18日 (木)〜19日 (金)
場所: 日本科学未来館 (東京 お台場)
URL: http://www.infosta.or.jp/symposium/infopro2010hapyobosyu.html
一般講演受付: 5月1日(土)〜6月30日(水)

*************************************************
◆◇【編集後記】◇◆
*************************************************

今月ははやぶさの帰還、ワールドカップなどなかなかにイベントの多い月で、
いつにもまして早く間に過ぎたように思われます。IT業界でも、先月末には
iPadが発売されて電子出版の話題が盛り上がりましたが、もう部屋も本で一
杯なので、国内でもたくさんの本が電子的に読めるようになってほしいもの
です。

 ご意見・ご感想は: jsik@nifty.com まで、気軽にお寄せ下さい。

             メールマガジン6月号担当: 芦野俊宏(東洋大学)
◇◆◇◆◇◆
最終更新日: 2011-01-26 (水) 11:26:22

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS