メールマガジン 63号

***************************************************************
 ☆★☆ 情報知識学会 メールマガジン ☆★☆ 2012.12.30 ☆★ No.63

 ===============================================================
  12月号 C O N T E N T S (目次)
 ===============================================================

   ◇◆第21回 年次大会開催のお知らせ◆◇
   ◇◆第21回 年次大会 発表募集のお知らせ◆◇
   ◇◆情報知識学会誌22 巻4号の寄贈プロジェクトの報告◆◇
   ◇◆情報知識学会共催行事のお知らせ◆◇
   ◇◆編集委員会からのお知らせ◆◇
   ◇◆関連団体行事のご案内◆◇
   ◇◆研究公募のお知らせ◆◇

 *************************************************
 ┌────────────────────────────────
 ◇◆第21回 年次大会開催のお知らせ◆◇
 └────────────────────────────────
 *************************************************
◇情報知識学会・第21回(2013年度)年次大会(研究報告会&総会)が開催されます。
  ◆実行委員長 大槻 明 (お茶の水女子大学)
   実行委員   松村 敦 (筑波大学)
          浅本 紀子 (お茶の水女子大学)
         笹倉 理子 (お茶の水女子大学)
         梶川 裕矢 (東京工業大学)
         村井 源 (東京工業大学)
         堀 幸雄 (香川大学)
  ◆日程: 2013 年 5 月 25 (土) - 26 (日)
  ◆会場: お茶の水女子大学 http://www.ocha.ac.jp/access/index.html
   ※大会URL: http://www.jsik.jp/?kenkyu
   ※お問い合わせは: jsik2013 (at) valdes.titech.ac.jp

 *************************************************
 ┌────────────────────────────────
 ◇◆第21回 年次大会 発表募集のお知らせ◆◇
 └────────────────────────────────
 *************************************************


◇研究報告会の発表論文を下記要領で募集いたしますので、学会員の皆様どうぞ
 奮ってご応募ください。詳しくは下記の「募集サイト」をご覧下さい:
    http://www.jsik.jp/?2013cfp

 ◆1. 募集分野
  (1) 情報知識の構造解析、モデル化、可視化、知識発見
  (2) 情報・知識の表現、生産、組織化、検索、提供
  (3) 電子出版、電子図書館
  (4) マルチメディア、電子ミュージアム
  (5) 用語、シソーラス
  (6) 知識情報の流通と知的所有権
  (7) 専門分野における情報の品質管理、基準化
  (8) インターネット、セマンティクウエブ、Web x.0 など
  (9) その他情報知識学に関連する諸研究・開発

 ◆2.応募方法
   * 登録方法:登録フォームから必要情報を登録:http://tinyurl.com/a77x5hf
   * 応募期限: 2013 年 3 月 8 日 (金)
   * 採択可否通知: 2013 年 3 月 15 日 (金)
   * 原稿提出期限: 2013 年 4 月 19 日 (金)

 ◆3.論文執筆・発表について
   1. 原稿の体裁は、学会誌の論文執筆要領に準拠してください。論文種別欄
    は第 21 回年次大会予稿」となります。
   2. 発表時間は質疑応答を含めて30分です。論文提出がないと発表できません。
   3. 登壇発表者は当学会員に限ります。当日入会も可能です。
   4. 本論文も WEB 上での提出を予定しています。具体的な方法は採否決定時
    に改めて連絡いたします。
   5. 予稿原稿ページ数は6ページ以内を基本とします.超過した場合は、
     2ページ単位で 2,000 円ずつ超過料金が発生します.
     (例: 超過 1〜2ページ 2,000円、超過 3〜4ページ 4,000円)

  ◆4.お問い合わせ先
   * 〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1
   * お茶の水女子大学 リーダーシップ養成教育研究センター内
   * 第 21 回 (2013 年度) 情報知識学会 年次大会実行委員会
   * Tel:03-5978-5698(極力メールでお問い合わせください)
   * E-mail:jsik2013 (at) valdes.titech.ac.jp{(at)を@に変えて前後の
  スペースを削除ください。}

 *************************************************
 ┌────────────────────────────────
 ◇◆情報知識学会誌22 巻4号の寄贈プロジェクトの報告◆◇
 └────────────────────────────────
 *************************************************

2012年11月4日(日)に開催された第17回情報知識学フォーラム「震災の
記憶・記録とアーカイブズ」の予稿集(情報知識学会誌22巻4号)84部を、
東日本大震災関連の図書を収集している宮城県、福島県、岩手県の公共図書
館や大学図書館に寄贈しました。また、阪神淡路大震災関連の資料の収集を
行っている神戸大学の震災文庫へも寄贈しました。
2012年12月8日(土)に、各大学図書館と、市町村立図書館のとりまとめを
されている各県立図書館へ無事発送を終えることができました。

この取り組みは、各図書館の寄贈の要望をとりまとめてくださったsaveMLAK、
宮城県図書館、福島県立図書館、岩手県立図書館の方々の協力によって実現
しました。本当にありがとうございました。

情報知識学会は「震災記録を図書館に」キャンペーンに参加しています※。
今回のこの活動もその一助になればとの思いですすめました。

寄贈された学会誌は、図書館の震災コーナーへの展示や、防災研究に資する
未来への記録・記憶として保存、利用に供されます。本フォーラムの主旨に
かなう貢献となれば幸いです。
※参考:メールマガジン 56号、「情報知識学会誌 Vol. 22 No.2(May.2012)
 pp.162」

(情報知識学フォーラム 実行委員 江草由佳)

 *************************************************
 ┌────────────────────────────────
 ◇◆情報知識学会共催行事のお知らせ◆◇
 └────────────────────────────────
 *************************************************

第2回「知識・芸術・文化情報学研究会」 開催案内

日時:2013年2月9日(土) 13:30受付開始
会場:立命館大学大阪キャンパス(大阪梅田駅前)多目的室
〒530-0018 大阪市北区小松原町2-4 大阪富国生命ビル5階
アクセス:http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_office_osaka_j.html

主催:知識・芸術・文化情報学研究会
共催:情報知識学会関西部会、アート・ドキュメンテーション学会関西地区部会
協力:立命館大学「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ」拠点

13:30 受付開始
13:45 開会挨拶
14:00 発表1 「計量文献学の観点から西鶴遺稿集の検討」
上阪彩香(同志社大学文化情報学研究科M2)
14:25 発表2 「ユーザ種別と閲覧時間を考慮したWeb情報探索の行動特性調査」
遠藤淳一(和歌山大学大学院システム工学研究科M1)
14:50 発表3 「メディアに記録される文書の集合に着目したコンテンツデータ
ベースシステム」
原悠也(和歌山大学大学院システム工学研究科M2)
15:15 発表4「全文検索エンジン選定支援システムの構築‐検索精度を中心に‐」
河中健馬(和歌山大学大学院システム工学研究科M2)
15:40 休憩

15:50 発表5 「役者評判記自動索引ツールの開発による研究効率の改善」
山路正憲(立命館大学衣笠総合研究機構RA)
16:15 発表6 「板木デジタルアーカイブを核とした近世出版総合デジタル
アーカイブの構想」
金子貴昭(立命館大学衣笠総合研究機構PD)
16:40 発表7 「モーションキャプチャ利用による無形文化財(日本舞踊)の
継承支援について」
丸茂美惠子*・川上央*・小沢徹*・三戸勇気*・西川箕乃助*・篠田之孝**
*=日本大学芸術学部、**=日本大学理工学部
17:05 閉会挨拶
17:45 懇親会

参加申し込み方法:
2013年2月2日(土)までに、氏名・所属を明記の上、
kacimeeting2013@gmail.com宛に電子メールで申し込むこと。
研究会参加費:500円
※研究発表会後に懇親会を予定しています。大学や分野の枠を超えた交流の場
にしたいと思いますので、奮ってご参加ください。(懇親会費予定:一般6000円、
学生4000円)

 *************************************************
 ┌────────────────────────────────
 ◇◆編集委員会からのお知らせ◆◇
 └────────────────────────────────
 *************************************************

Vol.22 No.4、フォーラム「震災の記憶・記録とアーカイブズ」特集号を間もなく
J-Stageで公開致します。災害の記憶を伝えるアーカイブのプロジェクトを俯瞰
する充実した内容になったと思います。Vol.23 No.1 は 2013年2月末 に刊行予定
ですので、掲載を希望される原稿がありましたら2013年1月末までにお送り下さい。

 *************************************************
 ┌────────────────────────────────
 ◇◆関連団体行事等のご案内◆◇
 └────────────────────────────────
 *************************************************

◆第44回ディジタル図書館ワークショップ 発表募集◆

第44回ディジタル図書館ワークショップの発表を以下の要領で募集いたします。
今回は、デジタルアーカイブ支援ネットワーク(Digital Archive Network: DAN)
の構築を目指した知識の共有・意見交換のための第2回DANワークショプも同時
に 開催いたします。ふるってご応募ください。

 日 程:平成25年3月14日(木)
 会 場:九州大学 箱崎キャンパス 附属図書館新館4階 視聴覚ホール
     (〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1)
   http://www.lib.kyushu-u.ac.jp/libinf/central/central_loc.html
 参加費:無料
 主 催:総務省、筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター、
     九州大学附属図書館(予定)

 発表申込締切:平成25年2月1日(金)
 論文締切: 平成25年2月25日(月)

 発表申込方法
 発表題目,発表者名(登壇者に○),所属,概要(50字程度),
 発表申込者連絡先(住所,氏名,Tel,E-mail)を明記の上,
 照会先までE-mailでお申し込みください.
 E-mailには返信いたしますので,返信のない場合はご連絡ください.

 発表論文は冊子体版、WWW版の両方で発行している「ディジタル図書館(no.44)」
 に収録し、出版いたします。これまでのワークショップ等につきましては
    http://www.dl.slis.tsukuba.ac.jp/ をご参照ください。
 また、発表募集に関する最新情報は
    http://www.dl.slis.tsukuba.ac.jp/DLworkshop/DLW-program.html
 をご参照ください。

 照会先:
 永森光晴(筑波大学図書館情報メディア系)
 E-mail: nagamori AT slis.tsukuba.ac.jp
         (お手数ですが「 AT 」の部分は手で「@」に置換願います。)
 Phone: 029-859-1351  Fax: 029-859-1093

 *************************************************
 ┌────────────────────────────────
 ◇◆研究公募のお知らせ◆◇
 └────────────────────────────────
 *************************************************

◆NHKアーカイブス学術利用 「トライアル研究供廖峇慇哨肇薀ぅ▲覘供
   第2期研究募集(平成25年1月8日締切)◆

NHKでは、大学等の研究者にNHKアーカイブスの保存コンテンツの研究利用
をしていただく試行運用への参加者を募集しています。公募に採択された方には、
「トライアル研究供廚錬裡硲縫◆璽イブス(川口)で、「関西トライアル供廚
NHK大阪放送局で、番組やニュースコンテンツを研究用に閲覧していただきます。

○閲覧時期    平成25年4月〜9月の間
○公募対象者  大学または公的研究所に所属する教員・研究者、大学院生の方
○募集期間   平成24年11月12日〜平成25年1月8日
○募集研究数  トライアル研究8件程度、関西トライアル4件程度
○応募希望の方は、事前の「応募相談」に原則ご参加いただきます。

詳しくはNHKトライアル研究のHPをご覧下さい。
   http://www.nhk.or.jp/archives/academic/

 *************************************************


 ☆★……………………………………………………………………………☆★
 編集後記

今年も残り数日です。個人的には研究の中での思いがけない発見や人との出会い
もあり、それなりに印象深い1年でした。昨年の震災以来先行きが見えづらく、
難しい時代になりましたが、あまり右往左往せずにできるだけ確かな情報をつかみ、
新たな発見・知識を世に問うのが任務と考えて、仕事をしてゆきたいものです。
来る年が皆様にとって実り多いものでありますように。
    ご意見、ご感想の宛先: jsik@nifty.com
              (メールマガジン 12月号 担当: 田良島 哲)
 ☆★……………………………………………………………………………☆★
最終更新日: 2012-12-31 (月) 18:10:08

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS