メールマガジン 68 号

***************************************************************
★☆ 情報知識学会 メールマガジン ☆★☆ 2013.5.21 ☆★ No.68
==============================================================
 5月号 C O N T E N T S (目次)
==============================================================

 ◇◆平成25年度第1回理事会・議事要旨◆◇
 ◇◆第21回 年次大会開催のお知らせ(最終ご案内)◆◇
 ◇◆第10回情報知識学会論文賞・表彰式・記念講演のお知らせ◆◇
 ◇◆情報知識学会フォーラムのお知らせ◆◇
 ◇◆後援行事のご案内◆◇
 【2013年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会・シンポジウム】
      6 月1日(土)・ 6 月2 日(日)
   金沢21 世紀美術館 B1F シアター21 / 金沢美術工芸大学
 ◇◆関連行事のご案内◆◇
 【国立情報学研究所 オープンハウス2013】
   6月14日(金)・15日(土) 学術総合センター
 【NHKアーカイブス学術利用「トライアル研究供廖峇慇哨肇薀ぅ▲覘供廖
   第3期研究募集(平成25年7月9日締切)
 ◇◆会員からの情報◆◇
 【XML/JATS 入門セミナのご案内】
   6月13日 (木)ベルサール九段 ROOM 3

==============================================================
**************************************************************
┌──────────────────────────────
◇◆平成25年度第1回理事会・議事要旨◆◇
└──────────────────────────────
**************************************************************
◆理事会の開催報告◆

◆情報知識学会 平成25年度 第1回理事会議事要旨
 ◇日時:2013年5月7日(火) 17:30−20:10
 ◇場所:凸版印刷(株)内
 ◇出席:石塚、原田、江草、岡本、小川、田良島、根岸、大槻、長田、
  孫、堀、村井、細野、山本(毅)
 ◇議事:
 1.平成24年度事業報告・決算報告
 事務局から資料に基づいて報告があり、了承された。
 2.平成25年度事業計画・予算(案)
 事務局から資料に基づいて説明があり、了承された。
 3.第21回(2013年度)年次大会について
 大槻実行委員長から資料に基づいて現状報告があり、了承された。
 4.メールマガジン月別担当予定
 メールマガジン編集長の岡本常務理事から資料に基づいて提案があり、
 基本的に了承された。岡本常務理事から各月の担当候補者に依頼がある。
 5.第18回情報知識学フォーラムについて
 第17回のフォーラム実行委員長の梶川理事の推薦により、堀理事に
 実行委員長を依頼する提案があり、満場一致で承認された。
 6.平成26・27年度役員選挙管理委員会について
 25年度は役員選挙を行う年度であることから、まず選挙管理委員長の
 人選を行い、次いで委員長が委員の人選を行うこととした。規定により
 同委員長は役員以外の会員から選ぶ必要があるため、委員長候補者を
 会長が検討して、提案することとした。
 7.平成25年度総会
 総会資料案が説明され、了承された。24年度事業報告・決算報告は
 原田副会長が、24年度監査結果報告は細野監事が報告することとした。
 25年度事業計画と予算案は長塚副会長が説明することとした。なお、
 永年会員表彰対象者のリストを総会資料に付けることとした。
 8.永年会員表彰式次第
 5月26日13時からの論文賞表彰式・記念講演の後に永年会員表彰式を
 行うこと、表彰者挨拶を行うこととした。
 9.論文賞について
 論文賞推薦委員会委員長の長塚副会長から5月10日に委員会を開催して
 論文賞受賞者を決める旨の連絡があったことが紹介された。
 10.次回理事会
 平成25年5月25日12:30から、お茶ノ水女子大学にて開催予定。


**************************************************************
┌──────────────────────────────
◇◆第21回 年次大会開催のお知らせ(最終ご案内)◆◇
└──────────────────────────────
**************************************************************
◇情報知識学会・第21回(2013年度)年次大会(研究報告会&総会)が
 開催されます。皆様のご参加をお待ちしております。

 ◆日 程: 2013年5月25(土) - 26(日)
 ◆会 場: お茶の水女子大学
     http://www.ocha.ac.jp/access/campusmap_l.html#no2
     地図上の Αゞδ鵡峙租2号館101、102、201
          【重要】お茶大への入構には身分証明書が必要ですので、
           当日は必ずご持参くださるようお願いいたします。
 ◆参加費: 無料
 ◆資料代: 会員無料、一般非会員3,000円、学生非会員1,000円
 ◆情報交流会参加費(予定):2,000 円 (学生無料)
 ◆プログラム: http://www.jsik.jp/?2013program
  今大会では、以下のとおり「地籍情報シンポ」や「学生セッション」も
  行われます。
 ◆シンポジウム「東北大震災と地籍情報」:
http://www.jsik.jp/?plugin=attach&refer=kenkyu&openfile=JSIK21sympo.pdf
 ◆学生セッション: 26日午前に学生セッションを実施する予定です。
  またこのセッションにおいて「学生奨励賞」の授与を予定しております。
  ※大会URL: http://www.jsik.jp/?kenkyu
  ※お問い合わせ先:
   * 〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1
   * 東京工業大学 大学情報活用センター内
   * 第 21 回 (2013 年度) 情報知識学会 年次大会実行委員会
   * E-Mail:jsik2013@valdes.titech.ac.jp


**************************************************************
┌──────────────────────────────
◇◆第10回情報知識学会論文賞・表彰式・記念講演のお知らせ◆◇
└──────────────────────────────
**************************************************************
【第 10 回(2013)情報知識学会論文賞】
◇論文賞会員投票への参加のお礼と表彰式・記念講演への参加のお願い◇

 論文賞投票に多数の会員の方がご参加いただきありがとうございました。

 ◆5月10日に論文賞推薦委員会(長塚,根岸,田良島,芦野)が開催され、
 会員の皆様からの投票の結果に基づき、論文賞の受賞者が決定致しました。
 ◆論文賞の受賞者の発表・表彰式・記念講演は、
  5月26日(日)13:00から
 年次大会と同じ会場で行いますので、ぜひ、ご参加ください。

             (論文賞推薦委員会委員長 長塚 隆)

**************************************************************
┌──────────────────────────────
◇◆情報知識学会フォーラムのお知らせ◆◇
└──────────────────────────────
**************************************************************
◇2013 年秋に開催予定の第 18 回情報知識学フォーラムについては、
 いまのところ関西地域での開催を予定しております。

 ◆今後、日時、会場、テーマ、講演者等が決まりましたら、Webや
 メールマガジンでご連絡いたしますのでよろしくお願いいたします。

          第 18 回情報知識学フォーラム 実行委員長:
             堀 幸雄(香川大学総合情報センター)

**************************************************************
┌──────────────────────────────
◇◆後援行事のご案内◆◇
└──────────────────────────────
**************************************************************
【2013年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会・シンポジウム】
◇「近現代日本工芸・デザイン史のドキュメンテーション」
 および研究発表会・総会のご案内  (情報知識学会・後援行事)◇

 ◆主 催:アート・ドキュメンテーション学会(JADS)
 ◆共 催:金沢美術工芸大学 / 金沢21世紀美術館
  ◆後 援:遍プロジェクト/ 意匠学会/記録管理学会/ 情報処理学会
  CH研究会/情報知識学会/ 日本アーカイブズ学会/日本デザイン学会/
  日本ミュージアム・マネージメント学会
 ◆日 時:2013 年6 月1 日(土) - 6 月2 日(日)
 ◆会 場:金沢21 世紀美術館 B1F シアター21 / 金沢美術工芸大学 
     視聴覚教室(本館棟2階)
     金沢工業大学扇が丘キャンパスアクセス:
     http://www.kanazawa-it.ac.jp/about_kit/ogigaoka.html
  ※一般公開 参加費無料(資料代:会員 ¥1,000 / 非会員 ¥2,000)

◇趣 旨◇ 工芸・デザインをいかにドキュメンテーションするか
〜この課題に正面から向きあうことは、アート・ドキュメンテーション学会
の20 余年の歴史においても欠けていた作業でした。
一点もの、タブローを主軸に考えがちなアート・ドキュメンテーションから
脱して、工芸・デザインのためのドキュメンテーションがあるならば、その
際だった特性とは何か、をまず考え直したいと思います。
 その特性とは、例えば、プロダクトの複数性であり、共同体的共作行為に
おける作者の複数性があるでしょう。平行して存在するのが、作者の覆面性
であり無名性と言っても良いかもしれません。タブローとデッサンとの二項
対立をはるかに越える制作過程の重層性と、それに伴って多くの局面において
生み出される予備的プロダクトの数々。そもそも何をもって作品とするかの
問い、それ自体が大きな課題として存在しています。
今回、2010-2012年度の3年度におよんだ金沢美術工芸大学による科研「近代
日本工芸・デザイン史基礎資料の総合的調査研究」の成果を踏まえ、地場産
業としても工芸・デザインの盛んな金沢の地で、しかもグラフィック・デザ
イナーにしてジャンルを横断して活躍した粟津潔の一大コレクションを所蔵し、
アート・ドキュメンテーションに積極的に取り組む金沢21世紀美術館におい
て、「近現代日本工芸・デザイン史のドキュメンテーション」をテーマに、
シンポジウムを開催することの意義は、大きく深いものでありましょう。

  ※プログラムの詳細は下記をご覧下さい:
   http://www.jads.org/news/2013/20130601.html


**************************************************************
┌──────────────────────────────
◇◆関連行事のご案内◆◇
└──────────────────────────────
**************************************************************
☆★………………………………………………………………………☆★
【国立情報学研究所 オープンハウス2013】
◇「未来を紡ぐ情報学−新しい価値の創成へ」◇

 ◆日 程:2013年6月14日(金)・15日(土) 入場無料
 ◆会 場:学術総合センター(千代田区一ツ橋2-1-2)
  ※詳細はこちら: http://www.nii.ac.jp/openhouse/ 
  ※申し込みフォーム:https://ez-entry.jp/nii/entry/

 ◆講演・ミニレクチャー・ワークショップ
 < 6月14日(金)>
 ○基調講演
「フカシギの数え方」−組合せ爆発に立ち向かう最先端アルゴリズム技術
 ・湊 真一(北海道大学教授・JSTERATO湊離散構造処理系プロジェクト
  研究総括)
 ○基調講演
テレビを通して社会を見る
 −大規模放送映像アーカイブの解析による社会分析の挑戦
 ・佐藤 真一(NII 教授)
 ______________
 < 6月15日(土)>
 ○基調講演
 Design Everything by Yourself 〜創造力を引き出すインタラクション〜
 ・五十嵐 健夫(東京大学 教授)
 ○基調講演
 ロボットは井戸端会議に入れるか
 ・坊農 真弓(NII 助教)
 ○ミニレクチャー
 「図書館は宝箱」「ウェブ検索のいま、これから」「正しく動くゲームの
 作り方」「インターネットの仕組みと怖い話」「意外に身近なスーパーコ
 ンピュータ」「セキュリティ講座:みんなのパスワードは本当に大丈夫?」
 ○ワークショップ
 「個人情報を守る!プライバシーバイザー」

 ◆ポスター展示
 オープンハウスでは、人工頭脳やロボット、学術情報の流通を支えるネット
 ワーク、量子コンピュータなど幅広い分野にわたる最先端の「情報学」の
 研究成果や活動を広く公開します。展示会場では、約100のポスター展示
 やデモ、プレゼンテーションを実施します。

☆★………………………………………………………………………☆★
【NHKアーカイブス学術利用「トライアル研究供廖峇慇哨肇薀ぅ▲覘供廖
◇第3期研究募集(平成25年7月9日締切)◇
 ◆NHKでは、大学等の研究者にNHKアーカイブスの保存コンテンツ
 の研究 利用をしていただく試行運用への参加者を募集しています。
  公募に採択された方には「トライアル研究供廚錬裡硲縫◆璽イブス
 (川口)で「関西トライアル供廚NHK大阪放送局で、番組やニュース
 コンテンツを研究用に閲覧して頂きます。
 ・閲覧時期: 平成25年10月〜平成26年3月の間
 ・公募対象者:大学または公的研究所に所属する教員・研究者、大学
        院生の方
 ・募集期間: 平成25年5月15日〜平成25年7月9日
 ・募集研究数:トライアル研究8件程度、関西トライアル4件程度
 ・応募希望の方は、事前の「応募相談」に原則ご参加いただきます。
  ※詳しくはNHKトライアル研究のHPをご覧下さい:
  http://www.nhk.or.jp/archives/academic/


**************************************************************
┌──────────────────────────────
◇◆会員からの情報◆◇
└──────────────────────────────
**************************************************************
【XML/JATS 入門セミナのご案内】
◇学術情報 XML 推進協議会 JATS 分科会主催◇
 ◆電子ジャーナルや電子書籍などの学術出版において、欧米ではXMLに
 よる編集・出版・流通が標準となっております。
 XMLでの電子ジャーナル作成・電子書籍作成を考えている出版者・学会・
 印刷会社の方々に、XMLの基礎と、学術出版のXML基準であるJATS の
 基礎を解説します。
 ◆日時: 2013年6月13日 (木) 15:00-17:00
 ◆場所: ベルサール九段 ROOM 3
  〒102-0073 東京都千代田区九段北1-8-10住友不動産九段ビル4F
        http://www.tokyoipo.com/event/map/kudan2.html
 ◆内容: XML と JATS の基礎
 ◆講師: 時実 象一 (愛知大学文学部教授)
 ◆定員: 30名
  ※参加費:
   学術情報 XML 推進協議会会員は無料、非会員は10,000円
  ※参加申込: http://p.tl/U60v からお願いいたします。
  ※受付メールが受講票となりますので、印刷してお持ちください。
  ※お問い合わせ先:  
    学術情報 XML 推進協議会事務局 office@sxpa.jp

  ☆★ 時実象一理事からの情報です☆★

==============================================================
☆★……………………………………………………………………………☆★
編集後記
 今週末は2013年度の年次大会です。今年は学生セッションという新しい
企画が始まります。次代を担う若い力を応援し、これからの発展を多くの
目で見守って行ければ、こんな嬉しいことはありません。
 沢山の会員の皆様のご参加とご協力を、どうかよろしくお願い致します。
 
 ご意見ご連絡の宛先: jsik@nifty.com
 メールマガジン編集長: 岡本由起子
☆★……………………………………………………………………………☆★
最終更新日: 2013-05-21 (火) 17:41:14

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS