メールマガジン 69 号

**************************************************************
☆★☆ 情報知識学会 メールマガジン ☆★☆ 2013. 6.26 ☆★ No.69

==============================================================
 6 月号 C O N T E N T S (目次)
==============================================================

 ◇◆情報知識学会第21回年次大会報告◆◇
 ◇◆第10回(2013)論文賞授賞式と受賞記念講演の報告◆◇
 ◇◆第2回永年会員表彰式の報告◆◇
 ◇◆第18回情報知識学フォーラムのお知らせ◆◇
 ◇◆学会誌編集委員会から◆◇
 ◇◆関連行事のご案内◆◇
   ・講演会「PMC 登載と XML 作成」(仮題)のご案内
 ◇◆会員からの情報◆◇
   ・SocInfo2013 の論文募集について

**************************************************************
┌──────────────────────────────
◇◆情報知識学会第21回年次大会報告◆◇
└──────────────────────────────
**************************************************************

 本年度の年次大会は5月25日(土)と26日(日)の2日間、お茶の水
女子大学にて開催されました。教育支援システム、データベース、
メディアなどを中心に、幅広い内容で計29件の発表があり、170名を
超える方に会場にお越しいただきました。件数の多さに加えて、
9件(30%以上)の発表者が女性だった点も、今回の大会の特色となっ
ています。
 発表は「一般セッション」と「学生セッション」に分かれて実施し
ました。学生セッションは初の試みで、学生の研究活動を奨励するこ
とを目的として開催しました。10件の発表に対して厳正な審査を行い、
堀智彰(筑波大)および遠藤淳一(和歌山大)の2氏を学生奨励賞に
選出しました。また論文賞表彰式および受賞者の秋元良仁氏による
記念講演と、会員期間15年以上の会員を対象に永年会員表彰式も行わ
れました。
 初日の午後にはシンポジウム「東北大震災と地籍情報」を開催しま
した。土地家屋調査士会の先生による基調講演2件、技術的アプローチ
に基づく招待講演4件のあと、パネルディスカッションを実施し、
地籍情報の重要性を再認識するとともに、今後の可能性について討議
しました。
 来年度も活気のある大会にしたいと考えていますので、皆様、
ぜひ奮ってご参加くださいますようお願いします。

○学生セッションの様子 http://www.jsik.jp/?20130525#j1ffce18
○シンポジウムの様子 http://www.jsik.jp/?20130525#wff2cc9e
○表彰式の様子 http://www.jsik.jp/?20130525#sf1e3970

第21回年次大会実行委員長 大槻 明(東京工業大学)

**************************************************************
┌──────────────────────────────
◇◆第10回情報知識学会論文賞の発表と表彰式・記念講演◆◇
└──────────────────────────────
**************************************************************

5月25-26日に開催された年次大会で、第 10 回(2013)情報知識学会
論文賞の受賞者(秋元 良仁氏, 亀山 渉氏)が発表され、表彰式およ
び秋元 良仁氏による記念講演が行われました。

情報知識学会 第10回(2013)論文賞論文:
秋元 良仁, 亀山 渉:“分散的な異なるスキーマに対応したMuseum
メタデータ記述言語”, 情報知識学会誌,Vol. 22, No. 1, pp. 9-22,
2012.

            (論文賞推薦委員会委員長 長塚 隆)

**************************************************************
┌──────────────────────────────
◇◆第2回永年会員表彰式の報告◆◇
└──────────────────────────────
**************************************************************

◆永年会員表彰式◆

 昨年に続いて、第2回の永年会員表彰式が年次大会の2日目、
5月26日(日)に予定どおり実施されました。
対象者は会員期間15年以上の会員50名で、その氏名は25日(土)の総会
で発表されたとおりです。
 表彰式に出席されなかった方には後日、表彰状が郵送にて届けられ
ました。永年会員の方々の本学会への長年のご支援に御礼申し上げま
すとともに、今後とも本学会をご支援くださいますよう何卒宜しく
お願いいたします。

**************************************************************
┌──────────────────────────────
◇◆第18回情報知識学フォーラムのお知らせ◆◇
└──────────────────────────────
**************************************************************

◇2013 年秋に開催予定の第 18 回情報知識学フォーラムについては、
 いまのところ関西地域での開催を予定しております。

◆今後、日時、会場、テーマ、講演者等が決まりましたら、Webや
 メールマガジンでご連絡いたしますのでよろしくお願いいたします。

          第 18 回情報知識学フォーラム 実行委員長:
             堀 幸雄(香川大学総合情報センター)

**************************************************************
┌──────────────────────────────
◇◆学会誌編集委員会から◆◇
└──────────────────────────────
**************************************************************

5月には第21回年次大会特集号として第23巻2号を発行いたしました。
大会実行委員会のご尽力により、多数の発表が集まり、200ページを
超える厚さとなりました。
現在、J-Stageでの公開に向けての作業を行なっており、6月中には
公開できる予定です。この後、第23巻3号は通常の論文誌として10月
初めに発行予定です。査読を要しない、書評などの原稿はまだ間に
合いますのでご寄稿をお願いいたします。

**************************************************************
┌──────────────────────────────
◇◆関連行事のご案内◆◇
└──────────────────────────────
**************************************************************

☆★………………………………………………………………………☆★
◆講演会「PMC 登載と XML 作成」(仮題)のご案内◆

 学術雑誌をXMLで作成することにより、米国国立医学図書館が運営
するPMC (旧 PubMed Central) への登載など、さまざまな可能性が広
がります。今回はこの PMC への登載を中心に、登載学会等の経験を
お話いただきます。

■日時  2013年7月30日 (火) 14:30-17:00
■場所 科学技術振興機構 (JST) 四番町 B1 大会議室
■主催 学術情報XML推進協議会 (XSPA)
■共催 独立行政法人 科学技術振興機構 (JST)
■協賛 日本医学雑誌編集者会議 (JAMJE)

■講演内容
オープンアクセスジャーナルとしてのPMC
XMLの応用例としてのPMC変換
論文XML化およびPMCとの連携に向けて、J-STAGEの状況
医学系学術誌 PMC 登載の経験
PMC掲載雑誌 XML編集の実際
(講演タイトル等は変更することがあります)

■申し込み先  http://p.tl/U60v
■お問い合わせ office@sxpa.jp
■参加費 無料
■詳細は http://xspa.jp/events/20130730koenkai.html

☆★………………………………………………………………………☆★

**************************************************************
┌──────────────────────────────
◇◆会員からの情報◆◇
└──────────────────────────────
**************************************************************

☆★………………………………………………………………………☆★
Call for Papers:

The Fifth International Conference on Social Informatics
(SocInfo2013) co-located with WebDB Forum 2013

25-27 November 2013, Kyoto University

http://www.socinfo2013.org

--------------------------------------------------------------
The Fifth International Conference on Social Informatics
(SocInfo2013) is an interdisciplinary venue for researchers
from informatics and the social & management sciences to come
together to share ideas and opinions, and to present original
research work. The goal is to create an opportunity for the
dissemination of knowledge between the two communities, as
well as to enable mutual critical discussion of current
research.

The conference solicits original research and experience-based
case study papers, as well as proposals for posters and
demonstrations. It welcomes interdisciplinary papers on
methods  from the social sciences in the study of information
systems,  applying information technology in the study of
social  phenomena, or applying social concepts in the design
of  information systems.

Detailed research topics of interest for this conference
include, but are not limited to:

- Computational models of social phenomena and social
simulation
- Social networks and communities: discovery, evolution,
analysis, and applications
- Mining social big data
- Social behavior modeling
- Social Influence and diffusion models of social influence
- Web mining and its social interpretations
- Security, privacy, trust, reputation, and incentive issues
- Credibility of online content
- Opinion mining and social media analytics
- Design and analysis of Web2.0 applications (social or
collaborative Web applications)
- Algorithms and protocols inspired by human societies
- Mechanisms for providing fairness in information systems
- Social choice mechanisms in the e-society
- Recommendation systems
- Social applications of the semantic Web
- Social system design and architectures
- Virtual communities (e.g., open-source, multiplayer
gaming, etc.)
- Impact of technology on socio-economic, security, defense
aspects
- Visualization of dynamic social networks
- Social Interactions and Collaboration
- Socio-economic Systems and Applications
- Social Informatics Theory
- Intelligence and Social Cognition
- Temporal characteristics of social media and social
interactions
- Real-time analysis and visualization of social phenomena
- Evaluating sociability of applications

Submissions should be original and should be submitted in
English in pdf format via the submission system:
https://www.easychair.org/conferences/?conf=socinfo2013
The length of the research papers should not exceed 14
pages,  while the demonstration submissions should be no
longer than 6 pages (tentative). As in the previous years,
the accepted papers (research and demonstration) will
appear in Springer's  Lecture Note Series in Computer
Science. Some of the research paper submissions can be
accepted as short papers based on the decision of the
Program Committee. More details on the conference and
submission guidelines can be found at the conference
website.



Important dates:
----------------
Research Papers:
- Research paper submission: July 25, 2013 (tentative)
- Notification of acceptance: August 25, 2013 (tentative)
- Submission of final version: September 25, 2013
 (tentative)

Demonstration Papers:
- Demo submission: July 25, 2013 (tentative)
- Notification of acceptance: August 25, 2013 (tentative)
- Submission of final version: September 25, 2013
(tentative)

Tutorial/Workshops Proposals:
- Tutorial/workshop proposals due: July 1, 2013 (tentative)
- Tutorial/workshop notification: July 5, 2013 (tentative)

Conference:
November 25-27, 2013

Organizing Committee:
----------------

General Co-Chairs:
-  Katsumi Tanaka (Kyoto University, Japan)
-  Andrew Flanagin (University of California, Santa
Barbara, USA)

Program Co-Chairs:
-  Ee Peng Lim (Singapore Management University,
Singapore)
-  Adam Jatowt (Kyoto University, Japan)
-  Ying Ding (Indiana University, Bloomington, USA)
-  Asako Miura (Kwansei Gakuin University, Japan)
-  Keishi Tajima (Kyoto University, Japan)

Workshop/Tutorial Co-Chairs:
-  Akiyo Nadamoto (Konan University, Japan)
-  Jochen Leidner (Thomson Reuters, Switzerland)

Demo Co-Chairs:
-  Taro Tezuka (Tsukuba University, Japan)
-  Gael Dias (University of Low Normandy in Caen, France)

Publicity Co-Chairs:
-  Yoshinori Hijikata (Osaka University, Japan)
-  Antoine Doucet (University of Low Normandy in Caen,
France)
-  Ricardo Campos (Polytechnic Institute of Tomar,
Portugal)

Treasurers:
-  Chair: Kazutoshi Sumiya (Hyogo University, Japan)
-  Hiroaki Ohshima (Kyoto University, Japan)
-  Daisuke Kitayama (Kogakuin University, Japan)

Web Chair:
-  Makoto P. Kato (Kyoto University, Japan)

Local Arrangement Co-Chairs:
-  Takehiro Yamamoto (Kyoto University, Japan)
-  Toshiyaki Shimizu (Kyoto University, Japan)

☆★………………………………………………………………………☆★
編集後記

 お陰様で、第21回 年次大会 (5/25-26)は、170名以上の方に
 ご参加いただき、盛会のうちに終了することが出来ました。
 実行委員会を代表して改めて御礼を申し上げます。
 近く、第19回情報知識学フォーラムが開催される予定ですので、
 皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

 ご感想の宛先: jsik@nifty.com

        (メールマガジン 6月号 担当: 大槻 明)
最終更新日: 2013-06-26 (水) 22:40:15

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS