メールマガジン 93号

◇◆☆ 情報知識学会 メ−ルマガジン ☆◆◇ 2015.9.30 ☆ No.93
_________________________________

      9月号 C O N T E N T S(目次)
_________________________________
_________________________________

◇◆ 平成27年度第4回・第5回常務理事会議事概要 ◆◇
◇◆ 情報知識学フォーラム 開催予告 ◆◇
◇◆ 学会誌編集委員会より ◆◇
◇◆ 部会からのお知らせ ◆◇
   【シニア情報知識学研究部会・卓話会 開催案内(10月2日)】
◇◆ 後援行事のご案内 ◆◇
    【JATS-Con Asia 国際会議(10月19日)】
◇◆ 事務局からのお知らせ(再掲載) ◆◇

******************************************************************
┌─────────────────────────────
◇◆ 平成27年度 第4回・第5回常務理事会議事概要 ◆◇
└─────────────────────────────
第4回・第5回常務理事会では、他学会、他団体から届いたシンポジウム、
国際会議の後援依頼を審議して後援を決定しました。
審議形式は常務理事会の全構成者(順不同):石塚、長塚、原田、芦野、
岩田、江草、岡本、小川、田良島、根岸を対象とするメールによる持回り
審議を採用した。

◇第4回常務理事会
発議日:2015年7月13日
議事:情報知識学会「人文科学とコンピュータシンポジウム」の後援依頼
・日程:日程 2015年12月19日(土)〜20日(日)
・会場:同志社大学京田辺校地(京都府京田辺市)
本学会は例年、同シンポジウムを後援していることから、審議の結果、
今年も後援することに異議なく、8月21日付にて後援を決定した。

◇第5回常務理事会
発議日:2015年8月23日
議事:「JATS-Con Asia国際会議」の後援依頼
・主題:アジア地域における学術出版におけるXMLおよびJATS利用
(注:JATSはJournal Article Tag Suiteの頭字語でJ-STAGEで採用)
・主催:科学技術振興機構、学術情報XML推進協議会
・日程:2015年10月19日(月)
・会場:科学技術振興機構 東京本部(東京都千代田区)
会長から、上述の国際会議を後援する提案が次のとおりあった。
後援する理由は、国際会議の主題は本学会に関係が深いためであり、具体
的には、情報知識学フォーラムで2年続けて、電子図書をテーマとしてい
ること、同フォーラムの旧称はSGML/XMLフォーラムであること、本学会の
学会誌の創刊号は日本の学術雑誌としては最初のSGML電子出版で、凸版
印刷(株)のご尽力の賜物であったことが挙げられた。
この提案には賛成意見が相次ぎ、8月27日を以って、異議なく承認された。
**************************************************************
┌────────────────────────────────
◇◆ 情報知識学フォーラム 開催予告 ◆◇
└────────────────────────────────
第20回情報知識学フォーラムは、下記の要領で開催の
準備を進めております。

日程:2015年12月12日(土)
会場:京都市・同志社大学
テーマ「地域情報学における知識情報基盤の構築と活用」(仮題)
*Linked Open Data、空間情報学、時間情報学、データマイニング
などの課題について6名の方からご報告をいただく予定です。
会員の皆様にはご参加のお心積もりをいただければ幸いです。
プログラムの詳細は学会ウェブサイト及び会員宛メールでお知らせ
いたします。
**************************************************************
┌────────────────────────────────
◇◆ 学会誌編集委員会より ◆◇
└────────────────────────────────
学会誌第25巻第3号は、9月末発行を目標として編集中です。10月上旬
にはお届け出来致します。

また、学会誌の論文等はPDF化してCiNii、J-Stageなどで公開しており、
過去に遡ってご覧いただけますが、表紙、事務連絡など学会誌の全てを
カバーするものではありませんでした。昨年度より作業を進め、下記URI
において第1巻第1号から第24巻第1号までの全ての号を表紙から裏表紙
まで一つのPDFファイルとして公開いたしました(空白ページについては
除かれているため一部ページが飛んでいる場合があります)。
http://www.jsik.jp/archive/
過去の総会資料など含め、学会の歴史をご覧いただけるかと思います。
第24巻第2号以降も作業中で順次公開予定です。
                                  学会誌編集委員長 芦野 俊宏
**************************************************************
◇◆ 部会からのお知らせ ◆◇
┌───────────────────────────
=開催迫る=
◇◆ 部会イベント 案内                      ◆◇
◇◆     「シニア情報知識学研究部会 卓話会」 ◆◇
└───────────────────────────
講師:飯塚健(群馬大学名誉教授)
日程:10月2日(金)18:00-19:30
場所:鶴見大学記念館2階セミナー室
講演テーマ:「化学でのネーミングで思い出すことと、その後」
連絡先:鶴見大学 長塚 隆 nagatsuka-t@tsurumi-u.ac.jp
当日、直接お越しいただいても結構ですが、なるべく事前に
ご参加のご連絡お願いします     
                           (シニア情報知識学研究部会 長塚隆)

***************************************************************
◇◆ 後援行事のご案内 ◆◇
┌────────────────────────────
◇◆ JATS-Con Asia 国際会議 ◆◇
└────────────────────────────
JATS-Con Asia 国際会議

2015年10月19日(月)
10:15-17:00 (予定)
場所 科学技術振興機構 東京本部 地下1階会議室
主催 科学技術振興機構 学術情報XML推進協議会
後援 国立情報学研究所、(一社) 情報科学技術協会、情報知識学会、
(一社) 情報処理学会
主題 アジア地域における学術出版におけるXMLおよびJATS
利用について
参加費 無料

基調講演
武田英明 (国立情報学研究所、ORCID理事)
Bruce Rosenblum (Inera Inc., NISO JATS Standing Committee)

一般発表
樋廻美香子 (科学技術振興機構: JST)
中西秀彦 (中西印刷株式会社)
黒沢俊典 (NPO医学中央雑誌刊行会)
Choon Shil Lee (Sookmyung Women's University)
Chandi Perara (Typefi)

ご氏名、ご所属を記載の上、
jats-con-asia-sc@ml.xspa.jp までメールでお申し込みください。

学術論文の世界、特にSTM分野 (Science, Technology and Medicine) 
では、XMLスキーマのデファクトスタンダードとなっているJATSは
急速に日本を含むアジアでも利用が広がっています。
 JATSの前身NLM-DTDは米国国立医学図書館 (NLM) が中心と
なって作成されました。NLM-DTDがJATSに変わったことを
きっかけに、そのNLMにおいてJATS-Conが2010年より毎年
開かれ、JATSに関する様々な技術開発や問題点について話し合い、
JATSの普及に寄与してきました。JATS-Conの詳細については
JATS-Conウェブサイトをご覧ください。
 JATSは非西欧語で書かれた学術文献もXMLにすることができ
ます。このJATSを活用して、AsiaでJATSを普及し学術文献の
XML化を進めるための国際会議JATS-Con Asiaを日本で開催する
こととなりました。この会議は米国JATS-Conの全面的な支援を
受けています。
 JATS-Con Asiaでは、JATS を用いた学術情報のXML化に
ついて活発な議論を期待しています。ことに、今後、増加することが
予想される日本語・韓国語・中国語論文へのJATS対応については
初めての意見交換の場となります。
 今回の会議には、米国NISO JATS委員会の委員である
Bruce Rosenbaum氏(Inera Inc.) の両氏が参加し、講演の予定です。
また、韓国などからも発表していただく予定です。
**************************************************************
┌────────────────────────────────
◇◆ 事務局からのお知らせ ◆◇
└────────────────────────────────
◆個人会員の皆様:年会費納入の御礼とお願い(再掲載)
お蔭さまで,次々,年会費が届いています。誠にありがとうございます。
未だの方もいらっしゃいますので,宜しくお願いいたします。
お手元に届いた学会誌の封筒の宛名ラベルにはご自分の年会費の納入日が
年度毎に西暦下2桁,月(2桁),日(2桁)の6桁の数字で印字されています。
まだお振込いただいていない年度は「未納」と印字されておりますので,
郵便振替または銀行振込にてご送金ください。郵便振替の方が送金手数料
が安く,また払込取扱票に記入してATMから送金いただければ,貯金窓口が
閉まっている時間帯でも送金できるので便利です。

※振替口座番号は00150-8-706543,加入者名は情報知識学会です。
(詳しくは,学会誌25巻2号220頁をご参照ください。)

また,ご所属の大学,研究機関などの研究費で銀行口座への振込の方もいら
っしゃいます。その場合は,銀行通帳には機関名のみがプリントされるため,
別途,会員のご芳名と年会費を振込んだ旨をメールやFAXでお知らせいただ
きたく,切にお願い申し上げますと5月のメールマガジンで書いたところ,
お蔭さまでお知らせが増えました。誠にありがとうございます。

◆情報知識学会事務局メールアドレスの変更(再掲載)
2014年11月10日より,学会事務局のメールアドレスを変更いたしました。
これはWebページのアドレスとして使用している jsik.jpのドメインを事務
局のアドレスとしても使用することにするもので,ドメイン名を統一する
ことで連絡アドレスの認知度の向上などが期待されます。
変更前と変更後のメールアドレスは次の通りです。

※変更前アドレス:jsik@nifty.com または jsik@adthree.com
※変更後アドレス:office@jsik.jp

当面は変更前のアドレスでも受信可能ではございますが,アドレス帳に
ご登録されている方は,早めにご変更くださいますようお願いいたします。

◆情報知識学会事務局と情報知識学会の住所変更(再掲載)
2015年1月より,事務局の住所を次のとおり変更いたしました。
また,情報知識学会の住所も次のとおり変更されました。当面は変更前
宛ての郵便物は変更後の住所に転送されますが,住所データをお早めに
変更くださいますようお願いいたします。

※変更前:〒110-8560 東京都台東区台東1-5 凸版印刷(株)内
※変更後:〒164-0003 東京都中野区東中野4-27-37 (株)アドスリー内

住所は変わりましたが,会員の年会費の振込先の口座,銀行口座などは
従来どおりで変更ありません。これらの情報は,会員各位にお届けした
2015年5月23日発行の情報知識学会誌25巻2号220頁の「事務局からの
お知らせ」にも掲載済みです。併せてご覧ください。
***************************************************************
☆★☆ 編集後記 ☆★☆
4月の異動で、以前所属していた情報担当の部署に戻ってきました。
さっそく関連する仕事や役職を2、3お引き受けすることになり
ましたが、あらためてここ数年の学問と情報をめぐる環境の変化を
強く感じます。頭が固くならないように幅広く知識を取り込んで
ゆきたいと思っています。

  ご意見、ご感想、などお便りの宛先は: office@jsik.jp

☆★☆ (メールマガジン 9月号 担当: 田良島 哲) ☆★☆
_________________________________

最終更新日: 2015-09-30 (水) 15:05:21

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS