メールマガジン臨時号

☆★☆ 情 報 知 識 学 会 メール マ ガ ジ ン臨時号 ☆2016.10.11. ☆★☆

  度々の台風に悩まされた夏も終わり、秋風が身にしみるこの頃です。皆様は
いかがおすごしですか? 情報知識学会フォーラムの開催要領が決まりましたので、
急ぎ皆様にお知らせ致します。

===================================================================
┌──────────────────────────────
◇◆第21回情報知識学フォーラム開催案内(2017/1/22)【研究発表・参加者募集】
└──────────────────────────────

下記のとおり、1月22日に東京工業大学田町キャンパスにて、
第21回情報知識学フォーラムを開催致します。

今回のテーマは、「IoT時代の先にあるものは?―情報知識学の新たな展開―」です。
招待講演に加え、年次大会と同様に、研究発表も募集しますので、
皆様の積極的なご投稿、ご参加をお待ちしております。

───────────────────────────────
第21回情報知識学フォーラム
「IoT時代の先にあるものは?―情報知識学の新たな展開―」
───────────────────────────────

◆開催目的:
Internet of Things
(IoT)やセンサーネットワークを用いたデータ収集、機械学習などの人工知能を用いた
モデル化、最先端のロボット等による制御など、現在、製造業や農林水産業、サービス
産業等、様々な領域で機械化・自動化が進展し、将来の我々の生活を大きく変えよう
としています。本フォーラムでは、機械化が進展した社会における人間と機械の関係性
を問い直し、情報知識学に関する新たな研究の方向性を議論し、開拓するために実施
します。
また,本フォーラムでは,新たな試みとして学会員による口頭発表およびポスターセッ
ションを設ける予定です。フォーラムテーマと関係のあるポスター発表を通して、関連
領域に関する理解をより一層深めていただければと思います。
会員,非会員を問わず,多数の方のご参加をお待ちしております。

◆日時・場所
◇日時:2017年1月22日(日)
◇場所:東京工業大学・田町キャンパス・キャンパスイノベーションセンター
    2階多目的室2
◇URL : http://www.jsik.jp/?forum2016

◆開催内容:
2件の招待講演と、学会員等からの研究発表(口頭またはポスター発表)で構成します。

◆公募テーマ:
下記のテーマに関する研究発表を募集します。
◇個別領域・事例に関する研究発表
自動化モビリティや子育て・高齢者支援、健康医療情報システムやエネルギーマネジ
メント、デジタルアーツや拡張現実、バイオ・マテリアルズインフォマテッィックス
など、様々な領域における課題や構想、それらが実現した先にあるものや、実現に際
しての障壁等に関する研究発表。
◇理論研究に関する研究発表
創造性と人工知能、データ、情報、知識、知能と知性、計算不可能な領域は存在する
か、機械化された社会と新たな労働市場など、個々の領域に依らない横断的なテーマ
に関する研究発表。
◇その他、情報知識学に関連する諸研究・開発

◆参加費:無料
◇資料代
•会員・学生会員(協賛・後援団体会員含む):無料
•非会員:3000円
•学生非会員:1500円
•資料は情報知識学会誌になります。資料代は当日徴収いたします。

◆参加・発表申し込み
◇参加申し込みフォーム https://goo.gl/forms/09sFBbucfSeh4gMK2
◇発表申し込みフォーム https://goo.gl/forms/1tjvEmdw2XmbI04j2
◇定員(50名)
※当日参加も可能ですが,できるだけ事前申込をお願いしております。

◆スケジュール
11月20日(日) 研究発表申込締切
11月23日(水) 応募受付の可否連絡
12月18日(日) 発表原稿提出締切
1月22日(日) 情報知識学フォーラムの開催

◆論文執筆・発表について
原稿の体裁は、学会誌の論文執筆要領に準拠してください。論文種別欄は「第21回情報
知識学フォーラム予稿」となります。なお、予稿集は情報知識学会誌第26巻第4号とし
て出版される他、J-Stageにてオンライン公開されます。

口頭発表の発表時間は質疑応答を含めて 30 分です(プログラム編成の都合により発表
時間を短縮またはポスター発表とさせて頂く場合があります)。
論文提出がないと発表できません。
登壇発表者は当学会員に限ります。当日入会も可能ですが、なるべく事前に入会申込み
をお願いします(詳細は入会案内へ)。同一の者による複数登壇発表は認められません
(共著は可)。

学会誌の執筆要領に準拠したカメラレディのPDF原稿、投稿原稿整理カードを準備して
ください。提出方法は採択決定後に連絡します。
プログラムは原稿提出期限までに決定し学会Webページに掲載する予定です。

予稿原稿ページ数は、6ページ以内を基本とします。超過した場合は、2ページ単位で 
2,000 円ずつ超過料金が発生します。(例: 超過1〜2ページ 2,000円,超過 3〜4ページ 
4,000円)。また、別刷りが必要な方は投稿規定をご覧の上、別途お申込ください。

◆お問い合わせ先
情報知識学会事務局
〒164-0003 東京都中野区東中野4-27-37 (株)アドスリー内
E-mail: officejsik.jp
http://www.jsik.jp/

◆第21回情報知識学フォーラム 実行委員会
•委員長:梶川裕矢(東京工業大学准教授)
•委員 :村井源(東京工業大学助教),天野晃(物質・材料研究機構), 常川真央(日本
貿易振興機構)
最終更新日: 2017-12-17 (日) 18:11:05

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS