メールマガジン 138号

**********************************************************************
◇◆☆ 情報知識学会 メールマガジン ☆◆◇  2019.07.31 ☆ No.138
======================================================================
7月号 C O N T E N T S (目次)
======================================================================

◇◆ 【開催予告】第24回情報知識学フォーラム ◆◇
◇◆ 2019年度第1回常務理事会議事概要 ◆◇
◇◆ シニア情報知識学研究部会卓話会開催(2019年度第1回) ◆◇
◇◆ 事務局からのお知らせ ◆◇
◇◆ 後援行事のお知らせ ◆◇
 ・第29回 整理技術・情報管理等研究集会「TP&Dフォーラム 2019」
 ・Code4Lib Japanカンファレンス2019のお知らせ
 ・CODATA 2019国際会議開催
 ・人文科学とコンピュータシンポジウム(じんもんこん2019)
◇◆ 関連情報のお知らせ ◆◇
 ・「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2019年度第4回募集

======================================================================
┌──────────────────────────────────
◇◆ 【開催予告】第24回情報知識学フォーラム(再掲載,一部改訂) ◆◇
└──────────────────────────────────

本年度の情報知識学フォーラムを下記の内容で開催致します。研究発表(ポス
ター発表のみ)も募集しますので、学会員の皆様におかれましてはぜひ、ご参
加、ご発表を検討くだされば幸いです。研究発表の募集および参加申し込みは
後日開始致します(下記のスケジュールを参照ください)。

◆テーマ:地域資料とオープンサイエンス〜地域資料の継承と情報資源化〜
◇開催概要:
オープンサイエンス推進については政府や文部科学省、学術会議でも議論が進
んでおり、特定の分野では研究データの公開・共有や再利用が進んでいるよう
です。一方、国内には多種多様な歴史資料・文化財などの地域資料が現存して
おり、これらは研究資源としてのみではなく、社会的な振興・発展に資する文
化資源として注目されています.しかし、地域の少子高齢化・過疎化など様々
な要因で、それらの保存・整理・継承は進まないのが現状です。
本フォーラムでは「地域資料とオープンサイエンス」をテーマに地域資料の継
承と情報資源化およびその再利用に携わっている様々な立場の方々にご講演頂
き、地域資料の継承と情報資源化に対する現状と課題を共有したいと思います。
講演の後、会場の皆さんとのディスカッション、さらにポスターセッションの
時間を設ける予定です。議論やフォーラムテーマと関係のあるポスター発表を
通して、関連領域に関する理解をより一層深めていただきたいと思います。

◆日時:2019年11月23日(土) 13:00-17:30(情報交換会:18:00-20:00)
◇会場:ITビジネスプラザ武蔵 6階交流室1
https://www.bp-musashi.jp/access/
(※11月は宿が込み合いますので,宿泊を予定している方は早めの確保をお願
いします)
◆スケジュール:
08月20日(火) 研究(ポスター)発表申込開始
09月10日(火) 参加申込開始
09月17日(火) 研究(ポスター)発表申込期限
09月20日(金) 採択可否連絡
10月18日(金) 発表原稿提出期限
11月23日(土) 情報知識学フォーラムの開催
                                                実行委員長 高田良宏

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ 2019年度第1回常務理事会議事概要 ◆◇
└──────────────────────────────────

日時:2019年7月23日(火)18:30-20:30 場所:凸版印刷(株)西館
出席:長塚、原田、芦野、石塚、江草、小川、孫、田良島
欠席:岩田、岡本、梶川

議事:
1.第24回情報知識学フォーラムについて
  ◆日時:2019年11月23日(土)13:00-17:30(情報交換会:18:00-20:00)
  ◇会場:ITビジネスプラザ武蔵 6階交流室1  予約済み
  〒920-0855 金沢市武蔵町14番31号
    https://www.bp-musashi.jp/access/

  上記日程で開催される第24回情報知識学フォーラムについて高田良宏委員長
  (金沢大学)よりその後の準備の進展状況について書面での報告があり、検
  討した。会誌への予稿の掲載・超過ページの扱いなど手順について芦野編集
  委員長が高田委員長に連絡し調整することになった。後援依頼先追加の提案
  があった。
2.2020-2021年度役員選挙管理委員会の設置について
  役員選挙管理委員会の実行委員長候補について提案があり、会長から依頼す
  ることとなった。役員選挙管理委員会を10月中に設置し、役員候補者推薦
  開始:11月、役員候補者推薦締切:12月、公示:1月、投票用紙発送: 1月
  などおおよその日程を確認した
3.各部会の本年度の事業遂行状況について
  各部会の本年度の事業についての報告があった後、昨年今年と開催された
  「Japan Open Science Summit」に協力してきたことなどをベースに「オー
  プンサイエンス」に関する新規部会の設置を検討することとなった。
4.2020年度年次大会
  2020年5月23日(土)、24日(日)に「はこだて未来大学」あるいはその周辺
  で村井源(はこだて未来大学)実行委員長のもと開催される年次大会の準備
  検討が行われ、実行委員会の構成について実行委員長と打ち合わせることに
  なった。
                                 以上
                        (文責 長塚 隆)

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ シニア情報知識学研究部会卓話会開催(2019年度第1回)〔再掲〕 ◆◇
└──────────────────────────────────

2019年度第1回卓話会(通算第17回)を下記の要領で開催いたします。
会員各位のご参加よろしくお願いします。

・話題提供者:水谷長志氏(跡見学園女子大学 教授)
・日程:2019年10月2日(水)17:00-19:00
・場所:鶴見大学1号館2Fセミナー室
・話題:「美術館の中のライブラリで30余年」(仮)

美術館での経験を返り見ながらお話しいただく予定です。

            シニア情報知識学研究部会 代表世話人 細野公男

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ 事務局からのお知らせ ◆◇
└──────────────────────────────────

◆個人会員の皆様:2019年度年会費納入の御礼とお願い

2019年度の年会費を次々と納入していただき誠にありがとうございます。
未納の方には、7月10日付けで再度郵送にて、お振込みのお願いをさせて
いただきました。
年会費は、正会員は8千円、学生会員・ユース会員・シニア会員は4千円
です。お早めにご納入のほどよろしくお願いいたします。

 振込先
   郵便振替口座 00150-8-706543 情報知識学会
   ゆうちょ銀行 〇一九店(ゼロイチキュウ店) 当座 0706543 情報知識学会

会費の納入年月の確認方法
お手元に届いた郵便物の封筒の宛名ラベルには、ご自分の年会費の納入日
が年度毎に西暦下2桁、月(2桁)、日(2桁)の6桁の数字で印字されてい
ます。会費未納年度には〔未納〕と表示されております。
お振り込みの後,事務局に通知が届き,宛名ラベルに印字、発送するまで
10日ほどかかりますので、ご了承ください。

◆学会誌送付先、会員種別、メールアドレスの変更についてのご連絡御礼とお願い

新年度に入り、会員種別、学会誌送付先,メールアドレス等の変更のご連絡も
いただき有難うございます。
まだ、手続きがお済でないかたは、変更の情報を事務局:office@jsik.jp まで、
メールでお知らせください。新・旧の情報を並べてお書きいただけますよう
お願い申し上げます。
メールマガジンや、学会誌が届かないでは、申し訳ございませんので、よろしく
お願いいたします。


情報知識学会事務局
〒164-0003 東京都中野区東中野4-27-37 螢▲疋好蝓柴
FAX:050-3730-8956 E-Mail:office@jsik.jp URL:http://www.jsik.jp/

**********************************************************************
☆★……………………………………………………………………………☆★
◇◆ 後援行事のお知らせ ◆◇
☆★……………………………………………………………………………☆★

┌──────────────────────────────────
◇◆ 第29回 整理技術・情報管理等研究集会 ◆◇
◇◆ 「TP&Dフォーラム 2019」〔再掲〕◆◇
└──────────────────────────────────

日 程     2019年8月24日(土)〜25日(日)
会 場     大阪コロナホテル (大阪市東淀川区西淡路1丁目3番21号)
発表者および発表予定タイトル
      西川 和 氏(文教大学)
      「英米における西洋古典籍の目録作成規則の歴史と特徴」
      藤倉 恵一 氏(文教大学)
      「NDCにおける図書館学分野の再確認と再構築の試み(仮)」
      和田 匡路 氏(独立行政法人日本学術振興会)
      「分類法を構成する要素の解釈の明確化−Linked Data化を想定して−」

ご不明な点等ございましたら、以下までお問い合わせ下さるよう
お願い申し上げます。

TP&Dフォーラム2019実行委員会委員長 今野 創祐
  e-mail:tpdforum@gmail.com

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ Code4Lib Japanカンファレンス2019のお知らせ〔再掲〕◆◇
└──────────────────────────────────

 Code4Lib JAPAN カンファレンスは、図書館と技術、Web、ITをむすぶ、図書
館員や技術者、その他すべての関係者が集い、アイデアやツールを紹介しあい
先進的な試みを共有し、関係者が出会い、つながるイベントです。
 今年のカンファレンスは9月7日8日の両日、関西大学梅田キャンパスで開催
されます。
 詳しくは下記のURLのCode4Lib Japanのホームページから、Code4Lib Japanカ
ンファレンス2019のページにアクセスしてください。
 http://www.code4lib.jp/

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ CODATA 2019国際会議開催〔再掲〕◇◆
└──────────────────────────────────

9月19,20日、北京にてCODATA 2019: Towards next-generation data-driven
science: policies, practices and platformsが開催されます。また、これに先
立つ17,18には国際ワークショップ Implementing Open Research Data Policy
and Practice が開催されます。ただいま、講演論文・ポスターの受付中です。
詳細は下記をご覧ください。

https://conference.codata.org/CODATA_2019/

                 CODATA部会    岩田修一・芦野俊宏

**********************************************************************

┌──────────────────────────────────
◇◆ 人文科学とコンピュータシンポジウム(じんもんこん2019)〔再掲〕◆◇
└──────────────────────────────────

テーマ:デジタルアーカイブの新たな挑戦-人文・芸術・文化資源の活用と創生
日程:2019年12月14日(土)〜15日(日)
会場:立命館大学 大阪いばらきキャンパス(大阪府茨木市)
主催:情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会(IPSJ SIG-CH)
主な開催内容:口頭発表、ポスター・デモ発表、招待講演、企画シンポジウム

研究会ホームページ:http://www.jinmoncom.jp/
シンポジウムホームページ:http://jinmoncom.jp/sympo2019/

**********************************************************************
☆★……………………………………………………………………………☆★
◇◆ 関連情報のお知らせ ◆◇
☆★……………………………………………………………………………☆★

┌──────────────────────────────────
◇◆「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2019年度第4回募集◆◇
└──────────────────────────────────

NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただく
トライアルへの参加研究者を募集しています。
公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館・川口 NHKアーカイブス、
大阪ではNHK大阪放送局の専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧する
ことが出来ます。

○第4回閲覧期間  2019年12月〜2020年2月 (1組 20日間まで利用可)
○募集対象者      大学または高等専門学校、公的研究所に所属する
 職員・研究者、大学院生
○募集締め切り     2019年9月30日
○募集研究数      放送博物館(6組)・川口 NHKアーカイブス(2組)・
          大阪放送局(3組)

応募要項等詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
 http://www.nhk.or.jp/archives/academic/ 

**********************************************************************

☆★……………………………………………………………………………☆★
編集後記

 勤務校はこれから前期の期末試験、と言いたいのですが、その前に
「予備日」が設けられており、6月に警報発表のため授業休止となった分
の授業が入ります。
 担当講義の一つは、その日に授業をしてから、次の日に試験です。効果
的に学習そして試験対策ができるよう、授業の組み立てを変更しました。
 夏の日射しを受けて、草木が生長するのと同じように、この時期、得た
情報を見直しながら知識や意欲が成育できるといいのですが。(夏バテに
はくれぐれも注意!)

               (メールマガジン 7月号担当:村川猛彦)
☆★……………………………………………………………………………☆★
最終更新日: 2019-07-31 (水) 13:49:52

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS