メールマガジン 145号

**********************************************************************
◇◆☆ 情報知識学会 メールマガジン ☆◆◇  2020.4.27 ☆ No.146
======================================================================
4月号 C O N T E N T S (目次)
======================================================================

◇◆ 第28回 年次大会【開催とプログラムのお知らせ】(2020.5.23-24) ◆◇
◇◆ 学会誌編集委員会からのお知らせ ◆◇
◇◆ 事務局からのお知らせ ◆◇
◇◆ 後援行事 ◆◇
・ JOSS2020 中止について
・ Code4Lib Japanカンファレンス2020のお知らせ
・ デジタルアーカイブ学会 第4回研究大会 延期のお知らせ
◇◆ 関連情報のお知らせ ◆◇
・ 公益財団法人大川情報通信基金からのお知らせ
・ 公益財団法人立石科学技術振興財団からのお知らせ

======================================================================
┌──────────────────────────────────
◇◆ 第28回 年次大会 【開催とプログラムのお知らせ】(2020.5.23-24) ◆◇
└──────────────────────────────────
◇開催概要
 日程: 2020年 5月23日(土)〜24日(日)
 会場: オンライン開催(URLは後日大会Webページ上で通知いたします)
 主催: 情報知識学会
 連絡先: 年次大会実行委員会 jsik2020_at_fun.ac.jp
               (_at_を@に変えてください)
 年次大会プログラム: http://www.jsik.jp/?2020program
 参加費: 無料
 参加申し込みフォーム: https://forms.gle/5z39DQ3zvnRbAQ3U6
 (お申込みいただいた方にZoom接続用のパスワードをお送りいたします。)
 今大会では、学生セッションを行い、優秀な発表には学生奨励賞を贈呈する予定で
す。

◇情報知識学会・第28回(2020年度)年次大会(研究報告会&総会)のプログラム
 です。

 28回(2020年度)年次大会プログラム

 1日目:5月23日(土)

 09:45-10:00 オープニング
 10:00-11:00 一般セッション1 座長:高久雅生 (筑波大学)
  1 自治体史等の地域資料のデジタル化・オープン化の進展状況
  -神奈川県政令指定都市の事例から-
   長塚隆 (鶴見大学)
  2 都道府県官民データ活用推進計画策定と情報公開制度の関係
   本田正美 (関東学院大学)
 11:15-12:15 一般セッション2 座長:宮本行庸 (神戸情報大学院大学)
  1 汎用的データリポジトリにおける制限公開機能の検討と実装
   朝岡誠,  林正治, 藤原一毅 (国立情報学研究所), 岩井紀子
    (大阪商業大学JGSS研究センター), 船守美穂, 山地 一禎 (国立情報学研究
所)
  2 函館市史:統計史料編のデジタルデータ化における多角的検討
   中小路久美代, 山本 恭裕 (公立はこだて未来大学), 松原伸人 (株式会社
SRA),
    川嶋 稔夫, 木村 健一(公立はこだて未来大学)
 13:00-14:00 総会
 14:15-15:45 一般セッション3 座長:河瀬彰宏 (同志社大学)
  1 オープンサイエンスの推進における広報の機能
   池谷瑠絵 (大学共同利用機関法人情報・システム研究機構)
  2 バングラデシュにおける新たな情報技術教育手法の導入と効果
   宮本行庸 (神戸情報大学院大学)
  3 中小企業プロジェクトの失敗回避に向けたリスク分析
   保田洋 (甲子園短期大学, 兵庫県立大学大学院), 川向肇,
    西村治彦 (兵庫県立大学)
 16:00-17:30 一般セッション4 座長:村川猛彦 (和歌山大学)
  1 戦後の歴代首相の施政方針演説と所信表明演説の計量分析
   河瀬彰宏, 吉原秀樹 (同志社大学)
  2 ネットワーク分析を用いたミステリー小説における場面の依存関係の分析
   山田康貴 (株式会社ラルズネット), 村井源 (はこだて未来大学)
  3 複合的構造を持つ物語の自動生成に向けて
   村井源 (はこだて未来大学)

 2日目:5月24日(日)

 9:30-10:30 学生セッション1 座長:山島一浩(筑波学院大学)
  1 Webページ閲覧履歴を用いた情報収集行動の振り返り支援
   佐藤千尋, 高久雅生 (筑波大学)
  2 データリポジトリの横断検索のためのタグ管理システム
   河合秀明, 笠原禎也, 高田良宏, (金沢大学), 林正治 (国立情報学研究所)
 10:45-12:15 学生セッション2 座長:常川真央(国立情報学研究所)
  1 オープンデータのRDF化のための項目名のクラスタを使用した述語のサジェ
スト
  に関する研究
   陳博, 渕田孝康, 泊大貴, 久永忠範 (鹿児島大学)
  2 Improving information access through a web-based application:
  The case of Botswana Television
   Letebele Bright Sosome, 山中俊之 (神戸情報大学院大学)
  3 情報処理科目を対象とした選択式問題生成支援システムの開発
   岡野元春, 野崇弘, 村川猛彦 (和歌山大学)
 13:00-14:00 論文賞発表・記念講演・永年会員発表
 14:15-15:45 学生セッション3 座長:田良島哲(東京国立博物館)
  1 ロールプレイングゲームシナリオにおけるクエスト構造に着目した物語分析
   石川一稀, 中村祥吾, 宇田朗子, 斉藤勇璃, 根元さくら, 長野恭介, 山内拓
真,
   白石智誠, 太田和宏, 稲垣武, 村井源, 平田圭二, 迎山和司, 田柳 恵美子
   (はこだて未来大学)
  2 物語のシーンにおける登場人物の感情状態とBGMの関係性抽出
   根本さくら, 石川一稀, 宇田朗子, 白石智誠, 中村祥吾, 長野恭介, 山内拓
真,
   村井源, 平田圭二, 迎山和司, 田柳恵美子 (はこだて未来大学)
  3 英雄神話物語の構造化に向けての物語特徴の抽出
   吉田拓海, 村井源 (はこだて未来大学)
 16:00-17:30 学生セッション4 座長:阪口哲男(筑波大学)
  1 計量文体学を用いた喜劇性と悲劇性の抽出
   白鳥孝幸, 村井源 (はこだて未来大学)
  2 感情語辞書に基づく物語の登場人物の感情抽出
   逢坂駿也, 村井源 (はこだて未来大学)
  3 日記文章の文体的特徴の抽出
   松田雛乃, 村井源 (はこだて未来大学)
 17:30-17:45 クロージング

第28回(2020年度)年次大会実行委員会)
 実行委員長 村井源(はこだて未来大学)
 実行委員  山島一浩(筑波学院大学)
       田良島哲(東京国立博物館)
       阪口哲男(筑波大学)
       常川真央(国立情報学研究所)

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ 学会誌編集委員会からのお知らせ ◆◇
└──────────────────────────────────

情報知識学会誌第30巻第2号は年次大会の特集号として5月末の発行を予定して
おります。次の論文誌は9月末を予定しております。査読を要しない種別の原稿
についてはまだ間に合いますので、8月中にご投稿をお願い致します。

                                           編集委員長 芦野俊宏

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ 事務局からのお知らせ ◆◇
└──────────────────────────────────

◆2020年度年会費納入のお願い

先日、「年次大会および論文賞のお知らせ」と共に会費振込用の郵便振込用紙
をお送りいたしましたので、5月末までにお振込よろしくお願いいたします。

 振込先
   郵便振替口座 00150-8-706543 情報知識学会
   ゆうちょ銀行 〇一九店(ゼロイチキュウ店) 当座 0706543 情報知識学会

また、ご所属の大学、研究機関などの研究費でお支払いただく場合は、
学会からの請求書が必要になると思いますので、その旨情報知識学会
事務局にメール: 宛先 office@jsik.jp などでご連絡ください。
宜しくお願いいたします。

会費の納入年月の確認方法
お手元に届いた郵便物の封筒の宛名ラベルには、ご自分の年会費の納入日
が年度毎に西暦下2桁、月(2桁)、日(2桁)の6桁の数字で印字されてい
ます。会費未納年度には〔未納〕と表示されております。
お振り込みの後、事務局に通知が届き、宛名ラベルに印字、発送するまで
10日ほどかかりますので、ご了承ください。

◆学会誌送付先、会員種別、メールアドレスの変更について

年度が変わり、会員種別、学会誌送付先、メールアドレスが変わられ、
変更手続きがお済でないかたはご連絡ください。年会費を納入していただ
いているのに学会誌やメールマガジンが届かないのでは申し訳ありません
ので、変更の情報を事務局:office@jsik.jp まで、メールでお知らせくだ
さい。新・旧の情報を並べてお書きいただけると確認できるので助かります。


情報知識学会事務局
〒164-0003 東京都中野区東中野4-27-37 螢▲疋好蝓柴
FAX:050-3730-8956 E-Mail:office@jsik.jp URL:http://www.jsik.jp/

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ 【後援行事】 ◆◇
└──────────────────────────────────
☆★……………………………………………………………………………☆★
┌──────────────────────────────────
◇◆ JOSS2020中止について ◆◇
└──────────────────────────────────

この度、6月3日(水)、4日(木)に日本科学未来館にて開催を予定しておりま
した「JAPAN OPEN SCIENCE SUMMIT 2020」につきまして、新型コロナウィルス
感染症(COVID-19)の感染拡大の状況に鑑み、本イベントの開催を慎重に検討
をしましたが、参加者の皆様、出展者様の健康と安全を第一に考え、やむなく
中止とすることを決定いたしました。本イベントにご参加を予定いただいてい
た様には、大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようにお願
い申し上げます。

なお、現在、JOSS2020運営事務局では本イベント中止の決定に伴い、小規模な
Web形式での代替イベントの開催を検討しております。(開催時期未定)こちら
の詳細が決まりましたら、ご案内させていただきます。

┌──────────────────────────────────
◇◆ Code4Lib Japanカンファレンス2020のお知らせ ◆◇
└──────────────────────────────────

 Code4Lib JAPAN カンファレンスは、図書館と技術、Web、ITをむすぶ、図書
館員や技術者、その他すべての関係者が集い、アイデアやツールを紹介しあい
先進的な試みを共有し、関係者が出会い、つながるイベントです。

※下記の通り、オンラインによる開催に変更になりました。

Code4Lib JAPANカンファレンス2020
日程 2020年6月20日(土)、21日(日)
主催 Code4Lib JAPAN
形式 オンラインによる開催
(発表方法、参加方法などの情報は別途お知らせいたします)

詳しくは下記のURLのCode4Lib Japanのホームページから、Code4Lib Japanカ
ンファレンス2020のページにアクセスしてください。
 http://wiki.code4lib.jp/wiki/C4ljp2020

┌──────────────────────────────────
◇◆ デジタルアーカイブ学会 第4回研究大会 延期のお知らせ ◆◇
└──────────────────────────────────

 2020年4月25日から26日に開催予定の第4回研究大会は、新型コロナウィルス
の感染拡大を受けて、やむを得ず延期することとなりました。延期いたしました
イベントは第5回研究大会として2020年10月17日から18日に東京大学にて開催する
予定です。

 詳細URL: http://digitalarchivejapan.org/kenkyutaikai/4th

**********************************************************************
☆★……………………………………………………………………………☆★
◇◆ 関連情報のお知らせ ◆◇
☆★……………………………………………………………………………☆★

┌──────────────────────────────────
◇◆ 公益財団法人大川情報通信基金からのお知らせ ◆◇
└──────────────────────────────────

◆研究助成募集のお知らせ(応募期間の延長)

2020年度(第34回)研究助成の募集について
当財団は、情報・通信分野において先進的または社会的に有用な
調査・研究に対する助成を実施しております。つきましては趣旨
をご賢察の上、是非とも積極的な応募をお願い申し上げます。

・応募締切:2020年5月11日(月)(2020年4月10日から延長)

◆お問い合わせ先:
 公益財団法人 大川情報通信基金(大川財団)
 住所 〒102-0093 東京都千代田区平河町1−8−2,山京半蔵門パレス301
 TEL:03-3556-6028
 E-mail: okawa-foundation[at]nifty.com
 URL:  http://www.okawa-foundation.or.jp/

┌──────────────────────────────────
◇◆ 公益財団法人立石科学技術振興財団からのお知らせ ◆◇
└──────────────────────────────────

◆第6回立石賞受賞者決定のお知らせ

第6回(2020年度)立石賞の受賞者が決定しましたのでお知らせします。

・立石賞功績賞 横矢直和 奈良先端科学技術大学院大学  学長
・立石賞特別賞 石黒浩  大阪大学大学院基礎工学研究科 教授

◆2020年度助成公募のご案内

2020年4月1日から以下の助成の募集を行います。

・2020年度 後期国際交流助成
・2020年度 国際会議開催助成

各助成の募集案内・募集要項・申請書類は、リニューアルした立石財団ウェブ
サイトにて公開しております。トップ(ヘッダー)メニューの「研究助成」から
各助成の公募案内がご覧いただけます。

URL: https://www.tateisi-f.org/

**********************************************************************

☆★……………………………………………………………………………☆★
編集後記
 新型コロナウィルスの影響により、自宅でのテレワークが基本になり、
オンラインでの会議に参加することが多くなっています。勤務先とは異なる
自宅という環境の中で、対面と比べると少しもどかしいコミュニケーション
ツールを使いながら、もしかすると、この「もどかしさ」の解決は、情報技
術・情報産業にとって大きなチャンスになるのではと思っています。鎮静化
した暁には、ITを駆使した新しい働き方が自然にできている、というのは楽
観的過ぎる見通しかもしれませんが、こんな状況だからこそ、考え方だけで
もなるべくポジティブ思考に切り替えていきたいものです。

               (メールマガジン 4月号担当:中川修)
☆★……………………………………………………………………………☆★

最終更新日: 2020-04-27 (月) 13:02:42

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS