メールマガジン 146号

**********************************************************************
◇◆☆ 情報知識学会 メ−ルマガジン ☆◆◇  2020.5.29 ☆ No.147
======================================================================
5月号 C O N T E N T S (目次)
======================================================================

◇◆ 第28回(2020年度)年次大会報告 ◆◇
◇◆ 2020年度総会議事録 ◆◇
◇◆ 2020年度第17回情報知識学会論文賞の選定、表彰 ◆◇
◇◆ 第9回永年会員表彰式の報告 ◆◇
◇◆ 事務局からのお知らせ ◆◇
◇◆ 後援行事のお知らせ ◆◇
 ・JOSS2020中止について〔再掲〕
 ・Code4Lib Japanカンファレンス2020のお知らせ〔再掲〕
 ・アート・ドキュメンテーション学会(JADS) 「2020年度年次大会」
◇◆ 関連行事等のお知らせ ◆◇
 ・INFOPRO2020(情報プロフェッショナルシンポジウム)
 ・「東京財団政策研究フェローシップ」2021年度公募

======================================================================
┌──────────────────────────────────
◇◆ 第28回(2020年度) 年次大会報告 ◆◇
└──────────────────────────────────

本年度の年次大会は新型コロナウイルスの影響のため5月23日(土)と24日(日)
の2日間、オンラインにて開催されました。総会と論文賞記念講演に加え、研究
発表が2日間に渡り開催されました。

研究発表は、一般セッション・学生セッション合計で21件が行われ、例年同様
に多様な分野からの学際的な報告会となりました。またZoomの記録によると合計
約90名の方にご参加いただき、オンライン上でも活発な議論が交わされました。

大会2日目の24日に論文賞選考委員会より、論文賞受賞者が発表され、受賞者に
よる記念講演が行われました。その後、会員期間10年以上の会員を対象に永年
会員の発表も行われました。

また同日(24日)には学生セッションを開催いたしました。大会の終了後に学生
奨励賞審査委員会にて審査を行った結果、石川一稀さんと根本さくらさん(公立
はこだて未来大学)を第7回学生奨励賞に選出いたしました。

緊急事態宣言は部分的に解除されてはおりますが、非常に困難な状況が未だに
続いている中で、長塚会長を初め学会役員の先生方、実行委員会の先生方、御
発表いただいた皆様、ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

例年にない形式ではございましたが、結果として非常に多くの方々に年次大会
にご参加いただくことができました。情報技術を活用した研究発表の可能性に
ついて実践的に理解を深める機会となったのではないかと考えております。

来年度までには感染も終息し、安全な環境の中で年次大会が無事に実施できる
ことを祈っております。皆様も、ぜひ来年度も奮ってご発表、ご参加ください
ますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

○情報知識学会年次大会 http://www.jsik.jp/?kenkyu

        第28回年次大会実行委員長 村井 源(はこだて未来大学)

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ 2020年度総会議事録 ◆◇
└──────────────────────────────────

・開催日 :2020 年5月23日(土)13:00〜14:00
・会 場 :オンライン
・議 長 :長塚会長
・議 事 :
 1.総会有効成立確認:芦野副会長・事務局 [資料1]
   出席者25名、委任状24通、計49名。
   依って定足数(正会員の10分の1)を満たし、総会成立
 2.2019年度事業報告:芦野副会長 [資料2]
 3.2019年度決算報告:芦野副会長 [資料3]
 4.2019年度監査結果報告:細野監事、根岸監事 [資料4]
 5.2020年度事業計画説明:原田副会長 [資料5]
 6.2020年度予算案説明:原田副会長 [資料6]
 7.その他報告  [資料7]
  2020-2021年度役員選挙の結果:長塚会長
  2020年度永年会員表彰:長塚会長
  B17回(2020)論文賞:田良島常務理事
 上記の報告および事業計画・予算案はいずれも原案通り承認された。
 (資料1〜7は情報知識学会誌30巻3号に掲載予定)

                          (文責 長塚 隆)

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆  平成30年度第15回情報知識学会論文賞の選定、表彰 ◇◆
└──────────────────────────────────

情報知識学会論文賞は、毎年度過去2年間に情報知識学会誌に公表された論文を
対象に、会員による投票を経て選定しています。
今回は選考手続きの結果、以下の論文が論文賞に決定しました。

文章からの化学物質名を含む単語の認識法の確立と化学物質名の選択法の検討
 −特許公開公報を用いて
   田中 るみ子, 中山 伸一
   情報知識学会誌
   2019 年 29 巻 3 号 p. 238-246

今回は、大会がオンライン開催となりましたが、2日目の5月24日(日)午後から
受賞者の発表と記念講演を開催しました。著者2名ともにオンラインでご出席
いただき、画面上で賞状のご紹介をした後、田中るみ子氏による受賞論文の
内容に関する記念講演が行われました。

田良島哲(論文賞選考委員会委員長)

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ 第9回永年会員表彰式の報告 ◆◇
└──────────────────────────────────

本年の第9回永年会員表彰式はオンラインで年次大会の2日目、5月24日(日)に
予定どおり実施されました。今年の対象者は会員期間10年以上の会員11名で、
その氏名は23日(土)の総会で発表されたとおりです。

オンライン表彰式では、原田新会長が出席者の永年会員表彰状を画面上に表示
しながら表彰状を読み上げられ、オンライン参加の4名の永年会員(岡部 晋典氏、
矢崎 美香氏、飯沢 篤志氏、小松崎 浩司氏)の方から本学会の活動に積極的に
貢献して行きたいとのご挨拶を頂きました。
誠にありがとうございます。

ご欠席の方を含めて永年会員の方には後日表彰状を学会事務局より郵送にて
お届けいたします。
永年会員の方々の本学会への長年のご支援に御礼申し上げますとともに今後と
も本学会をご支援くださいますよう何卒宜しくお願いいたします。

                          (文責 長塚 隆)

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ 事務局からのお知らせ ◆◇
└──────────────────────────────────

◆個人会員の皆様:2020年度年会費納入の御礼とお願い

2020年度の年会費を次々と納入していただき誠にありがとうございます。
未だの方は、5月末日までにお振込宜しくお願いいたします。
年会費は、正会員は8千円、学生会員・ユース会員・シニア会員は4千円
です。

 振込先
   郵便振替口座 00150-8-706543 情報知識学会
   ゆうちょ銀行 〇一九店(ゼロイチキュウ店) 当座 0706543 情報知識学会

また、ご所属の大学、研究機関などの研究費でお支払いただく場合は、
学会からの請求書が必要になると思いますので、その旨、情報知識学会
事務局にメール: 宛先 office@jsik.jp などでご連絡ください。
宜しくお願いいたします。

会費の納入年月の確認方法
お手元に届いた郵便物の封筒の宛名ラベルには、ご自分の年会費の納入日
が年度毎に西暦下2桁,月(2桁),日(2桁)の6桁の数字で印字されてい
ます。会費未納年度には〔未納〕と表示されております。
お振り込みの後,事務局に通知が届き、宛名ラベルに印字,発送するまで
10日ほどかかりますので、ご了承ください。

◆学会誌送付先,会員種別,メールアドレスの変更についてのご連絡御礼とお願い

新年度に入り、会員種別,学会誌送付先,メールアドレス等の変更のご連絡も
いただき有難うございます。
また、手続きがお済でないかたは、変更の情報を事務局:office@jsik.jp まで、
メールでお知らせください。新・旧の情報を並べてお書きいただけますよう
お願い申し上げます。
メールマガジンや、学会誌が届かないでは、申し訳ございませんので、宜しく
お願いいたします。


情報知識学会事務局
〒164-0003 東京都中野区東中野4-27-37 螢▲疋好蝓柴
FAX:050-3730-8956 E-Mail:office@jsik.jp URL:http://www.jsik.jp/

**********************************************************************
☆★…………………………………………………………………………………☆★
◇◆ 後援行事のお知らせ ◆◇
☆★…………………………………………………………………………………☆
┌──────────────────────────────────
◇◆ JOSS2020中止について〔再掲〕 ◆◇
└──────────────────────────────────

この度、6月3日(水)、4日(木)に日本科学未来館にて開催を予定しておりま
した「JAPAN OPEN SCIENCE SUMMIT 2020」につきまして、新型コロナウィルス
感染症(COVID-19)の感染拡大の状況に鑑み、本イベントの開催を慎重に検討
をしましたが、参加者の皆様、出展者様の健康と安全を第一に考え、やむなく
中止とすることを決定いたしました。本イベントにご参加を予定いただいてい
た様には、大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようにお願
い申し上げます。

なお、現在、JOSS2020運営事務局では本イベント中止の決定に伴い、小規模な
Web形式での代替イベントの開催を検討しております。(開催時期未定)こちら
の詳細が決まりましたら、ご案内させていただきます。

┌──────────────────────────────────
◇◆ Code4Lib Japanカンファレンス2020のお知らせ〔再掲〕 ◆◇
└──────────────────────────────────

 Code4Lib JAPAN カンファレンスは、図書館と技術、Web、ITをむすぶ、図書
館員や技術者、その他すべての関係者が集い、アイデアやツールを紹介しあい
先進的な試みを共有し、関係者が出会い、つながるイベントです。

※下記の通り、オンラインによる開催に変更になりました。

Code4Lib JAPANカンファレンス2020
日程 2020年6月20日(土)、21日(日)
主催 Code4Lib JAPAN
形式 オンラインによる開催
(発表方法、参加方法などの情報は別途お知らせいたします)

詳しくは下記のURLのCode4Lib Japanのホームページから、Code4Lib Japanカ
ンファレンス2020のページにアクセスしてください。
 http://wiki.code4lib.jp/wiki/C4ljp2020

┌──────────────────────────────────
◇◆ アート・ドキュメンテーション学会(JADS) 「2020年度年次大会」◆◇
└──────────────────────────────────

日時:2020年6月27日(土)、28日(日) オンライン開催
参加方法:後日お知らせ
参加費・資料代:会員・非会員とも無料(両日とも)
参加申込:学会ウェブサイトの申し込みフォーム
      (https://forms.gle/uDVHoecvArnV3BpJ7)
     または会員用出欠確認はがき(『通信』125 号同封)
定員:200名(定員に達した場合は JADS 会員を優先)
申込締切:2020年6月22日(月)

**********************************************************************
☆★…………………………………………………………………………………☆★
◇◆ 関連行事のお知らせ ◆◇
☆★…………………………………………………………………………………☆★
┌──────────────────────────────────
◇◆INFOPRO2020(情報プロフェッショナルシンポジウム)◆◇
└──────────────────────────────────

新型コロナウィルス感染防御の観点から、INFOPRO2020は予稿集の発表をもっ
て成立させ、新たにオンラインイベント(INFOPRO2020Plus)を開催いたしま
す。
【メインテーマ】インフォプロリンピック(INFOPROLYMPIC)
      〜デジタルネイティブな時代に向けたインフォプロの可能性〜
【会期】2020年7月2日(木)〜 7月3日(金)
【会場】オンライン開催

詳しくは下記のURL 情報科学技術協会のホームページからご確認下さい。
 https://www.infosta.or.jp/

┌──────────────────────────────────
◇◆「東京財団政策研究フェローシップ」2021年度公募◆◇
└──────────────────────────────────

東京財団政策研究所は、日本で唯一の独立系政策シンクタンクとして、理論や
データに基づいた質の高い政策研究を通じて、日本の重要政策課題に取り組み、
より良い社会づくりを実現することを目指して活動しています。この度、東京
財団政策研究所では、2021年度の「東京財団政策研究フェローシップ」公募を
開始いたしました。

◆対象分野
 経済学、政治学、社会心理学、統計学、社会学などの社会科学、および情報
 学(特にデータマイニング、ビッグデータ分析・活用などのデータサイエン
 ス関連分野)などにおいて、当研究所の政策研究に密接に関連した分野
◆申請受付期限
 2020年8月21日(金)必着

詳細はこちらのウェブサイトをご覧ください。
https://www.tkfd.or.jp/about/fellowship/

**********************************************************************
☆★…………………………………………………………………………………☆★

編集後記

新型コロナウィルス感染症に対する緊急事態宣言が4月7日に発令され、よう
やく5月25日に全面解除されました。しかしながら、再度感染が拡大する可
能性もあり、新しい生活様式での行動が求められています。
情報知識学会も今年度の年次大会や総会をオンラインで開催しましたが、今後
もしばらくはこのような状況に対応して工夫しながらの活動になるかと思いま
す。皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。
外出自粛の中、突然に事前準備もないままオンライン授業やテレワークを行わ
なければならくなった方も多くいらっしゃるかと思いますが、私もその一人で
す。それでも何とかこなしている毎日ですが、不慣れなテレワークにストレス
を感じております。
まだ安心はできない状況は続きますが、皆様も十分にお気をつけてお過ごし下
さい。1日も早く新型コロナウィルス感染が終息することを心から願っており
ます。

              (メールマガジン 5月号 担当: 小川 恵司)

☆★…………………………………………………………………………………☆★

最終更新日: 2020-05-29 (金) 13:52:36

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS