メールマガジン 148号

**********************************************************************
◇◆☆ 情報知識学会 メ−ルマガジン ☆◆◇  2020.6.29 ☆ No.148
======================================================================
6月号 C O N T E N T S (目次)
======================================================================

◇◆ 学会誌編集委員会より ◆◇
◇◆ 事務局からのお知らせ ◆◇
◇◆ 後援行事のお知らせ ◆◇
 ・第10回国際シンポジウム(JADH2020)
 ・JOSS2020中止について [再掲]
 ・Code4Lib Japanカンファレンス2020のお知らせ [再掲]
 ・アート・ドキュメンテーション学会(JADS)「2020年度年次大会」 [再掲]
◇◆ 関連行事等のお知らせ ◆◇
 ・INFOPRO2020(情報プロフェッショナルシンポジウム)

======================================================================
**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ 学会誌編集委員会より ◆◇
└──────────────────────────────────

情報知識学会誌第30巻第2号、年次大会特集号はお手元に届いたかと思います。
今回はCOVID-19の影響によりZoomによる開催となったため変則的な年次大会と
はなりましたが、ご覧の通り多くの発表がありました。この後、J-Stageにて
公開も予定されております。この次の第3号は論文誌となる予定です。査読論文
については難しいかと思いますが、部会報告・書評など査読を要しない原稿に
関しましては7月中にもお送りいただければ掲載可能です。

                                        編集委員長   芦野俊宏

**********************************************************************
┌──────────────────────────────────
◇◆ 事務局からのお知らせ ◆◇
└──────────────────────────────────

◆個人会員の皆様:2020年度年会費納入の御礼とお願い 

2020年度の年会費を次々と納入していただき誠にありがとうございます。
未納の方には、再度郵送にて、お振込みのお願いをさせていただきます。
年会費は、正会員は8千円、学生会員・ユース会員・シニア会員は4千円
です。お早めにご納入のほどよろしくお願いいたします。

 振込先
   郵便振替口座 00150-8-706543 情報知識学会 
   ゆうちょ銀行 〇一九店(ゼロイチキュウ店) 当座 0706543 情報知識学会 


会費の納入年月の確認方法
お手元に届いた郵便物の封筒の宛名ラベルには、ご自分の年会費の納入日
が年度毎に西暦下2桁、月(2桁)、日(2桁)の6桁の数字で印字されてい
ます。会費未納年度には〔未納〕と表示されております。 
お振り込みの後、事務局に通知が届き、宛名ラベルに印字、発送するまで
10日ほどかかりますので、ご了承ください。

◆学会誌送付先、会員種別、メールアドレスの変更についてのご連絡御礼とお願い 

新年度に入り、会員種別、学会誌送付先、メールアドレス等の変更のご連絡も
いただき有難うございます。
また、手続きがお済でないかたは、変更の情報を事務局:office@jsik.jp まで、
メールでお知らせください。新・旧の情報を並べてお書きいただけますよう
お願い申し上げます。
メールマガジンや、学会誌が届かないでは、申し訳ございませんので、よろしく
お願いいたします。


情報知識学会事務局 
〒164-0003 東京都中野区東中野4-27-37 螢▲疋好蝓柴 
FAX:050-3730-8956 E-Mail:office@jsik.jp URL:http://www.jsik.jp/

**********************************************************************
☆★…………………………………………………………………………………☆★
◇◆ 後援行事のお知らせ ◆◇
☆★…………………………………………………………………………………☆
┌──────────────────────────────────
◇◆ 第10回国際シンポジウム(JADH2020)(オンライン開催)◇◆
└──────────────────────────────────
日本デジタル・ヒューマニティーズ学会では、11月20-22日の3日にわたり、
大阪大学を主催校として第10回国際シンポジウム(JADH2020)をオンライン開催の
予定です。発表募集等の詳細については、以下のウェブサイトに掲載されており
ますので、ご確認ください。オンライン開催の詳細については、後日シンポジウム
ウェブサイト(準備中)にて公開される予定です。

https://www.jadh.org/jadh2020v

┌──────────────────────────────────
◇◆ Code4Lib Japanカンファレンス2020のお知らせ [再掲] ◆◇
└──────────────────────────────────

 Code4Lib JAPAN カンファレンスは、図書館と技術、Web、ITをむすぶ、図書
館員や技術者、その他すべての関係者が集い、アイデアやツールを紹介しあい
先進的な試みを共有し、関係者が出会い、つながるイベントです。

※下記の通り、オンラインによる開催に変更になりました。

Code4Lib JAPANカンファレンス2020
日程 2020年6月20日(土)、21日(日)
主催 Code4Lib JAPAN
形式 オンラインによる開催
(発表方法、参加方法などの情報は別途お知らせいたします)

詳しくは下記のURLのCode4Lib Japanのホームページから、Code4Lib Japanカ
ンファレンス2020のページにアクセスしてください。
 http://wiki.code4lib.jp/wiki/C4ljp2020

┌──────────────────────────────────
◇◆ アート・ドキュメンテーション学会(JADS)「2020年度年次大会」[再掲]◆◇
└──────────────────────────────────

日時:2020年6月27日(土)、28日(日) オンライン開催
参加方法:後日お知らせ
参加費・資料代:会員・非会員とも無料(両日とも)
参加申込:学会ウェブサイトの申し込みフォーム
      (https://forms.gle/uDVHoecvArnV3BpJ7)
     または会員用出欠確認はがき(『通信』125 号同封)
定員:200名(定員に達した場合は JADS 会員を優先)
申込締切:2020年6月22日(月)

**********************************************************************
☆★…………………………………………………………………………………☆★
◇◆ 関連行事のお知らせ ◆◇
☆★…………………………………………………………………………………☆★
┌──────────────────────────────────
◇◆INFOPRO2020(情報プロフェッショナルシンポジウム)[再掲]◆◇
└──────────────────────────────────

新型コロナウィルス感染防御の観点から、INFOPRO2020は予稿集の発表をもっ
て成立させ、新たにオンラインイベント(INFOPRO2020Plus)を開催いたしま
す。
【メインテーマ】インフォプロリンピック(INFOPROLYMPIC)
      〜デジタルネイティブな時代に向けたインフォプロの可能性〜
【会期】2020年7月2日(木)〜 7月3日(金)
【会場】オンライン開催

詳しくは下記のURL 情報科学技術協会のホームページからご確認下さい。
 https://www.infosta.or.jp/

**********************************************************************
☆★…………………………………………………………………………………☆★

編集後記

4月に発令された緊急事態宣言は5月より徐々に解除され、その後6月19日より
都道府県をまたぐ移動の自粛も緩和されました。また、各学校等においても
徐々に登校の方向へと舵を切り、交通機関を含む街中には人の姿が戻りつつ
あります。各所において「新しい生活様式」への適応も進み、従来型の枠組に
とらわれない斬新な発想が必要な時代に突入しています。

当学会においても、年次大会をオンラインで開催したところです。各大学でも
遠隔授業がようやく落ち着きを見せた頃ですが、対面授業への切り替えの際に
遠隔授業で培った様々なノウハウが活かされるよう、情報系学会の一員として
尽力していく責務があると感じています。まずは何よりも生命・安全・健康が
第一ですが、その範囲内においても十分にできることはあるか考えています。
また皆様と一堂に会する機会を切望しております。くれぐれもご安全に。

              (メールマガジン 6月号 担当: 宮本 行庸)

☆★…………………………………………………………………………………☆★


最終更新日: 2020-07-09 (木) 12:51:56

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS